カテゴリ:日本で楽しむフランス( 93 )

明日はマカロンの日/加藤@東京

e0174436_1054496.jpg
珍しく、加藤が2回連続の更新。

以前、角野の記事にマカロンの日の話題があったが、
日本での開催は明日。

4月1日、ピエール・エルメで、先着1000名にマカロンが配られるようだ。
もともとの由来は、角野の扶桑社内のブログで、確認していただくとして、
なぜ、私が2回連続の更新をしているかというと、
こんなリボンがさっき出てきたからだ。

2006年、最初に「マカロンの日」が行われた日、
パリに住んでいた私は、マカロンをもらいに行っていたのだ。
(もちろん、寄付もしましたよ~)
そのとき、もらったリボンがこれ。
こういう類のものは、まったく取っておかない私なのに、
取ってあって、かつ、今日、でてきたってことは、
e0174436_1062858.jpg 「更新しろ」というお告げかと思い、
マクロレンズを取り出してまで、撮影をしてしまった。
マカロンは、エルメさま、太っ腹!とか言いつつ、
3個おいしくいただきました。
(日本はひとり1個のようです)
[PR]
by societebonne | 2009-03-31 10:08 | 日本で楽しむフランス

パリのマルシェに負けない、うまい野菜/加藤郷子@東京

e0174436_7582086.jpg角野のマルシェの話を見ていたら、
おいしい野菜が食べたくなってきた。

私がパリに住んでいたときに通っていたのは
火曜・金曜に立つ16区 rue Grosのマルシェ。
なんとラッキーなことに、
Joël Thiébault(ジョエル・ティエボー)さんのスタンドがあった。
3つ星レストランのアストランスをはじめとする、
そうそうたるレストランに野菜をおろしている有名野菜スタンドだ。
パリ郊外の畑からトラックで直接運ばれてきた、
味の濃い、おもしろい野菜が並ぶ。
そんな野菜を2年間毎日、食べていたのだから、ぜいたくなことだ。

左の写真は、ジョエルさんの畑の野菜を使った料理本。
この本の編集者と知り合って、家にまで取材でおしかけたのも、いい思い出。


帰国後、パリに負けないおいしい野菜が食べたいと思ったときに
ときどき取り寄せるのが、
静岡県にあるビオファームまつきの野菜。
こちらも、都内各地の有名レストランに野菜をおろしていると聞く。
e0174436_801460.jpg

歩いて3分のところで買えたジョエルさんの野菜に比べると、
わざわざ宅配で送ってもらわなければいけないのは残念だが、
味や、野菜の元気のよさは、文句なし!

ホームページから注文ができて、
取り寄せしたいときだけ、取れるというシステムも、気にいっている。
自分では買ったことのないものや、知らない野菜も入っていておもしろい。
e0174436_7593016.jpg


下の写真2枚は3月25日に取り寄せた、ビオファームまつきの野菜たち。
フランスのサラダ菜を思い出す、レッドマスタードリーフは苦み、辛みがある味の濃い葉だった。
うまいぞ!
[PR]
by societebonne | 2009-03-30 19:00 | 日本で楽しむフランス

うちで パリごはん/加藤@東京

「パリでうちごはん」の中には、
旅先のキッチンでも簡単につくれる料理をたくさん掲載している。
料理家・重信初江さんによるレシピだが、
どれもシンプルな材料でできるものばかり。
旅先でたくさんの調味料は用意できないからと、
最小限の調味料でできるよう、工夫がされている。

本に掲載されているものは
基本的にパリのマルシェで買ったもので
「うちごはん」をつくるためのレシピだが、
もちろん、日本でも役に立つ。
ぜひ、”うちでパリごはん”用にも使ってほしい。

すぐできるのは、
P33のポワロービネグレット(ふつうのねぎでも十分おいしい)と、
P29のにんじんのサラダ。


e0174436_2231369.jpg

写真は、重信さんが我が家に持ってきてくれたポワロービネグレットと、
私がつくったにんじんのサラダ(もちろん重信レシピ)。
これだけで、パリ気分の食卓が完成。

ちなみに、このポワローは、鎌倉産。
太さの直径が4cm近くもあり、パリで見るものよりも立派。
「鎌倉市農協連即売所」で1本200円で購入したそうだ。
検索をしてみたら、ちょっと、パリのマルシェ風。
農家の直売所や、道の駅は、最近がんばっているから、
マルシェがわりに使えば、
”うちでパリごはん”気分がさらに盛り上がるかも。





追伸:
今日、幕張で開催されているFOODEXに行ってきた。
行かれる予定のあるかたは(3月6日まで)、
輸入食材コーナーの(株)久田のブースをぜひ、チェックしてみて。
ピレネーの山奥でチーズを作っている職人さんや、
スイスの家族経営のチーズ工房の若いお兄さんなどが、
自らブースに立ち、自慢のチーズを試食させてくれる。
試食付きのチーズのセミナーも行われている。
[PR]
by societebonne | 2009-03-03 22:47 | 日本で楽しむフランス