カテゴリ:日本で楽しむフランス( 93 )

bacar in 渋谷/加藤@東京

パリの、すみの様

連日ソロ活動をさせてしまって、すまんです。
なんだか何を書いていいか、あまり思いつかない状態で……。
レストランに言っても、食べることに夢中で写真を撮らないことも多々。
ブロガーに向いてませんね。

***
そんななか、珍しく写真を撮ったのは
夏の暑い盛りに行った渋谷のBacar
リーズナブルで予約のとれないレストランとして一部有名のようです。

予約をとったんだけどいっしょに行く人が行けなくなったからと、友人に誘っていただきました。
Yさん、ありがとう!!

リーズナブルでおいしいこういう店って、
お店の人は思いついたときに気軽に来てもらえるような店にしたいと思っているのに、
結局は2カ月前の予約でいっぱいになってしまい、
思惑と違う使われ方になってしまうことが多いですよね。

携帯サイトで空席情報が分かるようになったようなので、
少しは違う使い方ができるようになったかもしれませんね

お料理は、この値段(5250円で5品のコース)こんなにちゃんとしてたら、
そりゃ人気だよね~~と、同行者と感心しきりでした!
最後は、ストウブのミニ鍋で炊くごはん! もうおなかいっぱいです!!!
もちろん、デザートもあり、プチフールもあり。
予約がとれなくなるはずです。

写真は、とってもかわいかったパンのプレゼンテーション ↓ 。
e0174436_10542919.jpg

四角いパンはブリオッシュです。

そして、超ミニミニ、ストウブ鍋に入ったリエットもかわいかった ↓ 。
今は買えないもののようでしたが、市販されているミニ鍋のさらに半分以下というサイズ。
カジュアルだけど、黒を利かせたテーブルセッティングも
ひとつひとつ気が利いてましたよ~。

e0174436_10595699.jpg

[PR]
by societebonne | 2010-10-13 11:05 | 日本で楽しむフランス

うれしいような、悲しいような/加藤@東京

パリの、すみの様


Mayumiさんに会えたんですね!
よかった、よかった。
約束してからずいぶん経ってたから、気になってたよ~~。


***
それより、ちょっと、偶然にも、
昨日、これを、日本で発見してしまいました!!!
なんと、三越日本橋で行われているフランス展で。

ふつうなら、きゃ~っと大喜びですが、
11月にパリに行くときに、絶対買いに行こう!と、
今から予定を組んでいたくらいなので、
なんとも、ショックというか、複雑な気分……。

これはパリでしか買えない(もしくはディジョン)と思っていたので、
旅行に行ってこその、おみやげだと信じておりました。

このフランス展の期間だけで、数量限定ではありますが、
日本には、何でもやってきますね。
うれしいような、悲しいような……。

11日まで開催されてますが、
限定品なので、気になる方、お早めにどうぞ。
三越の店員さんいわく、パリにあるものとまったく同じものだそう。
その場で、アンティーク風の瓶に詰めてました。


ちなみに、そのフランス展。

↑の本も売ってました!!!
 ありがとう、三越さま

証拠写真はこちら →
e0174436_9111174.jpg


伊勢丹のほうが有名ですが、三越もフランス展、力を入れている模様。
チーズも、おいしいのがゲットできました!!!
銀座ではなく、日本橋ですので、お気を付け下さいませ!!!
[PR]
by societebonne | 2010-10-08 09:16 | 日本で楽しむフランス

そば粉のクレープ いい加減版/加藤@東京

パリの、すみの様

麻衣ちゃん、お誕生日おめでと~!
そして、すばらしいケーキだね!
こんなケーキでお祝いされる子どもは幸せだ。

最近、パティスリーのスイーツを食べてないので
無性に凝ったケーキが食べたくなりました。

なのに、こんな地味な写真です ↓ 。
e0174436_1058769.jpg


ここのところ、休みも仕事をしていることが多く、ホント、活動してません、私……。
ネタがないのよ、本当に。
せっかくでかけたおとといの夜は、鮨だったし(笑)。

なので、こんな写真ですが、ある日の朝食。
前の晩に、明日のパンがない!というときに、あわてて仕込みむ、そば粉のクレープ。

冷凍庫に眠っているそば粉、卵、水(あれば、牛乳)を混ぜ合わせ、
冷蔵庫に一晩寝かせて、翌日焼く。
小麦粉も入れない100%のそば粉クレープ(ガレット)なので、
かな~~~り素朴な味で、食感もぼそぼそですが、
米をとぐのも面倒というときに、ときどき作ります。
(手が濡れないので、私としては米をとぐよりこれを仕込むほうがラク)

