カテゴリ:パリのおみやげ( 40 )

マイユのフレッシュマスタード/角野恵子@パリ

e0174436_20401388.jpg

東京のかとうへ、

ときめきフード、更新されましたねー → 

今回のお題は「マスタード」で、
なんとなんと、ついこの間かとうがUPしていた品なのです。
かとうのこちら→ 見たときはあせりました(笑)。


ときめきフードのほうも、ぜひご覧くださいませ。
生ビールのようりょうで、ポンプから注ぐ瞬間もとらえております。

ちなみに、上の写真は、
左のクリーム色の容器が通常版、黒がクリスマスシーズン限定商品の
トリュフ入りです。

1年間続いた連載、ときめきフードも、
なんと今月が最終回!!
分かっていたけど、あっという間だった!!!
またどこかで、ソシエテ・ボンヌの情報をたくさんの方々にお届けできるよう、
これからも精進せねばです。
[PR]
by societebonne | 2013-01-22 06:44 | パリのおみやげ

フレッシュマスタード・トリュフ入り!/カトウ@東京

パリの、すみの様

先日、パリからグルメな友人が来ておりました。
毎回、レストランの予約などを頼まれるのですが、
今回は、ミシュランの3つ星ばかりで、なかなか、大変だったし、興味深かったです。

外国人が日本のレストランを予約するのは大変ですね。
代理だとNGと断られたり、前金を払うように言われたり、
まったく連絡もなくキャンセルする人がいるようで、
レストラン側も自衛が必要なようです。

そんなわけで、いろいろな手間のお駄賃というか、
友人からおみやげをいろいろもらいました。

それが、これ~~ ↓ !!!
e0174436_18513484.jpg


以前にもでご紹介した、マイユのフレッシュマスタード。
なんと、冬になると黒トリュフ入りバージョンが出るそうな。
もちろん、ほかのフレッシュマスタード同様、
ビールサーバーのようなところから、チューっとボトル注入してくれるそうです。

そして、ふだんはベージュのボトルがなんと、黒に!
ちょっとびっくりしたので、大興奮!でいただいて帰りました。

e0174436_18513662.jpg


黒トリュフの粒がところどころに入っていて、芳醇な香り!
で、肉に合うと言われ、早速試したのがシンプルに焼いただけの鶏肉につけること。
わお! これは、ぜいたく!!!
濃厚な甘い香りがふわふわと口の中に広がり、
マスタードをふくよかに感じさせてくれます。

ああ、贅沢。
ありがとう! LEE!

というわけで、あっという間に1本、なくなってしまいました。
っていうか、やっぱり、ここのフレッシュマスタード、おいしいね。
マスタードがおいしいから、トリュフ入りもおいしいんだと思います。

ネットでも買えるようですので、フランスの地方在住者のかたがた、
いかがでしょうか? →


追伸:じつは、パリ旅行されていた重信せんせも、これを買い、
私をびっくりさせようともくろんでいたらしい。
「え、知ってるよ、食べたよ」という私の態度に、かなりがっくり(笑)させてしまいましたとさ。

あ、ついでに宣伝。
恒例となっている、料理家、重信初江さんの、京都のカフェ工船で行う”マルシゲ食堂”。
次回の開催、決まりました。
詳しくは、こちら→
[PR]
by societebonne | 2012-12-17 18:52 | パリのおみやげ

バター&ひしこいわしのマリネ/加藤@東京

パリの、すみのへ

パリは、クリスマスイルミネーションがきれいな時期だよね!
東京もきれいですが、やっぱりパリのあの雰囲気は独特の美しさがある気がします。

e0174436_2031193.jpg

さて、10月末から11月にかけて、
パリに旅行されていた料理家の重信初江さん&先輩のHさんから、
むふふ~~なおみやげをいただきました!

