<< パリでうちごはん 撮影裏話/加... のみの市で ジェルデ社のライト... >>

FOODING フーディングがNYへ!/角野恵子@パリ

e0174436_21232690.jpg

今週木曜日に発売された、週刊誌「Nouvel Observateur」(ヌーヴェル・オブセルバトゥール)を
読んでいてびっくり。
FOODING が、ついにNYで開催されます!

e0174436_2224813.jpgFOODINGとは、パリ発の食イベント。(レストランガイドもあり)
ソシエテ・ボンヌは、2006年6月のピクニックイベント「Grand FOODING d'éré グラン・フーディング・デテ」(夏の大ピクニック)を、
エル・ア・ターブル・ジャポン誌上でレポートさせてもらったことがあります。

FOODINGは非常に多様的で、一言で説明するのは難しいのですが、
最も特徴的かつ大々的に繰り広げられるのが、
この夏のピクニックイベントです。
「ガストロノミーを大衆のもとへ!」をスローガンに、有名な星付きシェフも、街で人気のビストロシェフも、みんな一緒になって広い屋外の会場に屋台を出し、
ここへ行って参加費5ユーロを払いさえすれば、ピエール・ガニエールやホテル・リッツのミッシェル・ロットの料理を一通り食べることができる、
e0174436_2232616.jpgという、ちょっと夢みたいなイベントなのです。

1999年の夏に、記念すべき第1回目のグラン・フーディング・デテが開催され、今年で満10年。
ついに海を越えてNYに進出とは、徹底的に取材したソシエテ・ボンヌとしても感慨深いものがあります。
かの地での開催は、9月とのこと。
どんなスタイルで、どのようなシェフたちの参加のもとに繰り広げられるのだろうか……
今から興味津々です。

2006年に取材をした当時から、FOODING主催者のアレクサンドル・カマスさん(写真上中央の黒い服装)は、NYや東京での開催を狙っていると話していました。
はたして、東京開催なるか。

今回の写真はすべて、2007年冬に開催された、FOODINGアンド・ワインパーティーの模様を撮影したものです。




e0174436_226749.jpg

会場の「ラ・ベルリロワーズ」 は、音楽好きの若者たちに人気のクラブ。
ここに、三ツ星シェフのアラン・パッサール や、人気ショコラティエのジャン=ポール・エヴァン が登場し、それぞれの味覚世界を披露してくれました。
カマスさんがサーブしているのが、パッサールの料理です。
シェフの到着を待ちつつ、イベント主催者自らがカウンターに立つという気さくさ。
そして、写真右上がその完成品、
トピナンブール等、3種類の野菜を使ったヴルーテ(濃厚なスープ)です。

エヴァンのスタンドでは、「チョコレートすし」なるものがサーブされました。
e0174436_2265473.jpg

環境をテーマに、風、水といった漢字をプリントしたチョコレートが、エクレア(のようなもの)の上に
のせてあり……こんな感じ。
e0174436_2272458.jpg


ワインパーティという名の通り、ワインの試飲テーブルもたくさん並び、ミュージシャンの余興も手伝って
大盛り上がり。
自分スタイルで楽しむ、パリならでわの夜です……

FOODING東京、実現するといいよね。そのときは、ソシエテ・ボンヌも一肌脱ぐ?
(どうやって、と自己ツッコミだよ)
[PR]
by societebonne | 2009-04-04 22:26 | パリの最新情報
<< パリでうちごはん 撮影裏話/加... のみの市で ジェルデ社のライト... >>