<< パリ祭の花火、パリ郊外の我が家... チリピクルス/カトウ@東京 >>

新潟で日本チーズセミナー/カトウ@東京

パリの、すみの様

ようこそ、日本へ!
お帰り=。
ものすごく暑い夏が待っているかと思いきや、
案外、涼しくてがっかりしてるんじゃないでしょうか?

e0174436_16472674.jpg

でも、でも、ちょっと前まで、本当に暑かった!

このパン ↑ をいただきに出かけた、
新潟でも、35℃近くになり、本当にこんな日本に誰がした~!って感じだったよ。

さて、このパンは新潟の「ラ・ターブル」というパン屋で焼かれたもの。
ラ・ターブルは、料理家、重信初江さんと古くからの友人、佐藤哲栄さんのお店。
今回は、ラ・ターブルの主催で、
チーズのイベントがあるということで出かけてきたのです。

第三回目だそうで、参加者が約200人という大きなイベントでした。
今回のテーマは、「チーズ de おしゃべりの会『つながる和』」ということで、日本のチーズでした。

最近、日本チーズづいています。

フェルミエの本間るみ子さんのセミナーがあり、
その後、たっぷりのチーズを囲みつつ食事です。

e0174436_16533795.jpg

↑ 今年の春、那須にオープンしたばかりの、
今牧場のチーズ工房の山羊のフレッシュチーズ。

e0174436_16534273.jpg

日本のチーズといえばの代表格のひとつ、
岡山・吉田牧場の、カチョカバロ。
10年以上前に取材に伺いましたが、
どんどん手に入りにくくなっているチーズです。

e0174436_16535235.jpg


↑ そして、先日、このブログにも書いた
チーズ工房タカラ。牛のチーズで、
タイム、コリアンダーシード、ローズマリーがまぶされています。
これが、とろっとしている部分、さわやかな酸味が残っている部分のバランスが絶妙でおいしかった!

e0174436_1654099.jpg

今牧場のフレッシュチーズを使った前菜。
ミルクの甘みがほどよく、トマトとの相性も抜群!

ほかにも、
←に書いた松本の清水牧場のバッカス
(相変わらず、完成度の高いおいしさ!)や、

←に書いた広島の三良坂フロマージュの、レモン風味のフロマージュ・ブラン。

などなど、盛りだくさん。
やっぱり、日本のチーズのレベルはかなり高くなってますよ~と、再認識。

e0174436_165447.jpg


そのうえ、バター ↑ は、あたりまえのように、佐渡バター!
ミルクまんまのような、クリーミーなバターで、ファンも多いのですが、
同じテーブルに佐渡バターのかたが座っていて、びっくり!

ミルクが違うとおっしゃってましたが、
ここのバターは、かなり白いのです。
そのあたりのこと、またじっくり伺いたいなぁ。

e0174436_1654857.jpg

そして、途中、今牧場の高橋さんが、モッツアレラ製作の実演。
なんと、この木だらいからお湯がざっぱーんと流れ出るというハプニングもあったのですが、
できたてモッツァレラもふるまわれました。

そして、それぞれと合わせるべく、
たっぷりといただけたパンがどれも美味。
今回は「和」がテーマだったので、レアな新潟産の小麦を使ったパンや、
新潟の青豆、佐渡の干し柿を使ったパンもありました!
どれも、チーズとよく合い、とってもおいしかった!

この会では出ませんでしたが、
この新潟産の小麦を使ったクロワッサンがお店で販売されています。
これが、おいしい!
バターの風味に負けず、小麦の味がしっかりします。
また、食べたい!!

と、こんな感じで、とっても、充実した会でした。
ラ・ターブルのみなさま~~~、本当にありがとうございました!
今度は、東京、もしくは、那須で会いましょう!!

これからも開催していきたいとおっしゃっていたので、
お近くのかたは、ぜひ、チェックしてみてください!

なんと、先に重信さんのブログで紹介されています →
ラ・ターブルのブログはこちら →
[PR]
by societebonne | 2012-07-23 16:16 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ
<< パリ祭の花火、パリ郊外の我が家... チリピクルス/カトウ@東京 >>