「ほっ」と。キャンペーン

タグ:アパルトマン ( 30 ) タグの人気記事

マルシェで花を買う/角野恵子@パリ

e0174436_20374154.jpg

東京のかとう殿、

さりゅー♪
なんて言いたくなるのも、もっともなくらい、
パリは先週からやけにあたたかいのです!
コートがいらないくらい!!

先週土曜日の、いつものマルシェ →で、
鮮魚はもとより、めずらしく花を購入しました。

花が家の中にある、って、いいよね。
それだけで何もかもが変わる感じ。
生花の気のおかげでしょうか。
そんなパリの春の勢いを、かとうに届けたいと思いました。
[PR]
by societebonne | 2012-02-27 20:43 | インテリア・暮らし

パリ郊外一軒家スタイル/角野恵子@パリ

雨のパリです。

このところインテリアの話題が続いているので、
せっかくだからだめ押し、します。

大人かわいい‼ パリの暮らし (オレンジページムック)

オレンジページ



『大人かわいい!! パリの暮らし』の、コラムページでお邪魔した
パトリシアさん宅。
実は去年、このブログに登場しています。 → こちら
『フランスからのフロマージュ便り』でも協力してもらったし!)
2010年を迎えるニューイヤーパーティは、
彼女の家が会場だったのでした。

その、ニューイヤーパーティで撮影した
彼女の住まい、
こんな感じです。

e0174436_17135632.jpg

郊外の一軒家なので、ひろいです。
しかし広くても、インテリア好きのすまいらしく、
細部にまで心地よい工夫がありました。
まず、このローテーブルテーブルがそれ。

飾る収納ですね。


e0174436_17121063.jpg


パトリシアさんのご実家は、代々パティスリーだったそうで、
アトリエで使っていたという古い整理棚を
このようにリビングで再利用していました。

e0174436_17102969.jpg


スペースがあるって、それだけで幸せなことだよなあ、
と、思わされます。
この広さはやはり、郊外の一軒家ならでは。
そんなことを、『大人かわいい!! パリの暮らし』のコラムで
お話ししておりますです。

「コラムもカラーだったら良かったのに!」
なんて、うれしい声も届いたのですよっ!!
ちゃこさん、ありがとー!)
郊外のライフスタイル、ぜひご覧になってくださいませ。

大人かわいい‼ パリの暮らし (オレンジページムック)

オレンジページ





***

〈 角野恵子のパリ通信 〉

サンジェームズ・パリとは?
やっとその正体が分かりました。
招待により。(・・・無言)
なにはともあれ、ごらんくださいませい!! → こちら
[PR]
by societebonne | 2011-11-04 07:24 | インテリア・暮らし

ブロカント、フランス版フリマで見つけたランプシェード/角野恵子@パリ

e0174436_23584827.jpg


イスタンブールを旅行するかとうの、
留守を守る、すみの@ぱりです。

☝ のランプシェード(といっていいのですよね?)、
田舎風で、よいとおもいません?
これ、毎年6月、わが町のあちこちで開催される
ブロカント(フランス流フリーマーケット)で購入しました。

似たテイストの洗面器と一緒に買ったら、
両方合わせて3ユーロにしてくれました。
ありがたきフリマ価格!
どちらも今、洗面所で使っています。

同じ日に、10ユーロでゲットしたシャンデリアも、
ちゃんと居間にとりつけてますよー!!


***

〈 ライター角野恵子のパリ通信 〉
栗の季節ですねー。
フランスのスーパーならどこでも扱っている
マロンクリームのことを書きました。
うまい、価格が安い、素材がシンプル、とくれば、私のみかたです。
[PR]
by societebonne | 2011-11-02 00:23 | インテリア・暮らし

『大人かわいい!! パリの暮らし』アンヌ・クレールさん宅①/角野恵子@パリ

大人かわいい‼ パリの暮らし (オレンジページムック)

オレンジページ



ソシエテボンヌ、東京のかとうの留守中を守る、
パリのすみのです。

長いこと投稿が滞ったので、今日は出血大サービス!(?)
『大人かわいい!! パリの暮らし』☝ の表紙を飾った
アンヌ=クレールさん宅の、ロケハン写真を公開します。

e0174436_23534020.jpg

イラストレーターのアンヌ=クレールさん、27歳。一人暮らし。
33平米、リビング、キッチン、ベッドルーム、バスルーム、トイレ、という間取りです。
e0174436_004222.jpg

