カテゴリ:ワイン・酒・チーズ・スイーツ( 128 )

プーランのココア/角野恵子@パリ

e0174436_21112168.jpg

東京のかとうへ、

フランスの学校は、夏休みに入りました!
今学年度、飛ぶように1年間がすぎました。
子どもたちは明日、私より一足先に日本へ行きます。

写真の赤い箱は、1848年創業のチョコレートメーカー「プーラン」のココア。
このココアが朝食の定番だった、というフランス人は多いはずです。
プーラン=子馬ちゃんは、
ミシュランのビバンダム(ミシュランマン)のように
キーホルダーになったり、ピアスになったり・・・
蚤の市で見かけると、ホントかわゆいのよ。

このココアは、紙の箱入りの写真のタイプと、
プラスチック容器入りがありますが、
私は断然、昔ながらのこのデザインが好き。
クレーム・ド・マロン(マロンクリーム)の栗坊やのように→
永遠の定番デザインに、強く惹き付けられます。
台所の棚で、ごちゃごちゃっとした印象を与えず(最近のシリアルの箱はみんなごちゃごちゃ)
それでいて、チャーミングなアクセントになってくれる。
なぜだろうね。

今年2月にスタートした、オレンジページネットの連載ときめきフードも、
もうすぐ半年になります。
初回のチョコレートから始まって、バター、焼き菓子etc
商品リストが充実してきたよね。
[PR]
by societebonne | 2012-06-29 21:47 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

ポワラーヌのミッシュと紙袋/角野恵子@パリ

e0174436_14475614.jpg

東京のかとうへ、

オレンジページネットの連載『おいしくって
かわいいときめきフード』が、更新されました!! →

そうです、日本でも人気のブーランジュリー『ポワラーヌ』が
今回のメインフード。
もう一つのパケ買いは、ブレッド&ローゼスの、木箱に入ったパンです。
見てくださいませー!
[PR]
by societebonne | 2012-06-13 14:54 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

ときめき焼き菓子2/カトウ@東京

e0174436_14232327.jpg


オレンジページネットの、焼き菓子の下のコラムで紹介したこちら ↑ 。
詳細情報はそちら→で見ていただけますので、見てくださいね=。

本物のガラスびんではありませんが、
保存瓶みたいになものにお菓子が入っていて、
たたずまいもとてもかわいいのです。
いろんな焼き菓子が入っている詰め合わせなのですが、
ひとつひとつ、味の方向性が違って、飽きません。
そして、きちんと、ていねいに作られた味がします。
しつこいけど(笑)、かわいいだけじゃなく、おいしいのですよ。

e0174436_14232558.jpg

そして、同じく、こちらもそのお店のもの。
洗練された、大人のパッケージで、これも気にいっています。

e0174436_1423279.jpg

中は、チョコレートケーキ(テリーヌ・ショコラ「黒」)。
濃厚、しっとり、ねっとり。
本格チョコ好きの人も満足だし、
本格チョコはちょっと苦手という人にとっても、
ミルクや黒糖の風味のおかげか強すぎず、食べやすいと思います。
どちらにも行ける、ちょうどいいバランスと私は感じていて、
手みやげにおすすめです=

NOAKE →
ネットで買えますので、東京じゃないかたも、ぜひ~。
話題のスカイツリーにもお菓子を入れているらしく、
詳細はまだ知らないのですが、気になってます!
[PR]
by societebonne | 2012-05-24 14:23 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

バルテルミーのチーズ/カトウ@東京

パリの、すみの様

フランスと日本で、値段の差が大きいものは、
チーズ(バターも)とチョコレートなのでは?と最近思います。
どちらも、温度管理がしっかりされた状態で、
できるだけ早く運搬したいものだから当然かもしれません。

で、チーズは、フランスで食べまくり、買いまくり。
e0174436_16331893.jpg


こちら ↑ は、チーズ好きの間ではかなりの有名チーズ店の、
バルテルミー。
世界チーズ振興会のような団体の会長をされている人の、
元の奥さんが営業されています。

買い物するの、ちょっと怖いっていう人もいますが、
さすがのおいしさで、間違いありません。
真空パックは別料金1ユーロかかりますが、やってくれます。
(帰宅したころには、真空ではなくなってましたが…)

e0174436_9533579.jpg

せっかく、ここに行ったなら、
ぜひとも食べたいのが、↑ のフォンテーヌブロー。
ここのチーズ屋さんのスペシャリテだと思います。

チーズというより、生デザート。
フロマージュブランと生クリームを使った、ふわふわ食感。
ミルクの甘みだけなので、少しだけそのまま食べて、
後は、ジャムやはちみつといっしょにどうぞ。

持ち帰りのできないものなので、旅してこそ!の楽しみ。
[PR]
by societebonne | 2012-05-16 13:44 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

