カテゴリ:パリの最新情報( 105 )

メゾン・エ・オブジェ速報!/角野恵子@パリ

e0174436_14565896.jpg

2010年9月3日、
メゾン・エ・オブジェ見本市が開幕。
5日間にわたって開催されるこのイベントの初日に、さっそく足を運びました。

フランスからはもちろん、イタリア、イギリス、アメリカ、ブラジル、日本など、
世界中のメーカーやクリエーターが参加する、インテリアとグッズの見本市です。
もちろん、その規模はフランス一番!
ちなみに、出展者数は2255、会場面積は112,650平米だそうで、
ミラノサローネなどと比べるとどうなのでしょうね。
今回からはアウトドア館が開設されて、さらに広く、内容もより充実していました。

上の写真は、会場内に設置された展示スペースのひとつです。
出展ブースとは別に、その年のトレンドをマークする展示スペースが設けられているのですが、
エコロジー、自然をうたったこの展示にピン!ときました。

テーブルウエアの出展ブースを見ていても、エコロジーやビオがキーワードになった新製品が多かったです。
セラミック加工のフライパンは、是非1つ購入したいと思いました。
テフロン加工のフライパンって、今までずっと不安を感じていたので。
e0174436_1502255.jpg

こちらは出展ブースのひとつ。レトロというか、キッチュというか、
まるでままごとのようなキッチンですが……
e0174436_1532772.jpg

ちゃんと人間が使えるサイズです。
カラフルでかわゆい。

一日みっちり見てやるぞ!という意気込みで出発したものの、午後2時には足が棒。
会場を後にした私です……
e0174436_1453159.jpg

ところでこの会場、ジャパン・エキスポと同じ場所なのですよ。

見本市は本当に疲れるけれど、がんばって出かける価値はアル!と確信した一日でした。
(収穫けっこうありました!へへへ)
[PR]
by societebonne | 2010-09-04 15:35 | パリの最新情報

suntory in "Srping" !! /角野恵子@パリ

e0174436_19241968.jpg

東京のかとう殿、

7月1日(木)、ダニエル・ローズさんの店、スプリングへ行きました。

スプリングは日本の雑誌でもたびたび取り上げられたので、きっとかとうもご存知だと思います。
アメリカ人料理人、たった17席(だったはず)、シェフがサービスまで一人で行う、
などなどちょっと面白い店で、料理の評判も上々。
ついには、広いお店に引越しです!

場所はレアル界隈。 パリのど真ん中、1区です。
e0174436_20292026.jpg

この日、スプリングではサントリーのウイスキーに合わせ、
ダニエルさんが料理をクリエートするという特別な催しが開催されました。
ミッシェル・ドヴァーズさん(写真1枚目中央)からイベントのうわさを聞き、私も(強引に)招待してもらい……

だって、サントリーといえば、あなた、山梨県民の私には思い入れ深い銘柄ですよ。
白州の工場には、それこそ小学生の頃から何度も遊びに行ったものです。
e0174436_19312812.jpg

私の夫フィリップは、日本で結婚式などの宴会に出席するたび、いつも驚いていたのです。
「日本人男性は日本酒をのまずに、
ウイスキーをたくさん飲む」

と。(山梨だけ?)

食事に水割りを合わせる、というのは、もちろんフランスにはない文化だし、
アメリカでも見ないのだと、ダニエルさんは言っていました。

「日本人以外は誰も知らないこの水割り文化を、
ヨーロッパの人々にどう紹介するか。
そこがチャレンジでした」

とダニエルさん。

まず最初にサーブされた「白州」12年のハイボール ↑ に合わせたのは……

e0174436_20342589.jpg

オマールのブリオッシュバーガー! 
トーストしたブリオッシュに、軽くソースで和えたオマールをはさんでいます。

実は「フランス人がウイスキーで食事をするかな……」と、不安だった私。
でも、ナイフとフォークでテーブルにつくのではないスタイル=バーガー(というかサンドイッチ)
のおかげで、「食事」のとらえ方がガラリと変わり、
ハイボールがすんなりと入ってくるのですよ!!