大好きなバター!!!
詳しくは→
このころとはパッケージが変わってしまいましたね。
以前の赤牛マークが大好きだったので、残念ですが。

食べ比べの記事はこちら→

今回は、ボルディエのゆず入りもいただきました。
これも、美味です。
バターをかたまりでパンにのせ、パクリ!
本当においしいバターって、それだけでごちそうだわ。

そして、左上の瓶に注目!
今回、重信さんは

↑ の本&このブログでさんざん紹介している
アパートホテル、シタディーヌに泊まっていたのですが、
そこで、「パリでうちごはん」を楽しんだだけでなく、
フランス食材で保存食づくりも楽しんだそう。


e0174436_20322096.jpg


そのひとつである、ひしこいわしのマリネをおみやげとしていただきました!
ゆでたじゃがいもとブロッコリーに添えていただきましたが、これが、うまい!
しっかり酸味がきいていて、じゃがいもにからめつつ、おいしくいただきました。
(上のバターもちょっと添えれば、本当に激うま!)

ほかにも、ポワロー・ヴィネグレット(レシピは上の本にありますよ)、
ジロールの塩漬け、アンチョビーなども作られたそうで、
そのまま、持って帰るわけにはいかない食材を長期保存できる形で瓶づめにし、
パリのおみやげにされたそうです。

帰ってからも、パリ気分♪
すてきなアイディアですよね。

ジロールの塩漬け、食いて~~~(笑)!!!

重信さんが泊まったのはシタディーヌの、プラス・ド・イタリー店。

シタディーヌの中では値段も手ごろで、
マルシェも近いし、地下鉄も線が多いし、便利な場所ということで、おすすめだそうですよ!

ちなみに、重信初江先生、保存食の本も出してます~~。
↓ かわいい、おいしい本ですよ。
ジロールの塩漬けのレシピはありませんが…、
かきと長ねぎのマリネなど、気になるレシピ満載です。



ここまで、宣伝したからには、
なにかおいしいもの食べさせてもらおっと!
(あ、いや、こんなにすてきなお土産をもらったのだった=)
ありがとうございました!
[PR]
by societebonne | 2012-12-04 13:50 | パリのおみやげ

コメ・ニコラさんのミニエッフェル塔ペンダント/角野恵子@パリ

e0174436_20184860.gif


東京のかとうへ、

ルビーの入ったエッフェル塔!
シルバーのペンダントトップですよー。
潔いフォルムが“大人”な感じの、このエッフェル塔チャームは、
日本人ジュエリーデザイナー、コメ・ニコラさんの作品です。
今週日曜、パリ6区で開催される『ポワン・イデ展』に
出品されるそうなので、
パリにいらっしゃる方、エッフェルフリークのみなさまはぜひ!

ポワン・イデ展
11月25日(日) 
12時~19時
会場:cafe des fous
6 rue de Montfaucon
75006 Paris




このあいだ、ドゥ・ビュイエのエッフェル塔フライパン→
情報をアップし、以来、エッフェル塔の永遠のデザイン性を
もう一度再認識している感じなのです、私。
そんなところに、このチャーム、ピン! と来ました!!
コメ・ニコラさんとは、実は面識はないのだけど、
以前私が宝飾の翻訳を引き受けた時、専門用語について質問させてもらって
いろいろ助けていただいたのです。
見ず知らずの私に、コメ・ニコラさんは親切でした。

そんなコメ・ニコラさんのBlog → 

私も世話になってばかりでなく、ひとことお礼の言葉を伝えに
今度の日曜日、ポワン・イデ展に行くべきだよね!