パリ16区のチーズ屋さん。の、内装/角野恵子@パリ

オレンジページネットの連載、『美味しくってかわいい ときめきフード』
更新されました。
e0174436_4152920.jpg

今回はチーズの話題です。
記事の中で紹介しているパリ16区のチーズ屋さんの
「おまけ映像」を、おすそわけしますね。
パリの個人経営の店は、飾り付けが個性的(というか、個人的?)なところも魅力。
パン屋やカフェなどには、子どもの絵が飾られていることがよくあり、
このチーズ屋さんもそうでした。
これ、店の入り口の、一番目につく場所です。


店の天井は、確か18世紀に建設された、当時のまま。
レトロなシャンデリアと、それにぶら下げた鳥かごが
なんとも絶妙&微妙なバランスですよね。(笑)
e0174436_4194520.jpg

チーズのショーケースの中も、細かく飾ってありました。
店主がお人形遊びをしている、としか思えません。

ウインドウコーディネーターとか、
デザイナーとかの入り込む余地のない、正真正銘のオリジナル。
こういう店の一軒一軒が、パリという街の魅力を
支えているのですよね。
グローバル化に負けるな!! 近所の消費者は、ここで買い物を続けましょう!!!
e0174436_4241173.jpg

アドレスは、『ときめきフード』をご覧くださいませ。→


PS
子どものお絵描きは、このお店のように、大事にしたほうがいいですよね。
来年にはもう二度と、同じ絵が描けなくなっています。
不思議なものです。
[PR]
by societebonne | 2012-05-10 20:16 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

エロキチ/カトウ@東京

パリの、すみの様

一昨日の記事では、
「KOMBUCHA」を、昆布茶と勘違いした記事を書いてしまったカトウですが、
この飲料、ますます気になっています。
追記もありますので、詳しくは→

おみやげ、大歓迎だよ~(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0174436_9294773.jpg

で、まったく関係ありませんが、
先日のパリ旅行のときには、まだ、ラデュレ店頭の窓には、日本の誇るキャラ、キティちゃんが。

すみのの、パリ通信により詳しい説明が →

ラデュレとキティちゃん…。
なんとも不思議ですが、心に刺さる人は多いのでしょうね。

ご存知の方も多いでしょうが、ちなみに付け加えると、
キティちゃん、
フランスでは、hello kitty をフランス語読みして、
エロキチと呼ばれています。

何の話をしているのか、一瞬、分からなくなりますよ。
[PR]
by societebonne | 2012-05-09 14:58 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

シェーヴルチーズ@ヌヴェールの田舎の家/角野恵子@パリ

e0174436_1453325.jpg

東京のかとうへ、

トロワグロのオーベルジュの「デザイン」といい、
フランスの田舎の風景といい、
美しい場でバカンスを過ごしていたのだね・・・
しかしながら、フランスの風景、本当に心にしみます。
かとうの写真を大きくして、家に飾りたいくらい!

私からは、なんとも愛らしいシェーヴルチーズのカットを。

e0174436_1463257.jpg

すでにお伝えした通り、私も先週は田舎の家で
プチバカンスを楽しみました。
セシー村は、ヌヴェールという故フランソワ・ミッテランゆかりの土地にありまして、
ブルゴーニュ県のはしっこにあたります。
すぐお隣は、ワインで有名なサンセールと、
シェーヴルチーズで有名なシャヴィニョール。
だからこの辺の住人は、いつもサンセールワインを飲み、
シェーヴルチーズを食べるのだそう。
写真のチーズは、隣村の小さなスーパーで買いました。
セシー村には商店はないので・・・
クロタン・ド・シャヴィニョールではないみたいだけど、
フェルミエ(酪農家の自家製)で、無殺菌乳使用です。
直径4センチほどのコロッとした形も、
素朴なラベルもかわゆい。

次回のおいしくってかわいい ときめきフードのお題はチーズです。
もうすぐ更新なので是非チェックしてねーemoticon-0152-heart.gif ←(7月、44歳になる私・・・不気味!!)
[PR]
by societebonne | 2012-05-03 14:30 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

ときめき焼き菓子/カトウ@東京

パリの、すみの様

オレンジページネットの連載、
ときめきフードが、更新されました →

今回のお菓子は、かわいくっておいしい だけじゃなくて、
さらに、東日本地震の被災者支援にもなるというもの。

発起人の料理家、枝元なほみさんは、
私が編集の仕事をするようになって、
いちばん最初に出会った料理家です。
撮影デビューも枝元さんでした!

料理が独創的でおいしいだけでなく、
ご本人のキャラも本当にステキで。
よくご自宅にお邪魔して、宴会に参加させていただいてました。
懐かしいなぁ=。

そんな枝元さんが、立ち上げた「にこまるプロジェクト」。
震災後、思い悩んでいるだけでなく、
自分にできることをする!と、すぐに行動を起こし、
軌道に乗せてしまったその実行力のすごさ。
本当に尊敬します。

親しい先輩もお手伝いしているプロジェクトでもあり、
みなさんに、ぜひとも知っていただきたいです!

