「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:本・ホームページ・音楽・映像( 53 )

和紅茶の魅力/カトウ@東京

パリのすみの様


e0174436_9341237.jpg


オレンジページnet、東京からも更新されました→
日本で栽培&製茶される和紅茶、おいしいですよ!
ぜひ、チェックしてみてください。

そして、ちょっと裏話的に以下の写真。
オレンジページnetでは、基本、すみのとカトウが自分で写真を撮影しております。
プロじゃないので、ひたすらいっぱい撮るわけです。

e0174436_9335232.jpg
e0174436_9335738.jpg
e0174436_934434.jpg
e0174436_934750.jpg
e0174436_934996.jpg












↑が、その試行錯誤の後。
左から順に気なるところを改善しつつ、
気になるしわを隠すアングルを模索したり、
ものを増やしたり、上目からや、下目から撮ったりと、
技術がないぶん、試してみるわけです。
いちばん右のが、今回採用になったもの。
そんな目線で写真にも注目してみてください(笑)。
[PR]
by societebonne | 2012-11-23 15:30 | 本・ホームページ・音楽・映像

My Little Paris と九重加奈子さん/角野恵子@パリ



東京のかとうへ、

My Little Paris というニュースレター(?)を
知っている?
パリに住む人々に向けた、楽しい情報の無料配信サービスで、
登録をした全ての人に
イベント、懸賞、ファッションやグルメの最新情報などが
届きます。
例えば、先日受信したのが ↑ の動画、
My Little Paris のパリガイド出版!! の、お知らせです。
パリのエスプリにあふれ、見ているだけでハッピーな気分になれました。


ちなみに、
マイ・リトル・パリvol.1は、日本語版も出版されている → 

イラストに特徴があるよねー。
独特のスタイルだなあ、おもしろいなあ、
パリだなあ・・・ と思っていたら、実は、日本人女性の作品!
イラストのはしっこに、kanakoとサインがあります。

その、イラストの作者
九重加奈子さんのインタビューを見つけました →
チャーミングなヘタウマ風(失礼、尊敬を込めつつです)イラスト、
フレンチガーリーシック! と表現したい!!

インタビューの彼女の話を聞きつつ、
今ちょうど、私のもう一つのブログ→
に、パリという街について書くことが続いているのだけど、
「加奈子さんにとっても、パリってやっぱりそうなんだー、そうだよね!」
と、とても共感した。
そして、とても励まされました。
会ってみたい方です。
[PR]
by societebonne | 2012-10-29 17:12 | 本・ホームページ・音楽・映像

もの選びのルール/加藤@東京

発売になりました!

最近、ソシエテ・ボンヌ2人が関わる仕事といえば、
ときめきフードか、
こればっかりになってしまいましたが、
ルールシリーズ、第4弾 できました。
本日あたりから、全国の書店で並んでいるようですし、
アマゾンや、楽天などでも発売開始されたようです。




片づけも、インテリアも、収納も、すべては”もの選び”から始まります。
もちろん、そのルールは人それぞれ。
だからこそ、できるだけ多くの人に
その人なりの”もの選び”を見せていただきたいと思いました。

今回は計18名!
料理家、スタイリストはもちろん、
インテリアショップのかたがたにも多く登場していただきました。
パリからも2名、おもしろいもの選びをしていらっしゃるかたを
すみのが取材してくれています。

宣伝で、大変恐縮ですが、ご覧いただれば、うれしいです!


すみのへ
来週には着くと思うよ~~。お楽しみに!
[PR]
by societebonne | 2012-10-12 19:13 | 本・ホームページ・音楽・映像

『ルール』シリーズ、第3弾!/カトウ@東京

e0174436_2340296.jpg


パリの、すみの様

すみのにも、協力いただいた『ルール』シリーズ、
第3弾がようやく形になりました。
送付したので、パリ到着までちょっとお待ちくださ~い。

というわけで、たびたびの宣伝で恐縮ですが
『狭くても、あきらめなくていい 収納のルール』。
成美堂出版から発売になっております。

アマゾンは表紙の写真が出ていないし(在庫はあるようです)、
楽天も、すでに在庫切れしてるようなのですが、
たぶん、しばらくしたら購入できるようになると思います。

 ↓ の写真をクリックすると、楽天ブックスに飛べます。


第3弾となり、シリーズ化を狙っていた私としては、
もう、『ルール』シリーズと呼んでしまってもいいのではと、
思っているところです。

今回は、『小さい暮らし」にこだわった収納の本です。
袖のところにも書きましたが、
小さい暮らしには、
多くの学びがあります

というのが、今回の私の思いです。

狭いからこそ、小さいからこそ、
人は工夫し、快適に暮らす知恵を生みだすんだと感じました。
狭いことを言い訳にしない、その前向きな姿勢にも
学ぶべきことが多かったです。

そのたくさんの知恵は広い家でも、
参考になるアイディアがいっぱいです。
(狭い家でできるんだから、
自分ちの広さなら大丈夫と思わされます)

そして、どの家も、おしゃれ!(←これは、私のこだわりたいところ)
みんな、すごいです。

そして、パリからも、
狭くても、すてきに暮らしてるお宅を、
すみのが紹介してくれてます。

お手に取っていただければ、うれしいです!

