<   2009年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧

キャンピング馬車のインテリア/角野恵子@パリ sanpo

e0174436_21375666.jpg


前回アップしたキャンピング馬車の内部にご案内します。

e0174436_21442433.jpg

なりは馬車でも、いちおうれっきとした「他人の家」。
撮影はかなり遠慮しいしい、になりました。

そのせいで、まず最初に目を奪われた小型の薪ストーブを撮り忘れ……
馬車の真ん中にある、入り口の正面にあったのです。
サイズはオーブントースターくらい。
お茶目ですよねー。(ってお見せできないのですが)

その小型薪ストーブのすぐ脇の右側が、このキッチンコーナーです。
ガスコンロにシンク。湯沸かし器もついています。
足元のバケツには、ミネラルウォーターのボトルがいくつも備えてありますね。




半月方の窓の上には、スパイス用の棚が作りつけてあります。
e0174436_21543413.jpg

狭いスペースを上手に利用していますよね。
動線もよく考慮されています。
左側に見えるリプトンの小さな箱には、紅茶やコーヒーを収納するのでしょう。
どこかで拾ったであろう松ぼっくりが、オーナメントになっています。

車の正面に目を向けると、なんともチャーミングな猫のオーナメントが。
e0174436_2212742.jpg

旅の道々で見つけた草花が、そこここに飾られています。

かごは、何かを収納するにもよし、きのこ探しや買い物にもよし、と、
かなり頻繁に出番があるのではと想像します。
こうして吊っておけば取り出しやすいし、それに室内(車内)に親密なタッチを加えてくれます。

e0174436_2271177.jpg
車の後部はこんな感じ。
小さなテーブルを挟むように、これまた小さなソワーファ向かい合っておいてあります。(向かい側は写っていませんが)
木の家具がずいぶん立派なのですが、この写真でわかるでしょうか。
馬車の持ち主のマダムが「小さなお城よ!」と言っていた、その気持ちが伝わってきます。
小さいながらも楽しい我が家、素敵な我が家です。

ギターもありますね。
これを取り出し、どこかで気ままに歌いあっている姿が目に浮かびます。

天井に見えるすのこ状の木をおろすと、ベッドになるのですね。
身長160㎝なら足を伸ばして眠れるかな、というサイズですが、とにかくデッドスペース無しであることは間違いなし。




e0174436_22183095.jpg内部の写真は以上。(少ない……)

この馬車は、いろんな古い車を継ぎ合わせて造ったとのことで、正面はメルセデスです。
ちゃんとあのマークがついているのですよ。
笑えますよねー、馬に引かれるメルセデス。







e0174436_22222468.jpg









せっかくのスローな交通手段です、
細部までしっかりスローでなくては。
クラクションはなく、自転車のベルと「ぱふぱふー」が付いています。
これも笑えました。






馬車の後方にまわってみましょう。
e0174436_2227143.jpg


e0174436_22301615.jpg別の荷車に水をたっぷり積んで、牽引しています。
馬にも人にも、水は必要!!

ほかの荷物も入っているようですね……
薪とか……

e0174436_22335939.jpg








馬車の後部は、シトロエンの2CVです。


もう10年ほど前になりますが、フランスの新聞で読んだ日本の2CVファンの記事を思い出します。
毎年1回、長野県の車山に2CVに乗って集合する、という内容でした。
この馬車仕様2CVが参加したら、面白いだろうなー。


たくましい馬2頭が引いているとはいえ、このキャンピング馬車は相当重いはずです。
基本的に人間は、自転車で伴走します。手綱を持つ人だけが、馬車に乗ります。
e0174436_22392575.jpg

自転車の荷台に付けてあるのは、これまた道中の畑で見つけたもの。
「多分ヒエかアワだと思うんだけど。ブルターニュにはないから、誰かに聞こうと思ってとったのよ」
と、気ままな旅人の言葉です。

さあ、休憩は終わり。
e0174436_22464516.jpg

また旅を続けなくてはなりません。次の村は7キロ先のシャトー・ヌフ。
それまでまた緑のトンネル、山の中の一本道を進みます。
シャトー・ヌフまでは、やや上り坂。馬さん、そして自転車の皆さん、がんばってください!
e0174436_2254575.jpg




さよーならー!










e0174436_22572326.jpg

かとうがアップしてくれたキャラバンのインテリアと比べてご覧ください。
それぞれに機能的で、個性があって、快適そうです。
どちらも、狭いということを楽しんでしまう心意気が、いいですよね。
[PR]
by societebonne | 2009-08-29 21:18 | フランス人とホビー

キャラバンのインテリア/加藤@東京

昨日の角野の記事に驚きました!
キャンビング馬車で何カ月も旅するなんて、本当にびっくりです。
本当の、のんびりした暮らし(=”スローライフ”?)だねえ~。
さすが、フランス人だわ。
中の写真も、楽しみ!