「白州」12年(ハイボールとストレート)、
「山崎」12年(水割りとストレート)、
「響」17年(オンザロックとストレート)、

上等な3種類のウイスキーを、スタイルを変えて楽しみながら、
それぞれのウイスキーに添えられた3種類の料理(合計9種類)をいただきました。

タパス、というか、つまみ、というか、
コスモポリタンなイメージの「style to eat」でした(ってこんな英語ある?)。
e0174436_203762.jpg

旬の短い生アーモンド。 ↑
料理やデザートに加えたものではない、そのまんまをこうしてつまむのは初めてです。

ただこれだけでも、食感、味、ともに新鮮で面白かった。
白い皿に白い実で、見た目も美しいですよね。
e0174436_20402932.jpg

店内にはフランス人ジャーナリストたちが集まっています。
ゴーミーヨからも1名、参加していました。

店のピュアな内装は、アメリカ人オーナーシェフの店だなー、という感じです。
e0174436_20423873.jpg

どどんと中央に構えた、オープンキッチンもアメリカン!
パリでもオープンキッチン、本当に増えました。 流行です。

Zenな感じの店内ですよね。
スタイリッシュなサントリーのイメージにもぴったり!
やっぱりフランス人ジャーナリストたちは「ロスト・イン・トランスレーション」の

It's Suntory Time

をよーく覚えていました。
e0174436_2047241.jpg

Spring
6, rue Bailleul
75001 Paris


スプリングの地下にバースペースが誕生する予定で、
そこで今回のようなサントリーウイスキー&コスモポリタンなお料理メニューを
いただくことができるそうです。
e0174436_20503896.jpg

スプリングの一般向け再オープン日は、まだ未定。
サントリーメニューの値段も、未定だそうです。
わかり次第、アップしまーす。

PS
レアルといえば、新宿歌舞伎町のような雑多なイメージがありますが、
最近いい店がぞくぞくオープンしています。
「ヤムチャ」(ミシュラン一つ星)を筆頭に、「レガラード」も2号店をこの界隈にオープンしました。
今まで14区で遠かったけど、これで行きやすくなります。

そして今回の「スプリング」。
e0174436_20521519.jpg

なんでレアル?と思うよね。
2012年完成を目標に、パリ市はこの一帯の大々的な都市開発に踏み切っています。
ダサダサレアルが、素敵なエリアに変身するかもしれません。
そんなことも踏まえて、ちゃんと出店場所を選んでいるのだよね。みなさんえらい。

以上、お伝えしようと思いながら、伸ばし伸ばしになっていた情報でした!
がんばれ、サントリー!
パリジャン&パリジェンヌに、広く支持されますように!!
[PR]
by societebonne | 2010-07-12 16:38 | パリの最新情報

ジャパンエキスポ 再び…… /角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

アルページュが選んだというおしょうゆ!
これはぜひとも、レストランのお料理でどんな風に使われているか、知りたいね!!

が、今ちょうどあわただしい私。

先日アップしたジャパンエキスポ 2010のもっと詳しいレポートを、麻衣子が自分のブログにアップしています。
こちら→

今日はこれにて。

(本当は急いでお伝えしたいネタがあるのよ!!でも時間がない!!!!!)
[PR]
by societebonne | 2010-07-07 02:17 | パリの最新情報

Japan Expo 2010 ジャパンエキスポ体験しました!/角野恵子@パリ

e0174436_23293396.jpg

東京のかとう殿、

素敵な肉製品の話題の後に、まったくノリの違ったネタでごめん。
7月3日(土)、ジャパン・エキスポへいきました!
今年11回目をむかえ、なんと今回から広い会場に引越しです。
メゾン・エ・オブジェと同じヴィルパントの見本市会場です。

以前遊びに行ったパリマンガ見本市の、10倍くらいの規模でしょうかね。もっとかな?