過去の『ルール本』は、こちら →


おまけ)
こちらのブログでさりげなく、
パリでうちごはんが登場していてうれしい!
今頃、パリにいらっしゃるだろうamiさん、ありがとうございます!
[PR]
by societebonne | 2012-03-26 10:21 | 本・ホームページ・音楽・映像

フランス本積み上げてます/カトウ@東京

パリの、すみの様

パリマラソンに出場されるかたから、すみのの記事にコメントいただいて、
びっくりしました。
じつは、私も……、パリマラソンに合わせて、渡仏します。

とはいえ、私が出るわけではありませんが(笑)。
(私を知っている人は、もちろん、分かると思いますが)

e0174436_152336.jpg


というわけで、今、フランス本を積み上げて、
どこへ行くか、何を食べるか、大検討中です。
食べたいもの、行きたい店、満載で(全部食べるとこ、ばっかり)、
決め込めません。
うれしい悩みですが~~。

で、積み上げている本で、いちばん、そそられているのが、
giorniの、前回号↓。
載っている店がとっても、好みで、この取材、私がしたかった~~。
知人が取材・文を担当してたので、とってもうらやましい(笑)。


すみのも、この号で記事書いてますが、
インテリアとは別に、料理家の長尾智子さんのおすすめのパリ記事がありまして、
その記事を読んでいると、あそこも、ここも行きたいっていう気になります。
エピスリー情報もいっぱい!
ちょっと、パリで「うちごはん」を彷彿とさせる内容です。


e0174436_16285539.jpg

そして、以前から役立っているのが ↑ 。
フランスで買ったのですが、この本おすすめです。
フランス全土のすてきなシャンブル・ドットがいっぱい載ってます。
はあ、こんな取材がしたいものです(笑)。!

そして、↓の本も、役に立ってます。


おいしそうなビストロ満載。
ちなみに東京の店も載っているのですが、
大好きな店ばかりなので、狐野芙実子さんとは、
絶対、好みが合うはず!とひとりで勝手に確信しています。


もちろん、お約束ですが、
この↓の本も役立ちますよ=(笑)。


[PR]
by societebonne | 2012-03-21 19:37 | 本・ホームページ・音楽・映像

フランスのお料理動画/カトウ@東京

パリの、すみの様

今日は、冷え込んでいる赤羽のわがマンション。
寒いよ=。

さて、なんだかかわいいフランス人の料理サイト見つけました。
かわいいっす! 料理レシピの動画が凝っていて、すごいよ=。

例えばこれ↓ は、カリッソンの作り方



そして、こちらはクグロフ ↓ 


でもって、↓ ハロウィーンのクッキーですね。



まだまだ、発掘しがいのありそうなこのかたのブログは →
英語もあるようですよ!
いちいち、凝っていて、かわいい。
言葉が分かんなくても、動画だけおっかけても楽しいよ=。
[PR]
by societebonne | 2011-12-06 10:47 | 本・ホームページ・音楽・映像

堀内誠一さんのパリ/加藤@東京

パリの、すみの様

ラ・ココット、一度も行かないうちにお店が変わってしまったのね。でも、きっとおもしろい店になってるんだろうから、次回の渡パリのときには覗いてみたいです。
***

さて、先日出かけた展覧会で、この本↓のことを思い出しました。
e0174436_10251851.jpg


堀内誠一さんは、絵本作家として有名ですが、
雑誌の仕事をしているものの端くれとしては、
マガジンハウスの数々の雑誌がもっとも輝いていたと思われる頃の
デザイナーとしての存在感も大きいところですよね。

1974年にはパリ郊外に移住されて81年まで住んでいらしたようです。そのころに「アンアン」で連載していたものなどをまとめたのがこの本。

堀内さんの絵になったパリは、また楽しげだし、
添えられている文章は、今とは違うちょっと前のパリと、
まったく変わらないパリの両面を伝えてくれます。

e0174436_10252887.jpg

ちらっと中面も。

この本を思い出したきっかけの展覧会は↓。
e0174436_11195975.jpg

東京のちひろ美術館は初めて行きましたが、
気持ちのいいカフェもあって、のんびりできます。

【送料無料】パリからの旅
楽天ブックス↑でも、この本買えるのでまだ絶版になっていないようですね。初版は1990年、実際に描かれたのはもっともっと前だから、それがいまだに、このように販売されているってすごいことですねぇ。
[PR]
by societebonne | 2011-11-27 00:56 | 本・ホームページ・音楽・映像

本出ました!/加藤@東京

おはようございます!