***
そんな角野の記事を見て思い出し、探し出したのが、下の写真たち。
これは、自動車につけるタイプ(もしくは自走式)のキャラバンですが、
パリのプランタンの屋上に、展示されていたもの。
インテリア(&スタイリング)がかわいくて、撮影していたのでした。

e0174436_1732871.jpg

↑ これが、入り口。

↓ ベッドが日中はダイニングの椅子に。
足元は、収納? 折りたたみテーブルもそうだけど、
狭いスペースを上手に使ってる。
e0174436_17322585.jpg


↓キッチン。コンパクトだけど結構使いやすそう。
e0174436_17325177.jpg


e0174436_17331176.jpg

あんまりしっかり覚えてないけど、たぶん2台分の写真です。


もう、4年くらい前の写真なので、今はもちろんないと思いますが、
パリのプランタンの屋上スペース、結構いいです。
なかなか素敵なパリの風景を上から眺められるので、
買い物に行ったついでに、ぜひ、上まで足をのばしてみて。

6階の、ドーム型のステンドグラスの下で、お茶&食事のできるブラッスリー・プランタンも必見です。
[PR]
by societebonne | 2009-08-27 06:29 | インテリア・暮らし

セシー村に馬車が!/角野恵子@パリ

昨日の午後、サイクリングに出かけました。
すると緑のトンネルの向こうからゆっくりと近づいてくる、四角いハコ……?馬車?!
e0174436_1614482.jpg

本当に馬車です。
馬車、という言葉は的確ではないのですが、ほかの単語を知りません。
車の中が住まいになっている馬車です。
なんと、ブルターニュからやってきたとのこと。7月4日にスタートして、かれこれ2ヶ月の旅……
目的地は、さらに300キロ以上先で、あと1ヶ月くらい?とみているのだそうです。

e0174436_16154987.jpgサイクリングは中止して家に戻り、カメラを取り出しました。

彼らは教会の広場の井戸で水を汲み、馬に飲ませて休憩させています。
人間も、村井唯一のカフェ(飲み物しかない)のテラスで一休み。
中年の夫婦2組の4人+犬というメンバーです。

この手の馬車は、雑誌の美しい写真でしか見たことがありません。(なんとインテリア特集で)
生まれて初めて内部を見せてもらったその写真は、又次回に!
[PR]
by societebonne | 2009-08-25 16:19 | フランスの地方へ

飲食店、本当に値下げしてた! /加藤@東京

e0174436_16241716.jpg


↑ ある朝、入ったカフェのカウンターに、こんな表示が。
”TVA5.5%への値下げのため、カウンターでのコーヒーは、1ユーロ” とのこと。

TVAとは、フランスの消費税ともいえる存在、付加価値税のこと。
内税なので忘れがちですが、この税金19.6% というすごい率です。

その税率、2009年7月1日から、飲食店の食事にかかるのは5.5%に、値下げされました。

今まで、フランスのレストランで食事をすると、とにかく、高い!という印象だったのですが、
少しは改善されたのかしら?と期待しておりました。

すべてのレストランで、値下げが行われたわけではないようですが、
このカフェでは、以下のような値下げぶり。
だいたい、1割引?

e0174436_16281696.jpg


ここに限らず値下げしている店は、看板を出したり、ポスターを貼ったりしていました。

シルバーウィークに、パリに行かれるみなさまへ、小さな朗報でした。
[PR]
by societebonne | 2009-08-24 16:34 | フランスのレストラン・カフェ