日本のコスプレ事情はよく知りませんが、フランスでは親子そろってのコスプレが盛んです。
e0174436_2331298.jpg

「マジンガーZ」?
ちゃんとポーズをつけてくれます。

そして男性の女装も多かった!
e0174436_23323949.jpg

中央の猫ちゃんは、けっこういい年齢をした男性ですよ。
ちゃんと尻尾もつけて。びっくりしました。
↑ コスプレ大会用のステージが設けられ、誰でも飛び入りで参加していました。

そのステージを目指し(?)、マリオの親子が急ぎ足でやってきます。
e0174436_23335782.jpg

ご丁寧にベビーカーまでそれっぽく仕上げてありますよ。 やるときはやりますね、フランス人!!

もののけ姫、セーラームーン、オバQなどなど、いろーんなコスプレを見ましたが、
「この人が一番!」と私たち家族が万丈一致したのは、このかた!
e0174436_23355482.jpg

「ワンピース」というマンガに登場する、「ボンクレ」さん。
オネエさんのバレリーナです。
すごいよね、この衣装、だれが作るのよ。それとも売っているの??まさか……

毒消しに(失礼)、かわゆいコスプレを。 
e0174436_2337279.jpg

大掛かりです!!

そして、「ワンピース」の海賊船に乗るわが夫。
なぜか子供たちは乗りたがらず……
e0174436_23403238.jpg

この日、マンガを4冊かってもらった麻衣子は、面白いコスプレを沢山見て満足そうでした。
美奈は「ブリーチ」の十番隊隊長の衣装を欲しがり、これはさすがに却下されていた。(60ユーロは出せません)

そのかわり、「ブリーチ」ののれんのようなものを2つ、かってもらいました。
ルキアという登場人物が好きなようです。

セガの、特撮映画のようなゲームも見たなー。
自分の国のエクスポなのに、さっぱりわからない私でしたよ。

ちなみに、今週木曜日の7月8日から8月17日まで、日本に里帰りします!
子供たちはマンガのおかげで、日本に帰るのがいつも以上に楽しみなのだそうです。
私も日本が恋しいよ!楽しみですー!
[PR]
by societebonne | 2010-07-05 00:12 | パリの最新情報

ガーデンパーティ@ ホテル・ル・ブリストル/角野恵子@パリ

e0174436_333759.jpg

東京のかとう殿、

エッフェル塔の次はパレスホテルです。
6月29日、ホテル・ル・ブリストルのガーデンパーティに出かけました。

ご覧ください、パリのパレスホテルで一広いといわれる、ブリストルの中庭です。
(リッツのほうが広いと思うのだけど……)

この春にディレクターが変わり(写真左の背の高い男性。なんとホテル・ジョルジュサンク出身)、
顧客の皆さんへのご挨拶もかねたパーティでした。
e0174436_3381674.jpg

私が到着したのは午後7時頃でしたが、
6月のパリはとても日が長く、しかもこの日は天候にも恵まれ、
パレスホテルの中庭はまさにパラダイスさながら!
(って、バトビュスのときにも同じ表現をしていた気が……)

BGMはハープの生演奏。
e0174436_3412473.jpg

そして美しいビュッフェのかずかず!
こちらは野菜のリゾットですね。
e0174436_3442332.jpg

初夏らしい色合いです!
これを小さな器に入れて…… が、なぜか完成品を食べなかった私。
(いろいろありすぎて、全部は味見できなかった。食いしん坊としては後悔します)
e0174436_3481284.jpg

料理のビュッフェのテーブルは、こんな具合に野菜を使ってデコレーションされていました。
e0174436_595681.jpg


e0174436_174153.jpg

以前のプラザ・アテネのデュカスのマルシェもそうでしたが、
このところ本当に野菜の地位が上がり、定着した感があります。 
実際、パレスホテルの野菜は特別なお料理になっているし、おいしいし、美しいですよね。