*追記:
写真のエッフェル塔チャームは、80€です!
お値段もかわいいね。
[PR]
by societebonne | 2012-11-21 20:37 | パリのおみやげ

ダマンフレールのフレーバーティコフレ/角野恵子@パリ

e0174436_2393017.jpg

東京のかとうへ、

ときめきフード、更新されましたねー。 こちら→
今月のお題は「お茶」ということで、
フランスの老舗お茶メーカー・ダマンフレールのコフレをピックアップしました。
いいものが色々あり、まよいましたが、
シックなタイプを選び、↑ こんな旅行鞄風のものです。

お茶類は、毎日たくさん飲みます。
目覚めの緑茶で始まり、凍頂烏龍茶、春積みダージリン、白茶ダージリン・・・
いろいろ好きです。
が、最近の問題は、午後にたっぷりお茶を飲むと、その日の夜
寝付けなくなってしまうこと。
年かな?
ということで、冬でもあるし、夕方からはもっぱら、生姜湯のようなものを飲んでいます。
皆はこの問題、どうしているのだろう?
お茶なんていくら飲んでも、普通に眠れる?
[PR]
by societebonne | 2012-11-15 15:48 | パリのおみやげ

ドゥ・ビュイエのエッフェル塔フライパン/角野恵子@パリ

e0174436_1522058.jpg

東京のかとうへ、

間があいてしまってごめん。
昨日までグラスゴーに出張しておりました。
兜町のような男性的な町並み、バブホッピング、
飛行機の窓から見たエディンバラの大地が印象に残っています。

そのグラスゴーとはまったく無関係に、
今年9月メゾンエオブジェで紹介された、キッチンツールの話題です。
フランスの老舗フライパン・鍋メーカー、デュ・ビュイエの新作には、
柄の部分にパリのモニュメントが!
写真はエッフェル塔のついたフライパン、ですね。
値段が今ひとつよくわからないのだけど、
エッフェルフリークにはたまらない品かな、と思い、ご紹介することにしました。
エッフェル塔の他に、凱旋門、アレクサンダー三世橋のモチーフをつかった
鍋類があるそうです。

De Buyer のHPはこちら →

このほかのエッフェルフリーク向けお土産情報はこちら →
[PR]
by societebonne | 2012-11-07 22:42 | パリのおみやげ

アラン・ミリアのジュースで朝ごはん/カトウ@東京

パリの、すみのへ

田中功起さん、ご活躍だよね~。
パリでは気軽に紹介いただいてしまいましたが、
日本に帰ったら、あちこちの展覧会でお名前を拝見し、
大物だったんだなぁ~、なんて、焦りました(笑)。

そして、九重さんのインタビューも刺激をもらった!
ありがとう、すみの。
動画もかわいいね。
本発売のために動画。日本でもやってる出版社はあるのかしらね。

e0174436_12592767.jpg

さて、今日の写真はこちらの1枚。
すみのが、オレンジページのときめきフードでも紹介していた
アラン・ミリアのジュース。

ボン・マルシェなどでも、各種販売されているし、
すみのの記事に書かれいる直営店もあります。

上質なフルーツが、そのままジュースになった!そんな感じのドリンク。
だからこそ、原材料となるフルーツの選別にものすごくこだわっていると、
何かで読んだことがあります。
すみのの記事によると、少量ずつ生産することが、
このジュースのおいしさの秘密とありますね。


日本でも一部買えますが、
330ml1本で1000円!とか、あり得ない値段。
フランスでももちろん高級ジュースですが、
おでかけの際には、ぜひ、1本手に取ってみてください。
「パリでうち朝ごはん」の際にこんなジュースをいただけば、
かな~り、ぜいたくな気分になれるはずです。


すみののブログに紹介されていたブランチもかなり魅力的だね→

日本では、コンランショップなどでも買えるようですし、
はい、楽天↓ にもありますね…。



日本では、330mlで1本1000円!
でも、フランスに行くよりは安いから、買ってみるかしらん?