リビングの壁は赤。
家具を黒で統一し、落ち着きを持たせています。
イケアのキャビネットに、黒のボックスを組み合わせて、引き出し風に。
e0174436_031913.jpg

デザイナーもののサイドテーブル。自分で組み立てます。
よく使う小物を上の段に、下の段には製作途中の編み物を収納。
e0174436_055275.jpg

キャビネットの上は、ちょっとしたディスプレースペース。
e0174436_091199.jpg

赤と黒という色の効果で、空間がすっきりスタイリッシュにまとまります。
e0174436_0181110.jpg

自宅が職場ということもあり、とにかく「片付いていること」が重要とのこと。
仕事柄、イラスト集やその他の本、制作中のデッサンや必要な道具など、どうしても物が多くて
片付けは永遠のテーマだそうです。
が、インパクトある色使いのおかげか、とてもすっきり見えますよね。
e0174436_0211977.jpg

書類関係は、専用の引き出しに整理。デスクのすぐ脇、というポジションも重要。
e0174436_0354291.jpg

メインの照明と同じ丸い形の間接照明。
夜の照明を下では、壁の赤が落ち着いてまったく別の表情になるそうです。
e0174436_028182.jpg

この家にある唯一の姿見がこれ。壁に直接貼り付けた、シンプルなもの。
向こうにキッチンが見えます。
e0174436_0312456.jpg

かなり狭いですが、ここも収納家具は黒で統一。
e0174436_0433561.jpg


e0174436_048082.jpg


e0174436_0512054.jpg


e0174436_0563984.jpg


e0174436_0535085.jpg


この写真を撮ったのは、去年のことだったか・・・
本の中ではまた、ちょっとした変化があるので、
ぜひとも本を手に、見比べてみてくださいませませ。

PS
〈 ライター角野恵子のパリ通信 〉に、我が家の日本手ぬぐいのことを書きました。 →こちら
パリの生活にとけ込んだ日本。
ごらんくださいませー。
[PR]
by societebonne | 2011-10-31 05:12 | インテリア・暮らし

センスがいいとほめられるインテリアのルール マリーさん宅/角野恵子@パリ

e0174436_1516850.jpg

東京のかとう殿、

3連休ですね、
パリは新しい1週間がスタートしたよ。
さて、『センスがいいとほめられるインテリアのルール』、ご好評をいただいているので、
ロケハン写真をアップすることにしました。
マリーさん宅、3年ほど前にロケハンしたときの写真なので、
本に掲載されている状態とはまた違っています。
インテリア好きがいかにマメに模様替えをしているか、驚かされますね。

***

「ルチェーレ!」でキッチンを紹介した、マリーさん宅です。
今回アップする写真のいくつかは、大和ハウスの冊子「マイ・ハッピー・ファミリー」でも使用しています。

玄関を入ると、すぐにキッチン。
その奥に、サロン、夫婦の寝室+バスルームが続きます。(うなぎの寝床風つくりのアパルトマン)
e0174436_15474062.jpg

サロンは、2つのコーナーに別れています。

ガラスの向こう、突き当りが夫婦の寝室。
e0174436_1517012.jpg

まず、サロンの「奥のコーナー」には、ナタリー・ニコラのロフトと同じような
棚兼ベンチを作りつけ。
マレの古いアパルトマンなので、天井はあまり高くありません。
おそらくそのせいで、低く暮らす工夫をしているのだと思います。
e0174436_15311433.jpg

ベンチの上には、柄違い、素材違いのクッションを
たくさん重ねて置いています。

マリーさんは内装スタイリストなので、
ファブリックのアレンジがとても好きみたいですね。

サロンの「手前のコーナー」。 壁の向こうがキッチンです。
e0174436_15173766.jpg

まるでメゾンエオブジェのショールームのよう。
壁紙、シャンデリア、床の毛皮……
e0174436_15433531.jpg

素材違いのカーテン ↓ 、チェアーはポニーかな?

