「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

ときめきフード オイル更新/カトウ@東京

e0174436_10103640.jpg


オレンジページネットのときめきフード、
東京から、オイルの記事、更新されています。

こちらから、どうぞ →
[PR]
by societebonne | 2012-07-30 10:13 | フランス気分?の、日本食材

MOYNAT、フランスの老舗革製品ブランド/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_10403642.gif

東京のかとうへ、

パリのサントノレ通りにオープンしたバッグの老舗
MOYNATから「ありがとうございました」メールが届きました。
イラストがとても良い感じです。
(エルメス調すぎるけど)

1849年創業のMOYNATは、フランスで一番古い
マロキヌリー(革製品)のブランドなのだそう。
去年12月、ファッションのメッカ、サントノレ通りにブティックがニューオープン。
私は全く知りませんでしたが、日本のお客様をお連れして
何度か足を運びました。

そこで、念願の長財布を購入。
薄く仕上げたものを探し続けていたので、紳士物を選び、慣れようと使っています。
でもやっぱり、女性には婦人物がいいね。
これも経験ですな。


MOYNAT
348, rue Saint-Honoré
75001 Paris

[PR]
by societebonne | 2012-07-27 10:59 | パリの最新情報

パリ祭の花火、パリ郊外の我が家から/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_9534398.jpg

東京のかとうへ、

山梨におります!
暑いですね。
そして毎日、温泉へ行っています。
これぞ、私の望む夏休み。

写真は7月14日、パリ郊外の我が家の窓から見た、パリ祭の花火。
エッフェル塔のふもと(左)と、もう1カ所別の場所(右)で
同時に花火があがっていました。
我が家からは結構頻繁に、花火を見ることができます。
セーヌ川の「印象派の島」で、コンサートイベントなど開催されると
締めくくりは必ず花火なんだ。

さて、これからしばらく、角野恵子@山梨。
フランス情報を意識して、Blog更新しますねー!
[PR]
by societebonne | 2012-07-25 09:55 | 近況&その他

新潟で日本チーズセミナー/カトウ@東京

パリの、すみの様

ようこそ、日本へ!
お帰り=。
ものすごく暑い夏が待っているかと思いきや、
案外、涼しくてがっかりしてるんじゃないでしょうか?

e0174436_16472674.jpg

でも、でも、ちょっと前まで、本当に暑かった!

このパン ↑ をいただきに出かけた、
新潟でも、35℃近くになり、本当にこんな日本に誰がした~!って感じだったよ。

さて、このパンは新潟の「ラ・ターブル」というパン屋で焼かれたもの。
ラ・ターブルは、料理家、重信初江さんと古くからの友人、佐藤哲栄さんのお店。
今回は、ラ・ターブルの主催で、
チーズのイベントがあるということで出かけてきたのです。

第三回目だそうで、参加者が約200人という大きなイベントでした。
今回のテーマは、「チーズ de おしゃべりの会『つながる和』」ということで、日本のチーズでした。

最近、日本チーズづいています。

フェルミエの本間るみ子さんのセミナーがあり、
その後、たっぷりのチーズを囲みつつ食事です。

e0174436_16533795.jpg

↑ 今年の春、那須にオープンしたばかりの、
今牧場のチーズ工房の山羊のフレッシュチーズ。

e0174436_16534273.jpg

日本のチーズといえばの代表格のひとつ、
岡山・吉田牧場の、カチョカバロ。
10年以上前に取材に伺いましたが、
どんどん手に入りにくくなっているチーズです。

e0174436_16535235.jpg


↑ そして、先日、このブログにも書いた
チーズ工房タカラ。牛のチーズで、
タイム、コリアンダーシード、ローズマリーがまぶされています。
これが、とろっとしている部分、さわやかな酸味が残っている部分のバランスが絶妙でおいしかった!

e0174436_1654099.jpg

今牧場のフレッシュチーズを使った前菜。
ミルクの甘みがほどよく、トマトとの相性も抜群!