三ツ星シェフ、エリック・フレションさん。(左)
e0174436_5122613.jpg

「忙しすぎてなかなかつかまらないって聞きますけど、また一緒に仕事してもらえます?」
と気軽に声をかけたところ
「誰がそんなこと言った?」と返されましたよ。

写真をお願いすると、必ずスタッフと一緒にカメラに収まるフレションさん。
e0174436_5193166.jpg

2年前、三ツ星獲得のその日のラジオインタビューで、語っていた言葉、私は覚えていますよ。
「これは一人の人間の快挙ではない。チームの仕事があってこそだ」

こちらは飲み物のテーブル。 バースペースです。
e0174436_5234441.jpg

どのテーブルも、ブリストルカラー(ピンクとグリーン)の花でアレンジされていて、
夢のような美しさですー!
e0174436_5261816.jpg

そしてアイスクリームのワゴン!
パティシエのローラン・ジャナンさん(右)、お元気そうでよかった!
(7月半ば、彼は日本のホテルで仕事をします……詳しくはまた)
e0174436_5501818.jpg

ビュッフェはこのように、次々とトレイでサーブもされました。
美しいドーム型のこちらは、ザジキ。
キュリを使った、ギリシャ料理の前菜ですね。
そういえばこの日は、野菜がとにかく豊富でした。
ラディッシュ、子ナス、プチトマト…… ジュレになったり、ムースになったり。
ズッキーニのてんぷらもあったな。

こちらはグラスデザートです。
e0174436_531623.jpg

季節のイチゴと、
e0174436_5415485.jpg

ピーチ!
自然な甘みのみ、といった具合でした。 
さわやかー、でも深さ・複雑さもありました。(ハーブやスパイス)
e0174436_5435387.jpg

夜が更けると(ってまだ明るいけれど)、ハープがギターの演奏にかわりました。
ずっとシャンパンを飲みながら、ずっとおしゃべりを続けたい気分になります……
e0174436_5532121.jpg

おまけ1 ↓
ブリストルの壁面、一部だまし絵になっています。これ、好きです。
e0174436_5561051.jpg

おまけ2 ↓
こんな素敵な後姿を発見! 
e0174436_558580.jpg

でもこのほんの数時間前に、日本はPKでパラグアイに敗れたのよね!
パーティの席でも、いろんな方に言われました「悔しかったねー!」って。

ところでここにきて、にわかにあわただしくなったすみのなので、
今回リンクは省かせてください。
ごめんね、かとう。

(追記2010年7月3日、ようやくリンクフォローしましたよー!)


Hôtel Le Bristol Paris
112, rue du Faubourg-Saint-Honoré
75008 Paris

[PR]
by societebonne | 2010-07-01 15:27 | パリの最新情報

パリを舞台に大ディナーパーティ!diner blanc ディネ・ブラン速報!!/角野恵子@パリ

e0174436_1557934.jpg

東京のかとう殿、

去年の6月、ディネ・ブランというイベントについてアップしたのを覚えていますか?
こちら→
こちら→
今年も開催されました! 6月17日、昨日です。
e0174436_15201434.jpg

「ピクニック禁止の公共スペースで、ディナーを繰り広げる」

のがディネ・ブラン。
7000人もの人々が約束の時間にいっせいに登場し、宴を始めるので
ポリスも手をつける暇がない…… という効果を狙うためにも、会場となる場所は最後の最後まで秘密です。

ピラミッド型に組織が成り立っていて、その頂点から発信された情報が、
連絡網(というのもへんですが)で伝言されます。
さあ、ぞろぞろと白(ブラン)い人々が集まってきました。
今年の会場はルーブルのピラミッド前!
e0174436_15215019.jpg

テーブルの配列も、参加者の席も、細かく決められています。
チェス用のテーブルに白いテーブルクロスをかけ、銀器やクリスタルの食器をセットし、花も飾り……
本物の、フランスのアール・ド・ヴィーヴルですよ。(1枚目の写真参照)
e0174436_15251594.jpg

皆さん思い思いに、白い服装を楽しんでいますね。
犬までも白!
e0174436_15343271.jpg

この時点で夜9時半をまわったところ。
テーブルセッティングに忙しいグループあり、すでにディナーを始めたグループあり。
e0174436_15371348.jpg

芝生のグリーンに、白がよくはえます。
たまたま通りがかった人々も、足を止めて見入っていました。
ケイタイで写真を撮る人も多かったです。(そりゃそうですよね、こんな光景めったに出会いません)
e0174436_1541290.jpg