ちょっと味のあるインターネットカフェ/角野恵子@パリ

e0174436_1124997.jpg

18日の夜7時半にパリに到着し、19日は家の掃除と荷物の片付け。
20日も前半は掃除と片付けを続け、後半から田舎の家のあるセシー村 に来ています。

ここは本当に奥まっていて、携帯電話の電波もほとんど届かないような田舎ですが
(そこがまた、魅力なのだけど)、9キロ離れた隣町ドンジーまで行くと、インターネットを使うことができます。
e0174436_118144.jpg

ドンジーにはパンを買いに行ったり、食料品や新聞などの買い物をしたりと、
出かける用事がちょくちょくあります。セシーには店が1軒もありません。
ドンジーの広場のカフェに「無線ラン」の張り紙を見つけたのは、今から1年ほど前だったかな?
e0174436_1183550.jpg

いつも地元の人々でにぎわうこのカフェにパソコンを持ち込み、ブログをアップすることにしました。
ドンジーで手軽にインターネットを使える時代になったなんて……
それがどんなに驚きか、この写真で伝わるといいなと思います。

e0174436_119551.jpgコーヒーひとつとっても、フランスに帰ってきたー!という感じ。
[PR]
by societebonne | 2009-08-23 01:20 | フランスの地方へ

ケケ quai-quai /加藤@東京

私が、床フェチと書いたら、
自分はドアフェチですと、教えてくださった、カンヌ在住のこのかた

そんなakikoさんのために、こんな店をアップしてみます。

e0174436_11232518.jpg


シテ島の突端の、川岸(quai)にあるからだろうか、quai-quai(ケケ)というレストラン。
カタカナで書くと、すごい名前(笑)。

QUAI-QUAI
74, quai des Orfèvres 75001 Paris 
Tél.:01 46 33 69 75

古いドアが、壁に再利用されていて、なかなか素敵な雰囲気。
客層もちょっとおしゃれな人が多く、今、話題なのかな?と感じさせる店でした。

e0174436_11235894.jpg

メニューは、オーソドックスなものが多く、
ひねったものより、オーソドックスなものが好きな私(&仲間たち)としては、ちょっと興奮。
これも、ソーセージにじゃがいものピュレという組み合わせで、いかにもおいしそうな見た目。

が……、おいしんだけど、もう一声!
おいしいけど、「わ~!」という興奮には至らない、そんな感じ。惜しい!

e0174436_11242658.jpg

でも、店を出たらこの風景。
おしゃれな人々を眺めることもできたし、ま、満足な夕食でした。
サンジェルマンからもすぐという立地もあり、
とことん味追求型ではなく、雰囲気も込みで今のおしゃれなパリを楽しみたい、
そんな人には、おすすめします。
[PR]
by societebonne | 2009-08-21 11:38 | フランスのレストラン・カフェ

ウイーン国際空港/角野恵子@パリ

e0174436_17421720.jpg

フランス時間の18日夜7時半頃、シャルルドゴール空港に到着。
迎えに来ていた夫との再会。
エレベーターなし5階の住まいまでスーツケース3個+小1個+ゴザのような畳マット3畳サイズなどを運び……

19日、今朝ようやくパソコンをつなぎました。

写真は、トランジットで立ち寄った、ウイーン国際空港。
今回の帰省で購入したコンパクトデジカメに慣れようと、一枚撮影しました。
ウイーンといえば、ウインナソーセージでしょ!(?)オーストリアビールでしょ!(??グラスはなぜかハイネケン)
でも日本の生のほうがよく冷えているし、はるかにうまいよー……

こうしていても、山梨の実家の朝とは違って、あのうるさいくらいのセミの鳴き声も、けだるい湿気も、
もうどこにもありません。
あるのは……これから片付けるべき荷物とホコリだらけの住まい、いくつかの仕事など。
私にとっては、ふるさとが非日常で、バカンスなんですね、ありがたいことです。
さてと!片付けるぞー!
[PR]
by societebonne | 2009-08-19 17:48 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

アンジェリーナのマカロン/加藤@東京

e0174436_9332378.jpg


すみのがついに、フランスへと戻りました。
これから、また、パリ←→東京往復書簡です。

*****
アンジェリーナがリニューアルしてるという話を聞いてましたが、
あまり興味がなかったので、行くつもりはありませんでした。

が、たまたま通りかかったので、とりあえず、入店。
あんまり変わったとは、感じなかったけど、全体に明るくなったのかな?
パティシエが変わっただけなのかな?