ほかにも、
←に書いた松本の清水牧場のバッカス
(相変わらず、完成度の高いおいしさ!)や、

←に書いた広島の三良坂フロマージュの、レモン風味のフロマージュ・ブラン。

などなど、盛りだくさん。
やっぱり、日本のチーズのレベルはかなり高くなってますよ~と、再認識。

e0174436_165447.jpg


そのうえ、バター ↑ は、あたりまえのように、佐渡バター!
ミルクまんまのような、クリーミーなバターで、ファンも多いのですが、
同じテーブルに佐渡バターのかたが座っていて、びっくり!

ミルクが違うとおっしゃってましたが、
ここのバターは、かなり白いのです。
そのあたりのこと、またじっくり伺いたいなぁ。

e0174436_1654857.jpg

そして、途中、今牧場の高橋さんが、モッツアレラ製作の実演。
なんと、この木だらいからお湯がざっぱーんと流れ出るというハプニングもあったのですが、
できたてモッツァレラもふるまわれました。

そして、それぞれと合わせるべく、
たっぷりといただけたパンがどれも美味。
今回は「和」がテーマだったので、レアな新潟産の小麦を使ったパンや、
新潟の青豆、佐渡の干し柿を使ったパンもありました!
どれも、チーズとよく合い、とってもおいしかった!

この会では出ませんでしたが、
この新潟産の小麦を使ったクロワッサンがお店で販売されています。
これが、おいしい!
バターの風味に負けず、小麦の味がしっかりします。
また、食べたい!!

と、こんな感じで、とっても、充実した会でした。
ラ・ターブルのみなさま~~~、本当にありがとうございました!
今度は、東京、もしくは、那須で会いましょう!!

これからも開催していきたいとおっしゃっていたので、
お近くのかたは、ぜひ、チェックしてみてください!

なんと、先に重信さんのブログで紹介されています →
ラ・ターブルのブログはこちら →
[PR]
by societebonne | 2012-07-23 16:16 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

チリピクルス/カトウ@東京

バカンス真っ最中の、すみの様

パソコンから離れてのんびりできてますか?

e0174436_185066.jpg


さて、すみのが一時期、パリのインド料理にはまっていたことがありました。
そのときに教えてもらったのが、写真のチリピクルス。
青唐辛子のピクルスです。

日本でも似たようものが買えますが、
私はここのが好きで、きらさないように、自分で買ったり、すみのに買ってきてもらったり。
このブランド、日本にもいろいろ入ってるのに、なぜか、これはないのです。

ちなみに、イギリスブランドのインド食材。
なぜ、パリで?と思いつつ。自分へのパリ土産になってます。

デザインが一新されていて、ちと不安でしたが、私の大好きな味は変わらず、よかった!
普通のカレーを作ったときに添えていただくだけなので、
一本買うと、なかなかなくなりませんが、
じつは、一番くらいにリピート率が高いものなので(パリなのに、笑)、
ご紹介してみました。
[PR]
by societebonne | 2012-07-19 17:13 | パリのおみやげ

O&CO のオリーブオイル、グランクリュ! /角野恵子@パリ

e0174436_2101556.jpg

東京のかとうへ、

今頃になってもうしわけないが、
オレンジページネットの連載『おいしくってかわいい ときめきフード』が
更新されました。→こちら
撮影中、テトが私を応援してくれ、かわゆかったよ♡

で、いままで音沙汰なかったのは
風邪を引いて寝込んでいたから。
7月14日パリ祭の日に、自宅に居ながら風邪を引きました。
天候不順のパリ、思いのほか寒かったにもかかわらず、
いまさら厚着もしたくなく・・・ 風邪です。
季節の変わり目は本当に油断大敵ですね。