オレンジページネットから、
にこまるプロジェクトのホームページに飛べますので、
ぜひ、見てください。
[PR]
by societebonne | 2012-04-26 17:51 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

イースターマンデー in パリス/角野恵子@パリ

e0174436_1530265.jpg

東京のかとうへ、

昨日はイースターマンデーでした。
パリでは、ラグジュアリーホテルがこぞって
イースターブランチを開催。
どのホテルでも、まず、子どもたちがパティオに集まって、
卵チョコ探しをするようです。

一般的には、クリスマスさながらに家族や親戚が集合し
ランチをするのがトラディション。
今年、私たち家族は、あるレストランへ行きました。
イースターマンデーのブランチではなく、
週末にちょっと特別なディナーをしたのです。
で、食後の紅茶と共にサーブされたのが、上の写真の
魚の形をしたチョコレート。
これは『フリチュール』と呼ばれるもので、
イースターに欠かせません。
以前、こちらにも書いています。→

日本には桜餅やおはぎ、柏餅など、季節のお菓子があって、
フランスにも行事や季節に関連したお菓子がある、ということに
いまさらながら「いいものだなあ」としみじみします。
こういう習慣はきっと、ユニバーサルなことなのだろうね。
韓国には韓国の、タイにはタイの、ドイツにはドイツの、
季節を彩る伝統菓子がたくさんあるのだろうね。
[PR]
by societebonne | 2012-04-10 15:50 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

サロン・デュ・ショコラ2012③ 今さら/カトウ@東京

パリのすみの様

なんだか、久しくまともな投稿をしてないですね。
すみのが仕事ブログを立ち上げた今、
このブログの方向性(大げさ)も迷うところです。

まあ、ぼちぼち、行きます(って毎回書いてる?)。
さて、そんなやる気のない状況になりつつあるブログですので、
大変季節はずれの話題になってしまってすみません。
今年のサロン・デュ・ショコラの一応、総括を(笑)。

かなりいろいろ買い込んだ今年、
1日1粒とか食べていたら、食べ終わったころには2月が終わりです。
でも、1粒400円くらいですから、それくらいじっくり食べてちょうどいいかもしれません。
もちろん、最期のほうは賞味期限を過ぎております(汗)。

で、今年は、初めてセレクションボックスを買ってみました。
↓ です。
e0174436_17574293.jpg


伊勢丹の力を見せつけるともいうべき、ボックスで、
毎年、長蛇の列(私が見たときは)。
で、今年、私が行ったときは、たまたま、誰も並んでいなかったので、
初めて購入してみました!!!

開けるとこんな感じ ↓ 。
e0174436_17575254.jpg

このボックスの何がすごいって、
伊勢丹がセレクトした14人のショコラティエのショコラが、
1粒ずつ詰め合わされているということ!

1箱で14人分の味が楽しめるとは、
まあ、なんとも日本人的発想だよね~。
今年は、2層でスクエア型のボンボンショコラというお題だったようです。
つまり、2012年伊勢丹のサロン・デュ・ショコラ用の
オリジナルで限定ショコラってこと?

開催10年記念ボックスでした。

入っていたのは、下記の14軒!

ファブリス・ジロット
クリスティーヌ・フェルベール
ジャン・ポール・エヴァン
サダハル・アオキ
セバスチャン・ブイエ
アルノー・ラエール
フィリップ・ベル
パスカル・ル・ガック
フランク・ケストナー
ジャン・シャルル・ロシュー
クリスチャン・カンプリニ
ユーゴ&ヴィクトール
ベルナール・ロワゾー
オテル・デュ・キャップ エデン・ロック

そうそうたるショコラティエばかりすね~。

昨年だか、一昨年にも書きましたが、
どのショコラティエが好きというより、
どの味の組み合わせが好きかというのに、
結局結論は持っていかれる気がしますが、
それでも、自分の好みはある程度分かってきますね。

で、私が、いちばん好きだったのは、
これです!!! ↓ 。
e0174436_17574730.jpg


パスカル・ル・ガックのものです。
以前に、すみのもこちらに→、記事書いてますね。

前にも食べていて、おいしいなとは思っていましたが、
超特別!って思っていたわけではないのすが、、
コーティングのチョコレートも繊細で、
全体にかろやかで、今回のベストでした!

ペッシュ・ド・ヴィーニュと
塩キャラメルの2層が好みだったというのも、
大きかったかもしれません。

超強い味のものや、重厚なものより、
少し軽やかなものが好きなんですよね、きっと。

とはいえ、一粒だけなので、
すみののこの記事のように、
たっぷり並べてちゃんと堪能してみたいものです。

やっぱり、セレクションボックス、楽しいです。
お祭りは、お祭りとして楽しむといいってことですね。
来年も、もし行くなら、1箱買っちゃうかも!

e0174436_17575455.jpg

↑ は、このセレクションボックスについていたおまけ。
ボンボンショコラのストラップです。

この箱は、今、私のアクセサリーケースになっています(笑)。
案外サイズがぴったりで、いい感じに収納されました。
[PR]
by societebonne | 2012-02-29 20:22 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