去年は、見に来るようにと誘われつつも、ちょっとめんどうになりリタイヤしました。
が、ニュースや写真を見るうちに「これはとてつもないイベントだ!」と気づき、今年、こうやって見学(?)して、
本当によかったと思います。
見てください、この気合の入れよう。 大人が本気に、楽しんでいますよ。
e0174436_1545320.jpg

ピラミッドの前も、こんな状態。
飲み物は当然、シャンパンですね。
e0174436_1624362.jpg

夜はふけ……
むむ?この面々は、私に情報を流してくれた彼ら??
e0174436_166149.jpg

きらきらと点滅するエッフェル塔にあわせて、参加者全員が手に持った花火を高く掲げています。
e0174436_1552777.jpg

年に1度のイベント、ディネ・ブラン。
これは楽しいですよ。 大人が本気になるわけです。


[PR]
by societebonne | 2010-06-18 16:53 | パリの最新情報

la nuit du gâteau 後記 → モーニング娘。in Paris !/角野恵子@パリ

e0174436_1743369.jpg

東京のかとう殿、

ラ・メゾン・デュ・ショコラのパティスリーを、無料で試食できるイベントla nuit du gâteau(ラ・ニュイ・デュ・ガトー)、私もマドレーヌ店に足を運んだのですが、この人だかり!
夜10時頃の模様です。
深夜までの開催とはいえ、はたして並んだ人全員がパティスリーの味を見ることができたのだろうか。
ほかの店舗は、ここまでひどくはなかったようです。

列に近づいてみると、マーケティング担当者の女性に遭遇。
並んだ人々に、チョコレートをすすめてました。
なんでまた、無料で配るなんていう太っ腹な行為を?と質問すると、
「ラ・メゾン・デュ・ショコラはチョコレートが有名で、パティスリーのほうはいまひとつ。
でもこんなにおいしいパティスリーがあるんですよ、と知ってもらうためのイベントなの」

とのこと。
やはり、現在メゾンのクリエイティヴ・ディレクターを勤めるジル・マルシャルさんのイニシアチブだそうです。
老舗メゾンに新風!!
e0174436_1843086.jpg

長蛇の列にさよならして、コンコルド広場からメトロに。
パリは美しい街じゃのう……
としみじみしながらホームに下りると、はあ?
e0174436_17282685.jpg

モーニング娘。のポスターよ。
今年のJapan Expo(ジャパン・エクスポ)でコンサートをするそうです。
パリマンガ見本市のときにも書きましたが、日本の若者文化はフランスで大きく、おおきく!盛り上がっています。
個人的には、パフュームが「ポリリズム」を歌いに来てくれた方がうれしいけど……

歴史的モニュメント、老舗の太っ腹イベント、そして日本のタレント。
なんだかパリって面白いよね。
[PR]
by societebonne | 2010-06-07 02:11 | パリの最新情報

"la nuit du gâteau" ラ・メゾン・デュ・ショコラの初イベント、本日!/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

本日6月3日、かの有名なショコラティエ「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」が
「ラ・ニュイ・デュ・ガトー」というイベントを開催します。
東京のファンの皆さんには、考えられないことだと思いますが、なんと
今晩7時以降、「ラ・メゾン・デュ・ショコラ」のパリのブティック全5店で、無料でパティスリーが振舞われます!

