<   2010年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧

サント・シャペルのステンドグラス、そして……/角野恵子@パリ

e0174436_1740821.jpg

東京のかとう殿、

前回のミニ船旅で立ち寄った、サント・シャペル
「パリでもっとも美しいステンドグラスを見られる場所」とも言われています。

e0174436_17423311.jpg

私にとっては、今回2度目の見学でしたが、
ノートルダムにしてもヴェルサイユにしても、行った数だけ発見があり、新たな感動があり……

現在修復工事の真っ最中で、完了するのは2013年とのこと。
3年後にまた、見に来たいです。

1248年に完成したサント・シャペルは、ルイ9世の命により、建立されたそうです。
王様がお祈りをするための、個人的な礼拝堂ですが、さっすが王様!!!
神棚や仏壇とはスケールが違います。
なんでもシテ島のこの場所には、10世紀~14世紀までの間、
「シテ宮」なるお城があったのだそうですね。ここに歴代の王たちが、住まわれていたのだー……
e0174436_1745463.jpg

と、しばし歴史に想いをはせつつも、つい気になるのが床。
かとうが頻繁に床フェチ宣言をしているおかげで、どこへいっても床に注目してしまう私です。
e0174436_17472114.jpg

ステンドグラス同様に、繊細なモチーフの床です。
かとうはここ、見に行ったかな?


Sainte-Chapelle
4 boulevard du Palais
75001 Paris
時間: 
3月1日~10月31日 9:30 am ~ 6 pm
11月1日~2月28日 9 am ~ 5 pm
料金:8ユーロ

[PR]
by societebonne | 2010-04-29 17:48 | 近況&その他

batobus バトビュスに乗りました/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、
e0174436_14295886.jpg

ずっと晴天の続くパリです。街は緑にあふれ、美しき花の都はパラダイスさながら。
こんな季節に是非、セーヌ川クルーズをしてみたいものだ、と常々思っていたのですが、
先日その願いをかなえました。
休暇でパリに来ているAさんと一緒に、Batobusに乗りましたよ!

グランパレ脇の乗り場から乗船し、エッフェル塔、オルセー美術館前を通過して、ノートルダム寺院脇まで。
バトビュスは、その名のとおりバス感覚のボートです。
13ユーロの乗船券は1日フリーパスになっていて、乗り降り自由。
船の頻度もだいたい25分間隔なので、自由なのんびり旅行の足にはもってこいでしょう?
e0174436_1443033.jpg

船を降りてサントシャペルを見学し、また船に乗って
ユネスコ世界遺産というセーヌ川沿いの景色を眺めつつエッフェル塔前まで移動。
そのままディナーを予約していたレストランへと向かいました。

セーヌ川にかかる橋が連なる風景を船上から眺めていると、古都パリの面影を垣間見る思いがしました。
パリは本当に美しい街だ、としみじみ実感です。
e0174436_14512534.jpg

サプライズのシャンパンをあけ、ほろ酔い気分のミニ船旅でした。
(シャンパンはよく冷えたものを持参しました。グラスも持参。
バトビュスにはソフトドリンクの自販機がありますが、それ以外の飲食サービスはナシです)
[PR]
by societebonne | 2010-04-29 15:14 | 近況&その他

L'etoile d'or  /加藤@東京

パリの、すみの様

パレスホテルのプレス発表会なんて、
相変わらず、すてきなものに、参加されていてうらやましい限り。
東京の片隅で、指を加えてながめておりますよ~(笑)。

加藤からは、うって変わって、小さな幸せネタです。

先日のマスタードに引き続き、友人からのパリみやげ。

その友人からは、日本のレストランの予約などを、頼まれていたので、
そのお礼に、ほしいものはないかと聞かれました。

そこで、思いついたのが、
ときどきコメントをくださるMayumiさんが働いているL'etoile d'or 。
e0174436_17522959.jpg

            ↑ こんなラッピングで届きました。かわいい!

L'etoile d'or は、パリを訪れる、スイーツ好きなら、狂喜するだろう店のひとつ。

三つ編みの、個性的マダムがお出迎えしてくれる店です。
フランス中から、おいしいスウィーツを選りすぐって、
小さなお店にギュッと集めている店です。

スウィーツ留学をしていた この方★に連れて行ってもらって以来、
日本から、スウィーツ好きがやってくると、何度となく、でかけたものです。

ここのマダムの、スウィーツにかける愛情がすごい!
片言しか、フランス語を解さない人間に対しても、
情熱を持って、そのお菓子のすごさを語ってくれます。
本当に、お菓子を愛してやまないって感じです。

セレクトされているものも、各地方のこだわり菓子ばかりで、
ひとつひとつの話が、おもしろいのです。

Mayumiさんのブログを見て、お目当てのチョコレートがあったのですが、
友人が地方を回ってから、東京にやってくるため、
状態がよくなくなってしまうかもという、ことで、
Mayumiさんが、チョコレートのタブレット(板チョコ)を選んでくれました!

