<< サフィアさんのブログ、スタート... タルタル/カトウ@東京 >>

セバスチャン・ゴダールのパティスリー(の床!)/角野恵子@パリ

e0174436_19304943.jpg

東京のかとう殿、

タルタルステーキ!!
ときめいていいますねー!!!(笑)
そしてブダンとタルタルが禁止された日本、もしやカルパッチョも
食べられないのでしょうか・・・
かくいうフランスでも、私が引っ越して来てからのわずか15年間に、
生乳チーズと豚肉のパテが原因で、
死者が出ています。
が、その度に「生乳(無殺菌乳)チーズの伝統を守る!」等の動きが活発でした。
そして今でも、フランスでは生乳(無殺菌乳)チーズが流通し、
豚肉加工品も日々、食されています。 
「やっぱパテとピクルスのサンドイッチは最高!」とかね。
(注:生乳と無殺菌乳の違いがよくわからないので、上のように書きました)


さて、話を今回の話題に戻すね。
上の写真を、床フェチのかとう、あなたにプレゼントします。
バレンタインに間に合わなくてごめん。(笑)
『パティスリー・デ・マルティール』の床です。

日本でも情報通の皆さんは
すでにこのお店のこと、ご存知ですよね。
パティシエのセバスチャン・ゴダールさんが、去年11月末にひらきました。
お店の情報は、恐れ入りますが『角野恵子のパリ通信』
こちらをご覧くださいませ→

セバスチャン・ゴダールさんといえば、
ソシエテ・ボンヌには思い出深い存在。
かとうがパリにいた頃、何度彼の家にお邪魔したことでしょう。
仕事したよねー!!
『ポパイ』のパリの部屋特集に、ご登場いただいたことも・・・

そんな懐かしの彼の新しい店の開店を祝うため、この間ようやく出かけたのです。
そしたらなんと、本人が白い上っ張りを着て、
店で接客をしていました。
感激です。
そう伝えると
「自分の店なんだから、当然だとおもうけど」
と。

さすが、地方の名店パティスリーに生まれた息子さん。
お父さんやお母さんの働く姿を見て、成長したのでしょうね・・・
ちなみに彼の店には、お父さんのスペシャリティーがあるのです。
これはまた次回に。

というのも、是非アップせねばならない写真があるのですよ、こちら ↓ !!
e0174436_19345474.png

大きいでしょ!
せっかくなら、店で働く彼の姿を撮影したいと思い、
「写真をとらせてー!」とリクエストしたのですが、
「今日は(ぶつぶぶ)・・・ 後で写真を送るよ」
とのことで、送ってくださったのがこのデータ。
重かったですが、
しっかりブログにアップしましたよ、セバスチャンさん!!!
[PR]
by societebonne | 2012-02-16 00:24 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< サフィアさんのブログ、スタート... タルタル/カトウ@東京 >>