そしてお知らせ。
3時間後に日本に出発しまーす!
次回の更新は山梨の実家からだわ。
よろしく!
[PR]
by societebonne | 2012-07-17 19:57 | フランスの食&お惣菜

まぼろしの、2012年パリオリンピック/カトウ

e0174436_759467.jpg


パリのすみのへ。

もうすぐ、オリンピックがはじまりますが、パリは盛り上がってますか?
ちょうどパリに住み始めた2004年夏に、
アテネオリンピックが行われていたことを思い出します。
日本とはぜんぜん違うスポーツばかりが放映されていて違う大会かとおもったほど。
女子マラソンなんか、あとちょっとでゴールというときに、
放映が終わり、あぜんとしました(笑)。

さて、写真は、私が今も愛用しているエコバッグ。
マルシェでもっと買い物しようキャンペーンで配られていたものです。
そして、パリのオリンピック招致を応援しようというキャンペーンでもありました。

そう、2012年、ロンドンと並んで、パリも最終候補地に残っていたのです。
エッフェル塔にも応援ライトアップがされていましたね。

たまたま、開催地の最終決定発表のその時間、
パリ市庁舎のあたりにいた私。
大勢の人が大スクリーンの前に集まっていたので、その場で様子を眺めてました。

フランス語が分からないのもそうですが、がやがやしていたので、
ぜんぜん聞き取れず、どこに決まったのか分からなかったのを覚えています。
でも、場の雰囲気でパリじゃないんだなということだけ。
すぐ近くにいた人に、「どこに決まったの?」と聞かれ、
フランス人のあなたに、私が聞きたいと思いました(笑)。

というわけで、もし、決まっていたら、
今頃、パリは大騒ぎだったことでしょうね。
全世界的なお祭りだから、決まっていたら、
すみのも今年は夏の帰国がもっと遅くなったかもしれないね。
[PR]
by societebonne | 2012-07-13 15:47 | 近況&その他

片づけのルールが!/カトウ@東京

パリの、すみのへ

ヨーロッパは雨続きみたいですね。
東京は、梅雨とはいえ、案外お天気が続いています。

・・・・・・・・・・・
さて、
フランスの片づけのルールも掲載されているこの本。


なんと、韓国でも発売されることになりました!
じゃ~~ん!!!
片づけのルール 韓国版です
e0174436_21404687.jpg


一切、韓国語、わかりませんので、
タイトルがどういう意味なのか、すみのや、私の名前はクレジットされているのか?
それさえもわかりません。
表紙も全然違うものになっていて、開きも逆。
違う本のようですが、なかなか、得難い経験です。
韓国にお住まいのかたで、
このブログを読んでくださっているかたがいるとは思えませんが、
そんなかたがいらしたら、ぜひ、見てみてください!

そして、もうひとつ。
よく購入している雑誌、『カーサブルータス』。
この雑誌までもが収納特集を組むご時勢。
もちろん買って、パラパラ見ていたら、発見!!

e0174436_21404788.jpg

わかるかしら? 片づけのルールが掲載されていたのですよ~。




片づけのルールは、「収納上手にならなくていい」というテーマで作りましたが、
カーサは、「そろそろ本気で収納上手になる!」というタイトルでした(笑)。
[PR]
by societebonne | 2012-07-11 21:55 | 近況&その他

ビルアケイム橋から、エッフェル塔/角野恵子@パリ

e0174436_137111.jpg

東京のかとうへ、

昨日のエッフェル塔です。
メトロ6号線、
パッシー駅からビルアケイム駅へ向かう途中に、撮影しました。

メトロ6号線は、地下鉄なのに地上も走る、ユニークなライン。
(ちなみに2号線もそうで、こちらはモンマルトルのサクレクール寺院が見えます)
パッシー駅とビルアイム駅間は、セーヌ川にかかるビルアケイム橋を渡るので、
毎回エッフェル塔を見逃さないようにしています。
e0174436_1384857.jpg