そして、ときめきフード、東京からワインも更新されております。
よかったら、見てみてくださいませ~。 →
[PR]
by societebonne | 2012-11-01 10:20 | パリのおみやげ

チョコレートケーキ/カトウ@東京

パリに向かう友人たちのうきうきする話を聞きつつ、
私もやっぱり行きたかったなぁと、うらやま~な気分の日々です。

そんな友人たちにもおすすめしたい、
チョコレートケーキの写真を撮ったことを思い出しました。
e0174436_1255397.jpg


←Le Fondant Bauloisです。

パリのうちの近くのマルシェrue gros のスタンドのパン屋さんで必ず売っていて、
よく買っていました。
↑ の写真は赤い箱に入っていますが、マルシェでは丸いケーキがラップにくるまれ、
シールが貼られているだけという、本当にそっけないものでした。

ずっとあの味がまた食べたいと思っていたのに、
そのマルシェ以外にどこで買えるのか分からず、
旅行者には行きにくい場所のマルシェだから、その後、あまり買うことができず…。

が、この記事で、直営店があることを知りました。
サロン・ド・テ? カフェ?もあるようですね。
マドレーヌとオペラの間、便利な場所です。

e0174436_12553251.jpg

本当にシンプルなチョコレートケーキで、
常温に戻すと、ねっとり、こっくり。
チョコレート、ゲランドの塩入りバター、卵、砂糖、小麦粉。
材料も本当にシンプルです。
が、うまい!のです。

しっかり濃厚なチョコレートながら、ミルクっぽい甘みを感じるので、
本物のチョコ好きはもちろん、
私のようにちょっとお子様舌系のチョコ好き(つまりミルクチョコのほうが好きな人)にも
たまらないおいしさ。
キャラメルっぽい風味も感じるので、砂糖をキャラメル化して入れてるかもしれません。
(しっかり濃いので、私は写真のように、小さく切っていただきます)

で、なんと、ずっと長らく気がついてなかったのですが、
ボンマルシェの、グランドエピスリーにも売っていました!
(それが、上の赤い箱入り)
左奥の冷蔵庫に入っていたので、気がつかなかったんだよね=。
でも、ふだんはマルシェで常温で売られているので、
暑い時期を除き、ふつうにお土産として持って帰れると思います。

久しぶりに、パリのおすすめおみやげ、ちゃんと紹介できてうれしい。
というわけで、友人たちよ!楽しんできてね~~
ただのおねだり?(笑)

直営店は↓
Comptoir Baulois
34 rue Godot de Mauroy 75009 Paris
電話 01 40 06 04 18
10:30〜19:00
日&月休
[PR]
by societebonne | 2012-10-23 17:28 | パリのおみやげ

FOR THE FIRST TIME, CHANEL No.5/角野恵子@パリ

e0174436_23214539.jpg


東京のかとうへ、

おととい、パリ郊外の我が家に戻りました。
家の片付け、掃除洗濯は一通り終わり、
今から食料品&日常品の買い出しに行きます。

そんな庶民的な話はいいとして、
今さっき、Twitterで知った、
シャネル5のコーマーシャルムーヴィー情報を。
YouTubeの画像がそのまま貼付けられないので、こちらクリックしてください→

ボトルデザインのモト、など、
「ヘー、そうだったのかー」と。
さんざん語り尽くされた神話だと思っていましたが、
ほかにも初めて知ったこと、たくさんありました。


軽く、さわやかな香水が出回る現代で、
リニューアルをしない不動の完成品、No.5は、特別な存在に思えます。
ディオールの「ディオリッシモ」も、永遠の定番。
なんといっても、ムッシュー・ディオール自身のクリエーションだものね。

*かとうがアップしてくれた、ミスディオールのムーヴィーはこちら→
ソフィア・コッポラの世界感、すきです!
[PR]
by societebonne | 2012-10-05 23:37 | パリのおみやげ

ファミーユ・マリーのハチミツ/角野恵子@パリ

e0174436_16501837.jpg

東京のかとうへ、

オレンジページネットの連載『おいしくってかわいいときめきフード』が
更新されました→
(ご連絡遅くなりました・・・)

今回のお題は『ハチミツ』。
私は庶民的なパッケージのものを選びました。
昔はロウをぬった紙のパックに、入っていたそうです。
詳しくは上のリンクをご覧くださいませ。

ファミーユ・マリーでは、ハチミツの量り売りもしています。
写真がその、量り売りマシーン。
豪快だよね。
[PR]
by societebonne | 2012-09-16 16:57 | パリのおみやげ