ソシエテ・ボンヌの本ではありませんが、
↑ の本で、すみの&カトウが仕事をしましたので、お知らせします!!!

昨年の、この↓本とのシリーズ化をひそかに狙っています。


今回の本は、おしゃれなインテリアにしたいけれど、
自分がどんなスタイルにしたいのか、なにを買ったらいいのかわからない、
そんなインテリアビギナーに向けての本です。

キーアイテムをそろえれば、
あなたのお部屋で、おしゃれなインテリアのスタイルを実現できますよ、という本。

家具のサイズの選びかたのルールや、色の使い方のルールなども掲載しています。

これから結婚をされる人、マンションや家を買ったばかりで新生活を始める人などに
読んでいただければと思います。

パリの暮らしからヒントを得るページもありますので、
すみのが取材してくれています。

一冊まるごと編集する本は、時間もとられるし、孤独な作業も多いけど、
やっぱりでき上がると感慨深いです。

よろしかったら、手にとってみてください。
[PR]
by societebonne | 2011-09-28 09:11 | 本・ホームページ・音楽・映像

友人との再会/加藤@東京

パリの、すみの様

また、一人旅をさせてるね~。
やる気のない人でごめんなさい!!

そのうえ、久しぶりなのに、宣伝っぽい話なのですが、
うれしかったので、お許しを!

中学生のとき、ギリシャのアテネに8カ月だけ住んでいたことがあるのですが、
そのときの同級生と再会しました
年賀状はずっとやり取りしていたのですが、実際に会ったのはたぶん、15年以上ぶり。

「パリに遊びに行くので~」と、連絡をもらい、
せっかくなら会っておすすめを伝えたいいうことになったのでした。

e0174436_1781997.jpg


で、この写真。
なんと! パリで「うちごはん」そして、おいしいおみやげを買ってくれていて、
「私のやりたいこと、食べたいもの、買いたいものがいっぱい載ってた!」と
うれしいことを言ってくれたのでした。

ほかのガイドも買ったのに、気持ちが入りこめなかったそうで、
「この本は、見てるだけで、わくわくして楽しくなる!」と、本当に本当にうれしい言葉。

付箋もつけて、 読み込んでくれていて感動しましたよ。

ホント、ありがとう! Nちゃん!!

フランス&パリの旅、楽しんできてね~
[PR]
by societebonne | 2011-09-22 22:46 | 本・ホームページ・音楽・映像

『大人かわいい!! パリの暮らし』発売!/角野恵子@パリ

e0174436_18161675.jpg


東京のかとう殿、

ヌーヴェルエール! ここ、以前からずっと
行きたいと思っている店です!!!
今回かとうの写真をみて、絶対好き、と確信しました。
前菜の野菜をあしらった一品の、盛りつけの美しさ、
そして、すずき(カビヨか?)と思われる魚の、食欲をそそる焼き色!!
間違いない!

***

ところで、我が家に ☝ の本がとどきましたemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

『大人かわいい!! パリの暮らし』   /オレンジページ


昨日くらいからちょこちょこつぶやいているように、この本作りに、私も参加させていただきました。

手に取りやすいサイズといい、チャーミングな赤い表紙といい、
フランス語で言うアンティーム(親密な、個人的な)な感じ。
大切にしたくなる、かわゆい本です。
周囲のフランス人の友人たちからも、とても好評なのよ。うれしいわemoticon-0152-heart.gif

第一章「アパルトマンの小さな部屋」
第二章「収納上手のおしゃれな空間」
第三章「色使いが素敵なインテリア」
第四章「クリエーターの個性的な住まい」
第五章「パリ郊外の穏やかな暮らし」


それぞれの章に、今年の6月(つまり里帰り前ですね)、はりきって取材撮影した
お宅が登場しています。
第五章では、このBlogで目にした景色もちらほら・・・

また、ソシエテ・ボンヌとして取材をした住まい(『オレンジページインテリア』掲載)
も集められていて、ページを繰りながら、よりアンティームな気持ちになりましたわ。


e0174436_2044191.jpg感じのいい表紙は、篠あゆみさん作。
ラデュレワールドを女性らしい目線で切り取った、彼女のセンスが
この表紙からも感じられます。

ぜひぜひ、多くの方に
手に取っていただきたいですemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

?? 表紙クリック!「立ち読み」もできます。
[PR]
by societebonne | 2011-09-09 04:35 | 本・ホームページ・音楽・映像