中庭に面した2階と3階(日本流の)が住まいなので、
実はあまり日当たりがよくありません。
e0174436_1518821.jpg

それゆえ、極力壁を作らず、どうしても壁が必要な場合はガラス+カーテンで仕切る
という工夫がされています。
夫婦の寝室に作ったバスルームも、壁ではなくガラスで仕切り。
e0174436_1526930.jpg

こちらでも、ファブリック使いを楽しんでいますねー。
床のタイルも込みで眺めると、徹底した柄ON柄で攻めています。
女性的ラブリーな世界が大好きと見受けました。
e0174436_15373056.jpg

バスルームの洗面所のディテールです。
小物は黒で統一して、ごちゃごちゃ感を排除しています。
e0174436_16174312.jpg

上階には子供部屋が3つあります。
こちらもうなぎの寝床風。壁はなく、ガラス+カーテンで仕切られた部屋が続きます。
e0174436_16155141.jpg

一番手前が三女の部屋。(何歳だったっけな……)
e0174436_1623417.jpg

ブルーとグレーを貴重に、ところどころに暖色(照明など)を配しています。
e0174436_16342144.jpg

お隣は、次女の部屋。
天井の照明は、赤い星型でした。
e0174436_16464152.jpg

廊下側から見ると、こんな感じ。
e0174436_1655091.jpg

一番奥が長女の部屋です。

今気づいたのだけど、壁には収納が作りつけてありますね。
多分突き当りはバスルーム。
e0174436_16572440.jpg

ちゃんとシャンデリアがあって、おちゃめなトラの敷物がしいてあるのが面白い。
エスプリだけはお母さんの寝室、って感じ。
e0174436_1715133.jpg

以上、マリーさんの住まいでした。

色使い、ファブリック使いが面白いね。
それに、こった壁紙はかなり上級者仕様だと思いました。


***

追記:
ライター角野恵子のパリ通信に、
山梨の実家の菜園の様子、アップしました。→ こちら
フランスのアール・ド・ヴィーヴルと日本のそれ、比較してみてねemoticon-0152-heart.gif
[PR]
by societebonne | 2011-10-10 15:29 | インテリア・暮らし

『大人かわいい!! パリの暮らし』発売!/角野恵子@パリ

e0174436_18161675.jpg


東京のかとう殿、

ヌーヴェルエール! ここ、以前からずっと
行きたいと思っている店です!!!
今回かとうの写真をみて、絶対好き、と確信しました。
前菜の野菜をあしらった一品の、盛りつけの美しさ、
そして、すずき(カビヨか?)と思われる魚の、食欲をそそる焼き色!!
間違いない!

***

ところで、我が家に ☝ の本がとどきましたemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

『大人かわいい!! パリの暮らし』   /オレンジページ


昨日くらいからちょこちょこつぶやいているように、この本作りに、私も参加させていただきました。

手に取りやすいサイズといい、チャーミングな赤い表紙といい、
フランス語で言うアンティーム(親密な、個人的な)な感じ。
大切にしたくなる、かわゆい本です。
周囲のフランス人の友人たちからも、とても好評なのよ。うれしいわemoticon-0152-heart.gif

第一章「アパルトマンの小さな部屋」
第二章「収納上手のおしゃれな空間」
第三章「色使いが素敵なインテリア」
第四章「クリエーターの個性的な住まい」
第五章「パリ郊外の穏やかな暮らし」


それぞれの章に、今年の6月(つまり里帰り前ですね)、はりきって取材撮影した
お宅が登場しています。
第五章では、このBlogで目にした景色もちらほら・・・

また、ソシエテ・ボンヌとして取材をした住まい(『オレンジページインテリア』掲載)
も集められていて、ページを繰りながら、よりアンティームな気持ちになりましたわ。


e0174436_2044191.jpg感じのいい表紙は、篠あゆみさん作。
ラデュレワールドを女性らしい目線で切り取った、彼女のセンスが
この表紙からも感じられます。

ぜひぜひ、多くの方に
手に取っていただきたいですemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gifemoticon-0152-heart.gif

?? 表紙クリック!「立ち読み」もできます。
[PR]
by societebonne | 2011-09-09 04:35 | 本・ホームページ・音楽・映像

マルティーヌ・カミリエリさん、夏のテーブルアレンジ/角野恵子@パリ

e0174436_2312855.jpg

東京のかとう殿、

大変そうだけど、大丈夫かえ?