リヨンの、ベルナシオンの板チョコ Amer です。
カカオの香りが高く、一粒で、大満足の濃厚さ。
でも、カカオ度が高いだけのチョコレートとは一線を画した、複雑みもあり……。

e0174436_1818137.jpg

サロン・デュ・ショコラでは、あっという間に完売していたわけがよく分かりました。

大切に、小さな幸せを味わっております。

今は、日本人のMayumiさんも働いていらっしゃるので、
フランス語が分からない人でも、思いっきり、聞きたいことが聞けるはず。

パリに行かれるスウィーツ好きには、ぜひとも、おすすめしたいアドレスのひとつです。

Mayumiさん、その節は、適切なアドバイスをありがとうございました!
タブレットでも、ぎりぎりな感じだったので、ボンボンは、絶対無理でした。
おいしかったです~~。

L'etoile d'or
30 rue Pierre Fontaine 75009 Paris
01.48.74.59.55
月 15時~19時半
火~土 11時~19時半
日曜休
詳しくは、Mayumiさんのブログへ→★
[PR]
by societebonne | 2010-04-26 18:23 | パリのおみやげ

ホテル・ドゥ・クリヨン、メインダイニングが再オープン/角野恵子@パリ

e0174436_1948085.jpg

東京のかとう殿、

先日のブログの最後にPSで触れたとおり、
4月21日(水)はホテル・ドゥ・クリヨンメインダイニングの、リニューアルオープン記念パーティへ行きました。
例によって、新しいカメラになじめず、赤くなったり、青みがかったりの写真ですが、
上の写真中央が新しく抜擢されたシェフ、クリストファー・アッシュさんです。
若干29歳!
e0174436_2031145.jpg

ホテル・ドゥ・クリヨンは、昭和天皇もご宿泊された格式高いホテルです。
なにせ、もともとはルーブル宮の一部だったというだけあり、正真正銘、本物のパレス!
マリー・アントワネットがピアノのレッスンを受けたという、その名も『マリー・アントワネットの間』
に通してもらったときには、ここはホテルではなくミュージアムだと実感したものです。
レストランも、ベルサイユ宮殿の『鏡の間』さながらの内装ですよね。
e0174436_202563.jpg

新しく若いシェフを迎え、テーブルアレンジも若く、軽く。
カーテンと、シャンデリアのかさも、シック&モダンを意識しています。
(以前は、シャンデリアの照明一つ一つにかさはかけてなく、半端でないまばゆさだったとか)
窓の向こうに、コンコルド広場を眺めつつ……なんてゴージャス!
e0174436_2027162.jpg

スーシェフは、アメリカ人女性です。彼女も若いですよね。
新ホール責任者も31歳とやはり若く、これからもクリヨンはトップを走りますよ!という意気込みを感じました。
e0174436_32529.jpg


クリヨンのレストランは、クリスチャン・コンスタン、ドミニック・ブシェ、ジャン=フランソワ・ピエージュなど、
そうそうたるシェフたちがその厨房を守ってきたので、今回のリニューアルにも注目が集まります。

で、昨日かとうが書いていたカスレ、これをクリスチャン・コンスタンのレ・ココットで食べると、めちゃめちゃおいしいのだけど豆効果でおならが……と、
ジャン=フランソワ・ピエージュさんが言っていました、なんて書いてしまってよかったかな?

Hôtel de Crillon
10, place de la Concorde
75008 Paris | France
Tel: +33 (0) 1 44 71 15 00
Fax: +33 (0) 1 44 71 15 02

[PR]
by societebonne | 2010-04-24 03:10 | パリの最新情報

パッションのカスレ/加藤@東京

パリの、すみの様

セシー村にも春がきたようで……。
きれいだね。

東京は、一昨日は真夏日、なのに、今日は、真冬。
寒いです===!

なので、寒いうちに、寒いときの料理を紹介します。
カスレ!
e0174436_17215382.jpg

またも、カメラを持たずだったので、ケータイ写真です。

以前、日仏学院で食べたカスレについて紹介しましたが、
カスレはやはり寒い時期に食べるもの、
2月に、今度は代官山の、レストラン・パッションに行ってきました。

本物のカスレが食べたいとの、オットのリクエストです。
(私が作る「エセ・カスレ」しか食べたことがなかったのかも)


夜には重すぎるとの考えで、ランチに。
ホントは、少量のカスレを組み込んだコースもあるのですが、
あえて、menu regional(4200円)
ラングドックのサラダを前菜とし、2人でひとつのカスレを食べるコース。