ふと、マカロンが目に入り、アンジェリーナといえば、モンブランなので、購入。
1個だけなんて、日本ではなぜか恥ずかしくてできませんが、パリでは平気(笑)。

というわけで、歩きながらパクリといただきました。
ケーキは、大きすぎてつらいので、ちょうどいいサイズ。
アンジェリーナの、モンブランの味は十分に堪能できるので、
私にはこれで十分だな、うん。
[PR]
by societebonne | 2009-08-18 09:47 | パリのおみやげ

とうもろこし、日本とフランス/角野恵子@山梨

e0174436_19162572.jpg

朝起きたら、実家のキッチンにこんなものが。
ザルいっぱい、山盛りのゆでたとうもろこし。もちろん取れたて(いただきもの)です。

以前、かとうの書いていたシャルティエのとうもろこしと比べてみてください。
どちらもそのまんま、でもシャルティエのほうにはバターが添えられていて、私の実家のは皮つき。

とうもろこしをゆでるときは、皮のままがいいみたいですね。
とうもろこしの甘みや風味が逃げないのだそうです。
皆さんはどうしていますか?
ちなみに私が子供の頃は、この家でもとうもろこしは皮をはいでからゆでていました。

フランスでとうもろこしといえば、スイートコーンの缶詰のこと、と言い切れるほど
調理する以前のとうもろこしが売られているところを見かけません。(旬が短い?)
ゆでとうもろこしの真空パックなら、野菜売り場にあります。

写真のとうもろこしを、私は何本も食べました。なぜならいよいよ、山梨を発つから!
さよなら山梨! さよなら日本!
またパリ郊外から更新します。(18日夜パリ着)
[PR]
by societebonne | 2009-08-17 06:49 | インテリア・暮らし

使い方いろいろの、ル・コントワール/加藤@東京

e0174436_7262178.jpg

床フェチの私は、まずこの写真から。

あちこち紹介されまくって、手あかのついてる感もありますが、
私は、大好きな店、le comptoir ル・コントワール の床です。
この、オーセンティックな感じが好きなのです。

LE COMPTOIR DU RELAIS
5, carrefour de l'Odeon 75006 Paris
☎ 01-44-27-07-97

夜は、なかなか予約のできないほど人気の、
きちんとクロスのかかるレストランですが、
昼と、土・日は、予約をとらない、気軽なビストロ。

12時前には、すでに人々がずらりと並んでいる店。
3年くらい前のゴールデンウィークに行ったら、
並んでる人が全員、日本人で驚いたことも。

そうなると少し興ざめで、人に勧めにくいですが、
それでも、おいしい店の多くが閉まる日曜日とか、
ランチの時間を逃したときとか、早めの夜を食べたいときとか、
上手に使えばやっぱり、とてもいい店と思います。

e0174436_7265327.jpg

↑は、アシ・パルモンティエ。
ことこと煮込んだ肉をほぐして、じゃがいものピュレを重ねて焼いたもの。
この日は、いっしょにごはんをした知り合いが頼んだ
肉のハラミのステーキが、超大当たりだったなあ。

e0174436_7272022.jpg

そして、あんずのピュレがのった、パンナコッタ。
甘いものはスルーすることが多い私も、この魅惑的なとろとろ加減には、やられました。
うまい!

15時から17時とか、22時以降は、デザートだけの利用もできるそうです。
こんな使い方ができるのも、うれしいところ。

e0174436_7274152.jpg

何より、場所がよい!
オデオン駅のすぐそばなので、
行ってみてあまりの行列にあきらめたとしても、
ダメージが少ないです。

7月中旬は、日本人率低かったです。
話題になりすぎて、もう飽きられてるのかも?

ちなみに、朝ごはんも、併設のホテルに泊まってなくても食べられます。
(追記:以前は大丈夫でしたが、2011年2月時点はNGみたい)
ニース風サラダを、17時くらいに食べてかるい夜ごはんにするのいい使い方。
ランチに、フロマージュプレートを食べると、夜の残りがふんだんに出るのでコスパが高い。
などなど、使い方次第で、本当にいい店です。

夜は、住んでいるころに、2回行ったきり。
そのころは、42ユーロ(今は、もう少し高いはず)。
フロマージュまですべて込だったので、大満足の、ディナーでした。
[PR]
by societebonne | 2009-08-16 07:27 | フランスのレストラン・カフェ