この日はひっくり返してから、チーズと余っていたミズナを散らしました。
いい加減な割に、この組み合わせはヒットでした!
[PR]
by societebonne | 2010-09-29 11:05 | 日本で楽しむフランス

組み合わせの妙/加藤@東京

パリの、すみの様

ショコラショーと牡蠣の組み合わせ、すごいねえ~~。
でも、お試しできるなら試したいわ、やっぱ。

牡蠣とチョコレートほどではありませんが、
組み合わせの妙というのはいろいろありますよね?
最近の私は「チーズと○○」という組み合わせをいろいろ試しています。

e0174436_15352331.jpg


ブルーチーズといちじくの組み合わせはおいしいです!
が、このブルーは、セミハードに近い感じで、塩味も弱いタイプだったので、相性いまひとつ。
ねっとりタイプで塩味のしっかりしてるロックフォールがおすすめです。
柿ともよく合うと思います。

e0174436_15341240.jpg

そして、↑ は、先日のピーマンに、シャンパーニュ地方の「シャウルス」を合わせました。
クリームチーズと合うと聞いたのですが、もう少しさっぱりとしたものがいいかと思い……。
ばっちりでした!!

そして、一番お気に入りの組み合わせは
写真を撮ったのに消してしまった、きゅうりとボーフォールの組み合わせ。
両方とも薄切りにして合わせるのが、絶対です。
きゅうりは、清水牧場のバッカスにもよく合います。
[PR]
by societebonne | 2010-09-09 15:34 | 日本で楽しむフランス

モアザン/加藤@東京

パリの、すみの様

ご無沙汰してます。
ようやく例の本、校了ができそうです。
明日のがんばり次第ですが……。長かった。

***
パリに住んでいたころ、ときどき買っていたパン屋、MOISAN
店の名前としては、『Le Pain au Naturel』が正しいのかしら?

MOISANさんが立ち上げたビオ(オーガニック)のパン屋さんです。
今は、もうMOISANさんは退いていると聞きますが、パリに何店舗かあります。
(ホームページによると、現在8店舗のようですね、増えてますねえ)

e0174436_21353157.jpg
先日、恵比寿の駅に着いたら、なんか見覚えある外観の店が目に入ってきました。
ピンクとグリーンって、結構印象に残る色合わせだから、
あれ?と思って、よく見たら、やはりMOISANでした。

千葉そごうには入っていると聞いていましたが、都内は初出店です。

早速、買ってみました!
ひさびさのMOISANは、ちゃんとむちむちしていて、おいしかった!
けど、やっぱり、日本のこの湿気!
すぐに食べたのに、外側はパリパリしておらず……。まあ、仕方がないですかね?

e0174436_21381110.jpg
写真↑はフルートを切ったもの。
写真撮り忘れましたが、サンジョン(ST Jean)も、好きなパンです。

日本のホームページは →

赤羽唯一のいいパン屋も閉店してしまったし、
恵比寿は結構よく通るので、この開店はうれしいな。
さっと買って帰れる駅近のおいしいパン屋って意外にないもので……。
[PR]
by societebonne | 2010-08-30 21:48 | 日本で楽しむフランス

ヴェルヴェンヌ/加藤@東京

茅ヶ崎旅行中のすみの様

近況、どうもです~~(笑)!
暑いなか、頑張ってる様子が伝わってきました。
無理に更新せずとも、よいよ~~。

e0174436_852813.jpg

***
さて、ルブランファミリーの暑い夏とは、まったく関係ないネタを。

すみのの、この記事によると、「プロヴァンスでは、ヴェルヴェンヌの香りは『生きる喜び』」だそうですが、
ヴェルヴェンヌのハーブティーは、カトウも好きで、フランス料理の最後には、よく注文します。