この情報、英語判がなかなか見つからず……こちら→ご参考までに。

ずいぶん気前のいいイベントですよね!
パリにいらっしゃる皆さま、ぜひぜひこの機会をお見逃しなく!!
マドレーヌ店は深夜まで、それ以外の店舗は夜9時までの開催です。

ラ・メゾン・デュ・ショコラ
225 rue du Faubourg Saint Honoré - 75008 Paris

52 rue François 1er - 75008 Paris

8 boulevard de la Madeleine - 75009 Paris

19 rue de Sèvres - 75006 Paris

120 avenue Victor Hugo - 75116

[PR]
by societebonne | 2010-06-02 15:04 | パリの最新情報

boutique de mamie gâteaux ブティック・ドゥ・マミ・ガトー/角野恵子@パリ

e0174436_1517353.jpg

東京のかとう殿、

「びっくりした!」って感じの、昨日のブダンの写真でしたねー。

その対極をゆくような、今日のお写真でございます。
日本の雑誌でもちょくちょく紹介される、パリのサロン・ド・テマミ・ガトー
日本人のマリコさんがオーナーで、かとうもお気に入りのお店だよね。
ものすごいがんばりやのマリコさん、なんと3件目もオープンしていたのを、先日
ル・プチ・ヴェルドへ行った時に知りました!
ほとんどお向かいさん同士なのです。
e0174436_1527521.jpg

サロン・ド・テに続き、ブロカント、そしてこんどはオリジナルもふくむ雑貨屋さん。
日本人でありながら、異国の地フランスに店を出し、
普通は1軒でも死にそうに苦労しているところを、3軒も!!!なんて
「人間じゃない」くらいすごいことと、私には思えます。
e0174436_1531471.jpg

しかもこのとおり、マリコさんワールドが見事に展開され……
フランス人にとっては「ありそうでなかなかなかった」、
日本人にとっては「まさに求めていた!」セレクトです。

きのこちゃんという柴犬の赤ちゃんも、お店のかわゆいマスコットでした。
(上の写真で、お客さんがすっかり魅了されているのがわかります)
e0174436_15361866.jpg

今後、オリジナルのビスケットなども販売するとのこと。
パリのお土産の、マストアドレスですね。
私もまた遊びに行きます!!

e0174436_15435550.jpg









mamie gâteaux
66, 68, 70, rue du cherche-midi
75006 Paris

[PR]
by societebonne | 2010-06-01 01:38 | パリの最新情報

1,618 Sustainable Luxury Fair /角野恵子@パリ

e0174436_23373813.jpg

東京のかとう殿、

この頃オーガニックの話題が続いていますが、5月5日こどもの日、
コンテンポラリーアートの展覧会場パレ・ド・トーキョーへ出かけました。
『1,618 』というイベントの、オープニングに招待されたのです。

今年で2回目を迎えるこのサロンは、世界でも多分唯一の
「サスティナブル・ラグジュアリー」の見本市。
自動車メーカー、コスメティックブランド、ホテルなど、ラグジュアリーな世界を扱う企業が集まり、
環境への取り組みにのっとった製品を紹介しています。

上の写真のように、アーティストの参加もありました。滝をイメージしたプロジェクションです。

e0174436_2349272.jpg

100パーセント電気のスポーツカー。
美しいです。 アメリカ製。

私が注目したのはこちら ↓ !!
e0174436_2350354.jpg

イタリア製の三輪車! こちらも100パーセント電気です。
ハンドルはこんなふうにT字になっていて、床の部分には木が使われています。
e0174436_23542019.jpg

後ろのシートには、3人乗ることができます。
荷台にあるカゴの部分にエンジンを隠して、ついでに革のベルトで荷物も積めるという仕組み。
おちゃめ!!
e0174436_23585080.jpg

会場では、エコシャンパンポップアースや、オーガニックのシャーベット、アイスクリームが振舞われました。
e0174436_0141210.jpg

どちらも、ホテル・フーケッツ・バリエールでいただくことができます。

Hôtel Fouquet’s Barrière
46, Av, George V 75008 Paris
Tel 01 40 69 60 40

e0174436_0263343.jpg

サロン『1,618』は、5月10日まで開催されます。
フランスらしい新しい試み、ご興味のあるかたはお急ぎください!
今やラグジュアリーも、エコ、ビオ、エシカルなのです!!!

Palais de Tokyo
13, avenue du Président Wilson
入場料金 6ユーロ
入館時間 12時~0時
  
[PR]
by societebonne | 2010-05-08 00:31 | パリの最新情報