ガツン!
見た目は、案外、恐れるほどではないとそばでは思ったのですが(案外小さく見えます)、
いやいや、ホントに、ガツン!です。
e0174436_1783781.jpg

いろいろな肉の脂のうまみをがっつり吸い込んだいんげん豆が、本当においしい。
顔をしかめる人もいらっしゃるかと思いますが、を食べる料理です。

そして、でも、それが、やっぱり、うまいのです。

座った席は、PACHON名物、暖炉の真ん前。
e0174436_1713029.jpg

ヨーロッパから17世紀の暖炉を運んできて、設置してるという
バブル期に作られたレストランならではの、お金のかかったものです。

ここで、実際に肉を焼いてます ↓ 。
e0174436_17135955.jpg


昔ながらフランス料理店らしい、いい店。
今を感じる、軽やかなフレンチレストランも好きですが、
やっぱり、こういうレストランのよさも捨てがたい。

PACHONさんも、ちょくちょくホールの様子を見に来たり、
気さくにお客さんと話したり、そんなところも、フランスの田舎のよさを感じます。

ちなみに、残さず、しっかりおいしく食べましたが、
夕食は、まったく食べられませんでした。
2食分と思えば、
めちゃめちゃコスパよし(笑)かもしれません。
[PR]
by societebonne | 2010-04-23 07:15 | 日本で楽しむフランス

セシー村の春/角野恵子@パリ

e0174436_18402067.jpg

東京のかとう殿、

田舎の家から戻りました!
その間、火山の影響で、リーは日本で足止めをくっていたのですね……

私のほうは好天に恵まれ、平和な田舎ライフを過ごすことができました。
珍しく教会の扉が開放されていて、中に入ることもできました。これがかなり、かわいらしいのです。

e0174436_1842203.jpg

セシー村の春は、パリよりも遅れてやってきます。
今まさに冬から抜け出した!といった勢いで、森も庭も、真っ白な花をつけた木々で覆われていました。
原っぱは、タンポポと黄色いリンドウ(?)がびっしり。
私たちの田舎の家の庭も、同様です。

バドミントンをして、サイクリングや散歩、裏山の探検もして、
そしてお約束の庭先ランチも楽しみました。
クロロフィルをいっぱい吸い込んで、頭の芯までぼんやり、しばらくはボケ状態で過ごさせていただきます。

***

ところで、昨日のかとうの日記の箱入りワイン、
これと同じスタイルのオリーブオイルを愛用している、とコメントしたところ、反響があり
うれしくなりました。
3リットル入りで、BIOCOOP(ビオコープ)というオーガニックのチェーンスーパーで購入できます。
イタリア産だったとおもう。エキストラヴァージンで、クオリティーも申し分なしです。
最後まで新鮮パッケージ、というのも嬉しい。
大瓶を買うとき、躊躇の種になるのは、使いながら品質が落ちてくるという心配だものね。

BIOCOOPには箱入りワインもあって、私の実感ではボルドーとロワールが多いです。
包装の無駄を考えれば、箱入りはやっぱり賢い選択。
最近一般的になってきたこの箱入りワインの、箱をセットするおしゃれなデザインスタンドも
雑誌Regalで取り上げれられていましたよ。

***

PSが長くなって申し訳ないが、こんばんはホテル・ドゥ・クリヨンのレストランの、
ニューオープンレセプションへ行きました。
レポートはまた、おって!!(バカンスボケで、出かけるのに非常に努力がいった)
[PR]
by societebonne | 2010-04-22 05:57 | フランスの地方へ

箱ワイン/加藤@東京

甘いものも好きだけど、
どちらかを選べと言われれば、圧倒的に酒を選びます。

安いワインがいくらでもあるパリ。
そして、安いワインでさえもおいしいと言いつつ、
1本5ユーロ前後のものを、ハウスワインと称してよく購入していました。

そんなに安いのに、さらに、手を出していたのが これ ↓ 。
e0174436_1505096.jpg


なんと、箱ワイン。
3リットルとか、5リットルとか、入っていて、
樹脂製の蛇口を押すと、ピューっとワインが出てきます。
内側にポリ系の袋にワインが入っていて、ワインが減るにつれて、
箱の内側でしぼみ、ワインが酸化しないようになってます。

ワイン一杯だけとかも、気軽に飲めるし、
料理にも使えるから、結構常備してました。

安ワインが中心ですが、案外いいワインをこれに詰めてることもあり、
びんで買うより、安く買えるのも魅力でした。

郊外のスーパーに行くとずらっと並んでましたが、
はずれると怖いので、ワインの見本市などで、試飲をしたものを買うようにしてました。

びんのように、割れる心配もないので、おみやげにもいいですよ。
この方が、帰国の折(2年前だ!)に、いっしょに花見をしたのですが、箱ワイン持参してくれました。

なんか、懐かしかったなあ~~。
宴会の残りのワインは、そのまま我が家でいただいて帰り、あっという間になくなりました(笑)。
cocoさん、その折はありがとう! また、遊びにおいでねえ。