さわやかな味&香りのおかげで、
おなかいっぱいの胃もすっきりする気がするし、眠りも妨げないし……。
おすすめです。

日本のフランス料理店でも、ハーブティーは何がありますか?と聞けば、
ヴェルヴェンヌは、よく名前が挙がるのに、
売っているのを見かけないなぁ~、ヴェルヴェンヌ、家でも飲みたいなぁ、と、
勝手に残念に感じてました。

ただ単に、日本での呼び名が違っているだけということに気がついたのは、ごく最近。
辞書をひいても、「くまつづら」と書いていあるだけなので、
くまつづらという名で売られているハーブティもないし、それが何なのか、気がついてなかったのです。

あるとき、知りました。
ヴェルヴェンヌ=バーベナだということを。
つまり、レモン・バーベナ=ヴェルヴェンヌ・シトロネルです。

レモン・バーベナなら、乾燥ハーブティも売っていますし、苗も売られています。

というわけで、苗を買いました。 ↑ の写真のように、ベランダで元気よく育っております。

フレッシュのハーブティは、ホント、さわやかな香りで
プロヴァンスの人が、生きる喜び!とたたえる気持ちがよく分かります。
[PR]
by societebonne | 2010-08-02 15:25 | 日本で楽しむフランス

7月14日、今日はパリ祭でした!!/角野恵子@山梨里帰り中

東京のかとう殿、

そういえば本日はパリ祭でした!

去年もこの日はやっぱり山梨に里帰りしていて、こんなブログをアップしています。→

今頃、パリはどんなかなー。(まだ午前5時だいですが)

清春芸術村のラリューシュでも、お祝いがあるのかなー。
[PR]
by societebonne | 2010-07-14 12:44 | 日本で楽しむフランス

山梨につきました!/角野恵子

東京のかとう殿、

7月9日夜10時半頃、山梨の実家に到着しました。
(今年も変わらず、こんな感じのところです→

10日、昨日はさっそくスパランド内藤へ朝から行って、一日塩サウナやアカスリ、ストーンスパ、ローリュウを堪能。
いつものことだけど、アカスリをしてもらうと際限なく垢が出ます。
もう人間じゃない、泥でできた何かになった気分…… 土偶?

死ぬほどアカスリしてもらっても、まだまだ出る垢。怖いです。

おかげさまで気分すっきり、そろそろ仕事して、17日に待っている重信初江先生&かとうとの
勝沼スパークリングワインツアーに備えたいと思います!!

パリブログなのに山梨ネタでごめん。
でもスパランド内藤はいいよ。安いし、一日よゆーでくつろげます。
お湯は温泉ではなく、ナノ水とやらを使っているようですが、これが化粧水のような滑らかさの
特別な水なのだって。
炭酸風呂、ミクロの泡の湯、薬草湯、岩盤浴、ジェットのお風呂など、
かずかずあるお風呂やサウナを楽しんだら、
こんどはかずかずあるマッサージ(タイ古式、台湾式、指圧などなど)で骨の髄から疲れを抜きとってもらい、
最後にストーンスパで仕上げ。
なーんか極楽ですよ。

毎週月曜日の夕方は、ストーンスパでホットヨガ教室が開催されるそうです。これ、今度やります。

ついでにお伝えすると、フカサワ温泉草津温泉もいいよ。
フカサワ温泉は実家から歩いていける距離にあります。
[PR]
by societebonne | 2010-07-11 07:53 | 日本で楽しむフランス

ガレット/加藤@東京

e0174436_18143620.jpg


カトウ、実は、ブルターニュに行ってました!
気候もよくて、空気がさらさら。
じめじめが大嫌いな私には、本当に天国のような場所。

・・・・・・なんてことが、あるはずもなく、
じめじめ東京に、ずっと生息しております。

上の写真は、新宿タカシマヤの上のクレープリー、breizh cafe ブレッツカフェでの1枚。
新宿タカシマヤの上のレストラン街は、テラスがあるので、好きなんです。