フロマージュ・ドゥ・フランスの、『フランスからのフロマージュ便り』が更新されました。→  

今回はホームパーティの様子をお伝えしています。
 ↑ のテーブルも登場しますよ!
マルティーヌ・カミリエリさん宅です。

夏!ってことで(多分ね)、アフリカンなテーブルアレンジになっていました。
彼女の暮らしは工夫がいっぱい。
しかも身近なものを使っているから、とても親しみがもてます。 (詳しくは ↑ 『フロマージュ便り』を)
「素敵な暮らしは、お金よりもセンス」と、教えてくれる。
センスというか、心がけ、かなあ。
「自分の人生を楽しもう!」という。

2006年、ソシエテ・ボンヌは、
マルティーヌさんの家を取材しています、ねーっemoticon-0152-heart.gif
オレンジページのインテリア雑誌、『オレンジページ・インテリア』に掲載。

その後、マルティーヌは家の半分を売って、残りの半分を大々的にリフォームしたのですよ。
リフォーム後の住まいの様子は、雑誌『ジョルニ』 の、6号で紹介しました。

結構何度も遊びに行っているけれど、↓ のランプがともされた様子は、
この時、はじめてみました。
e0174436_2331916.jpg

マルティーヌの初期作品です。

中古の壊れたランプ + 捨てるはずのままごと道具
= キュートなシャンデリア!


になってしまうのだから、マルティーヌはやっぱり天才だ!

彼女の著書のいくつかは、日本語にも翻訳されています。
マルティーヌのテーブルコーディネート
マルティーヌのおもちゃインテリア


ホームページはこちらです → Martine Camillieri


***

おまけ

e0174436_3595063.jpg

マルティーヌのキッチンで見かけたこのワイン。

おおーっ!!
やっぱり暮らし上手は、これよこれ!
この本 →  でも、紹介したよね!!!(つーか表紙がモロにこれだわ)
[PR]
by societebonne | 2011-06-22 14:54 | インテリア・暮らし

アパルトマンの壁、塗り替え続いております。/角野恵子@パリ

e0174436_2045165.jpg

東京のかとう殿、

撮影続きなのに台風の影響があったりで、大変みたいですね。
パリは今日も快晴…… 
さすがに街路樹の葉は、焼けたようになっています。かわいそう。

この週末は、子供部屋の塗り替えはしませんでした。
もうひといき!というところで、ちょいとサボりモードです。
でも、小さなグリーンを買ったら、さっそく麻衣子に奪われましたよ ↑。 ちょっといい感じよね。
早く完成させて、もっと思う存分、インテリアつくりしてもらいたいものです。

来週、壁の2度塗りを仕上げて、洋服の棚も白く塗って、
いよいよ完成!となりますように。
また、生ビールのTシャツ着てもらわないと。 →


追記:
グリーンの横にある霧吹きは、
オーガニックのガラスクリーナーの容器を再利用して、
グリーンの水やり専用にしたものです。
ハンドルタイプの豪快な霧吹きを、ずっと探していたのだけど見つからず、
「そういえばこれ」と気づいたのでした。
中身は水、とわかるように、緑のテープでラベルを覆い。

ほかにも、ハウスクリーナー用のお酢も、同じように霧吹きにつめて使っています。
もちろん、ガラスクリーナーの空き容器にね。
[PR]
by societebonne | 2011-05-30 20:13 | インテリア・暮らし

C like ... ホテル・ドゥ・クリヨンのマスコット/角野恵子@パリ

e0174436_21242573.jpg

東京のかとう殿、

よーくご覧ください ↑。
黄色い糸で刺繍した「C」の文字。
上に、王冠があります。

これ、ホテル・ドゥ・クリヨンのマスコット、ぞうさんです。
おしりに刺繍というのがキュート。
こちらの → hote de Crillonサイトにも登場している。(このサイト、音がでますよー)
e0174436_21224323.jpg

私は小型のやつしかもっていないのだけど、大きいのもかわゆいね。
とても手触りがよいです。

ブリストルはうさちゃんなんだよね。
ムーリスは犬。

なんかこういうお土産コレクションも楽しそうだ。



PS
先日発表されたフランスの「パレスホテル」、
クリヨンが入っていなかったのだよね。リッツも、ジョルジュサンクも。
で、なぜかパークハイアットがパレス入り。
「理解できない」という声が多いそうです。
[PR]
by societebonne | 2011-05-20 19:10 | パリのおみやげ

窓辺のジェラニウム /角野恵子@パリ

e0174436_13524431.jpg

東京のかとう殿、

おはよう。

今朝の我が家です。
てっちゃんが外を眺めています。
朝7時頃の空気は、なんとなくブルー。
そういえば、『限りなく透明に近いブルー』ってあったね。

かとうの家のヴェルヴェンヌのように、我が家のジェラニウムも冬を越え、花を咲かせました。
完全にかれたと思っていたから、若葉を見たときは嬉しかった。
6株中2株が健在です。
[PR]
by societebonne | 2011-05-20 14:00 | インテリア・暮らし