しかし、せっかく安いんだから、
もっとおいしいワインを系統だって飲んでおけばよかったなぁ~と、小さく後悔。
[PR]
by societebonne | 2010-04-21 15:10 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

マイユの、フレッシュなマスタード/加藤@東京

パリのすみのは、バカンスへ出かけたようです。
そして、すみのも、書いてましたが、
本当にフランス人にはバカンスが多いですよね。 うらやましい限り。

とはいえ、日本人にとっての最大のバカンスである、
ゴールデンウィークは、もうすぐそこに。
それに伴って、なんだか、今週はバタバタ、忙しくなりそうな予感です。

***
バカンスといえば、
パリに住む友人(アメリカ人)が、日本に遊びに来てます。
(本当は過去形のはずなのに、アイスランドの火山噴火のせいで、
いまだ帰れず、5日の足どめ。 かなり大変なことですよね)

その彼女が、日本に来るにあたって
パリで欲しいものがあれば、買っていくよ、と言ってくれたので、
真っ先にお願いしたのが、↓ 。

e0174436_1131527.jpg


マイユの、マスタードです。
マイユといえば、いわずとしれた、マスタードやビネガーの有名メーカーで、
日本でも、買えますが、これは、ちょっと別物。

パリの、マドレーヌ店と、本店のディジョンでしか買えないはずの、”生”マスタード。

「パリで『うちごはん』」でも紹介していますが、
通常のものとと違い、加熱処理されていないので、とにかく、香りが豊かでふくよか!
本当に、おいしいのです。
生ビールサーバーのようなサーバーから、
その場でマスタードを、このびんに詰めて渡してくれます。
詳しい情報&住所は、「パリで『うちごはん』」をご参照ください。

e0174436_11332692.jpg

いろいろ使えますが、
やっぱり、フランス料理の、定番中の定番。
塩、こしょうで焼いただけけの、牛ステーキにつけて食べれば、本当にごちそうです!


LEE、ありがとう!
そして、早くパリに帰れることを願ってます!
[PR]
by societebonne | 2010-04-19 11:29 | パリのおみやげ

春のバカンスです/角野恵子@パリ

e0174436_15445488.jpg

東京のかとう殿、

この週末から、春のバカンスに突入。2週間のお休みです。
私たちファミリーは本日夕方、田舎の家のあるセシー村に行き、3,4泊する予定です。
フィリップのお母さんと、お姉さん夫婦に合流します。

上の写真は、2月のバカンス中にセシー村へ行ったときに撮影したロワール川。
今頃、川沿いの木々は新緑萌え、きっと絵画の美しさでしょう。

フランスって、バカンスの多い国だといわれるが、確かにそうだわねえ。

では、行ってきまーす!
[PR]
by societebonne | 2010-04-17 15:59 | フランスの地方へ

魅惑のミルフィーユ/角野恵子@パリ

e0174436_1765785.jpg

東京のかとう殿、

昨日は三ツ星レストランアルページュでランチでした。
ラデュレの広報責任者のサフィアさんといっしょです。

繊細なお料理をたんといただいた後、サーブされたのがこのミルフィーユ。
長方形に焼いたものを、切り分けてもらいます。
ちなみにデザートはこれだけ。選択肢ナシ!なんて、面白い。

軽いクリームとプラリネが層になって、見事なまでに上がったフイユテにはさまれています。
私は、ミルフィーユのフイユテが上がっていない最近のスレンダータイプには
あまり好感が持てません。
あらかじめ一人分にカットしたフイユテに、後からクリームをのせて仕上げるタイプも、邪道のような気がします。(最初にやった人はすごいと思います。アイデアの勝利)
やっぱり、オーソドックスな伝統パティスリーは、こんな風に正統派がいいと思う。
ばらばらにほぐれるフイユテに、クリームを絡めて食べるのがいい!!と。

上の写真では、サーブされたときの感動や、ミルフィーユの迫力&食欲をそそる美しさを
お伝えできなくて残念です。

あ、それから、デザートいろいろも楽しいけれど、これ1品!というのも潔く、かえって新鮮でした。

アルページュは決してお手ごろなレストランではないのに、この日も満席。
途中、周りの人々の話し声がひとつになって、まるでそのへんのビストロのような活気さえ感じました。
不景気って本当?と、感じる瞬間です。

シェフのアラン・パッサールさんは、中国へ旅立っていて不在でした。
彼の仕事、ほんとうに好きです。料理もサービスも、なにか斬新な要素を秘めています。

L'Arpège
84, Rue de Varenne
75007 Paris
tel. 01 47 05 09 06
土日休

[PR]
by societebonne | 2010-04-16 17:31 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