テラス好きのフランス人をきどって、気分だけ、フランス(いつも、カトウは気分だけ)。
e0174436_1815097.jpg

昼間っからシードルも飲んで、気持ちいい!
(真夏は辛いです、ちなみにこの写真は秋に撮ったみたい)

さて、パリ好きの食通は、チェックを欠かさない(勝手に決めてますが)
フィガロの、食べ比べ記事(以前、ミルフィーユをご紹介しました →

去年の2月18日の記事ですが、
パリで、ガレット・コンプレット(卵、ハム、チーズののったもの)の食べ比べをしています。


その1位になっているのが、実は、このbreizh cafe ブレッツカフェのパリ店なんです。

このガレット店、
東京の神楽坂にある、クレープリー、ル・ブルターニュのオーナーが
凱旋帰国をする形でフランスに出した店、のはず。

そして、その店が支店を東京に出している(ややこしい……)。
逆輸入の輸入?

日本のサイト

フランスのサイト

タカシマヤ店のガレットが、
パリ一おいしいと言われるガレットに匹敵しているか、
そこまでおいしかったかは、ちょっと記憶があいまいなのですが、
テラスも楽しめるし、新宿でお昼難民になった時には、いいかもしれません。


そうそう、新宿ではお昼難民なりがちですが、
穴場は、最近できた、小田急8階のトロワグロ・カフェ。
駅近だし、コスパはよいし、おすすめですが、サービスは、ちょっと、?なところ、あり。
こういうところは、シェフが変わると、あれ?ってことになるので、
気になる方はお早めに。
[PR]
by societebonne | 2010-07-07 23:55 | 日本で楽しむフランス

La Boucherie du Buppa/加藤@東京

ものすごい店を見つけてしまいました!

ガツン系の最たる店です。
ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ La Boucherie du Buppa
Boucherieは、フランス語で肉屋。
Buppaは、フランス語辞典には載っておらず、
このお店のホームページによると、”鉄砲撃ち”という意味だそうです。
もしかして、フランス語じゃない? 

というわけで、すごい肉系ビストロというか、ワインバーというか……。
店に入ると真っ正面にある、ガラス戸の冷蔵庫には、
大きな骨付きの足(熟成中と思われる半身ものもあり)が、何本もぶら下がっています。

ここは、今年の2月に、
熟成した肉に特化した店に、リニューアルしたばかり。
それも、国産のジビエが豊富で、イノシシやら、シカやら……(冬は鳥系もあるみたいです)。
直接、"Buppa"(鉄砲撃ちさん)から買ってるとおっしゃってました!

e0174436_8541097.jpg


前菜盛り合わせ ↑ です。
この店のパワーを伝えるために、あえて特大画像。
すでに、すごい量ですが、すべて自家製だそうです。
いわゆる骨付きの生ハムも、だそうで、千葉に工房があるのだとか。

↓ そして、これは、お約束のブーダン・ノワール!
なんとイノシシで!!!
栗も入れているということで、ほの甘く、とってもなめらか。
パサパサ感は皆無です。 臭くもありません。
e0174436_857156.jpg


この店、たまたま、ネット検索でみつけ、
普段は、ネットだけで店を決めることはまずなく、
ある程度、まわりから情報を得てから出かけるのですが、
ここは、あまりのメニューのおもしろさに、
思わず、見つけた翌週には出かけてしまいました!

↓ は、シカ肉の、炭火焼き。うまうまでした~。
e0174436_8572512.jpg


というわけで、この店のおもしろさを、
パリで「うちごはん」の共著者、重信初江さんに話したところ、
再び行こうということになり、なんと、2週間後に再訪。
その様子は、に詳しいので、ご覧下さい。

国産ワインや、チーズにも力を入れているのも、
好感度アップのポイントです。

いやあ、すごい店。
そして、8月にもまた、行きます(笑)!

La Boucherie du Buppa
東京都目黒区祐天寺1-1-1  リベルタ祐天寺B1
最寄駅:中目黒
03-3793-9090


***
加藤のブーダン・ノワールコレクションも、増えてきました。
過去の記事は、以下ですので、興味ある方はどうぞ。

[PR]
by societebonne | 2010-07-03 15:48 | 日本で楽しむフランス