パッシー駅を出て、セーヌ川の上を走り、
徐々にビルアケイム駅に近づいて・・・


e0174436_1394886.jpg

何年か前に、日本からのお客様とこのメトロに乗り、
橋に出た瞬間、エッフェル塔がキラキラと点滅を始めて、感激したことがあります。
ただメトロに乗るだけで、この贅沢気分ってすごいよ!
と、
恋人にプロポーズする際は、ぜひこのシチュエーションで!
と、
そのお客様に熱弁した私でしたー。
[PR]
by societebonne | 2012-07-07 01:57 | 近況&その他

肉! le severoにて /カトウ@東京

パリの、すみのへ

もう子どもたちは、夏休みなのね~。
そして、毎年恒例のお土産さがし、お疲れさま!
日本で会えることを楽しみにしています。

e0174436_955240.jpg

さて、さて、フランスの国民食ともいえる、ステーキ&フリット。
つまりは、ステーキとポテトフライ。
アメリカのじゃなく?と思いましたが、
やっぱり、赤身の肉と、こんがり揚がったじゃがいもの組み合わせ、
フランス人はよく食べてますよね。

ビストロで、明らかに80歳くらいのおばあちゃんが、
一人でステーキ&フリットを食べているのを見ると、
国民食って、こういうことか!と思わされます。

で、パリで、肉と言えば、この店 ↑
Le Severoです。

東京で、肉といえばの、六本木にある「祥瑞」の料理人も、
ここで修業されたと聞きますね。

行ってきましたよ=。

e0174436_955480.jpg


お目当てのcote de boeuf は、2人分からで、
2人分でも1キロ越え!!!(1.5キロ近いと言われたような?)

さすがに、前菜は要らないと言ったら、
焼き上がりに30分かかるから、なにか食べたほうがいいと言われ、
気になるブーダン・ノワールやら、 シャルキュトリーの盛り合わせやらありましたが、
いくら私が肉食いでも無理と思い、
葉っぱだけのサラダはと聞いたら、出してくれました。
それが、↑ です。 
ホント、葉っぱだけですが、それがちょうどよし!
(ちなみに、回りの西洋人は、肉の前菜、肉のメインでしたよ、みんな!)

そして、最初に焼く前のかたまりを見せてくれました。
(写真を撮っておけばよかったけど、忘れました)
骨付きのすごいかたまり。
ホントに2人で食べるの?って感じ。

e0174436_955645.jpg


で、じゃじゃん~~。これ1人分です(骨の分を抜いて一人500g前後?)。

e0174436_955752.jpg

この赤さが、なんとも驚きですが、
血が滴るほどではなく、でも肉のしっとりさが十分に残っています。
脂はほとんど感じないので、「溶ける」感じは一切なし。
かみしめておいしい。
そして、まわりがカリッとしっかり焼かれている感じがたまらないのです。

これだけの量があっても、飽きる感じはありません。
さすがにいくらら私でも完食はできませんでしたが、ほぼ、食べても重い感じはなし。
すごい、おいしい肉。そして、いい焼き加減!

でも、祥瑞も、さすが、ぜんぜん劣ってないって、思いました。
まさに、同じ傾向の味わいです。

e0174436_95595.jpg


で、ごちそうが、これ ↑ 。
めっちゃうまい、フリット。
これだけでも、また、食べに行きたい!!

ちなみに、2人前を3~4人で分けるのOKな店なので、、
4人くらいで行くのがベスト。
そしたら、タルタルとかも食べられるはず~。
(って、食べないか?)

次も、つき合ってくれる人がいたら、また行きたいなぁ~。
いい店です!

Le Severo
8、rue des Plantes 75014
☎01・45・40・40・91
最寄駅 ALESIA
12~14:00 19:30~22:30
土・日・祭 休み
[PR]
by societebonne | 2012-07-03 21:20 | フランスのレストラン・カフェ