タグ:セバスチャン・ゴダール ( 4 ) タグの人気記事

セバスチャン・ゴダール /カトウ@東京

ようやく、セバスチャン・ゴダール氏の新しいお店の話です。

e0174436_21231213.jpg


このお菓子を、すみののブログで見たとき、
力みがなくて、まっすぐで素直な感じのお菓子だなぁと感じました。
そして、実際に行ってみても、そう。

端正で、上品。
今まで、ぴったりな言葉が思いついてなかったけど、
改めて見ているうちに、『清楚』って言う言葉がぴったりかもと思いました。

e0174436_2123305.jpg


「どうだ!」っていう、強い主張はないけれど、
ひとつひとつからは、どことなく芯の強さは伝わってくる感じ。

色も、フルーツや素材本来が持つ色しかなくて、
最近のパティスリーの華やかな色彩は一切ありません。
それが、さびしい、つまらないと思う人もいるかもしれませんが、
私は、そこに感動し、すばらしい!って思いました。

e0174436_21231992.jpg


これを作っている、セバスチャン・ゴダール氏。
すみのの、ブログにも何回か登場してますし、
私も2回ほど、ご自宅にお邪魔して取材をさせてもらったことがありました。

当時は、ボン・マルシェのエピスリーの2階にあるデリカバーで、
かなりとんがったお菓子を作っていましたが、
今回は、その真逆ともいうべき、コンセプト。
昔ながらのお菓子を、アレンジを加えず、とにかくおいしく作る。
すみのが熱く語っています→

昔ながらとはいえ、
キーンとくる甘いお菓子では、ありません。
アレンジはしないけれど、
現代人の舌にちゃんと合う味に高めてはあるのです。

私は、とにかくやさしい味だと感じました。

ハレの日のお菓子ではなく、
暮らしに寄りそう、日々のお菓子。

どうだ! おいしいだろう!って押しつけはなく、しみじみおいしいのです。
とっても、好きでした。
最近、パリで新しいお店に行っても、
なんとなくスタンプラリーみたいに、行った、見た、食べたってことだけで、満足し、
また行こうってお店は、案外ありそうでないのです。


e0174436_21232046.jpg


ここは、また、絶対行くと思います。
(っていうか、遠いホテルだったのに、短いパリ滞在の間に2回行きました)

お店のデザインも清楚&端正 + 優雅って感じ。
店員さんも、ひとりはちょっと清楚系、おとなしめのフランス女子。
(珍しいタイプでは?)


e0174436_21232276.jpg


すみののおかげで、厨房の中も見せてもらえました。
奥半分と地下。かなりゆとりを持った空間で、
「中庭があるんだよ~」と、ゴダール氏自慢げでしたね。

e0174436_21233621.jpg


すでに日本人のスタージュのかたもいらっしゃいましたよ。
さすが、早いですね。
そして、目の付けどころがいいなぁ、なんて(笑)。

e0174436_21234073.jpg


ネット検索すると、味は案外普通、見た目は地味って書いてる人もいますが、
それは、つまり「これで、どうだ!」的力が入ってなくて、
押しつけがましくないってことなんじゃないかと、私は思います。

e0174436_2123444.jpg


もちろん、タルト・オ・シトロンも、かなり美味でしたよ!
酸味も、とろけ具合も。生地のさっくり加減も。

以下、情報は、すみののブログから、コピペです

Pâtisserie des Martyrs de Sébastien Gaudard
22, Rue des Martyrs
75009 Paris
Tel : + 33 (0)1 71182470
Fax : + 33 (0)11182469
Mardi au vendredi de 10h à 14h et de 16h à 20h (営業時間:火〜金曜)
Samedi de 9h à 20h(営業時間:土曜)
Dimanche de 9h à 14h00(営業時間:日曜)
定休日:月曜
[PR]
by societebonne | 2012-05-31 17:08 | フランス人とホビー

紙包み/加藤@東京

パリの、すみの様

すみののブログを見ていたら、
まったく同じものに着目していて驚きました。

e0174436_7593735.jpg


最近のパリのパティスリー、
日本のケーキ屋さんのような立派な箱に、
ずれないようにいろいろ工夫して詰めてくれるところが増えました。

が、先日のパリ旅のとき、
セバスチャン・ゴダールの店で1個だけケーキを買ったら、
↑ のような三角包み。
懐かしいなぁと思って、撮影していたのでした。

ホテルまで持って帰った後なので、ちょっと崩れてしまっております。
この紙ひとつで箱っぽく包んでくれる技術、
大昔にパリに遊びに行ったときに、感激したんだけど、
本当にひさしぶりに見ました! 
すみのブログでは、さらにかわいい包み方が見られます →

セバスチャン・ゴダールのパティスリーについては →
[PR]
by societebonne | 2012-05-13 15:46 | フランスの食&お惣菜

セバスチャン・ゴダールのパティスリー(の床!)/角野恵子@パリ

e0174436_19304943.jpg

東京のかとう殿、

タルタルステーキ!!
ときめいていいますねー!!!(笑)
そしてブダンとタルタルが禁止された日本、もしやカルパッチョも
食べられないのでしょうか・・・
かくいうフランスでも、私が引っ越して来てからのわずか15年間に、
生乳チーズと豚肉のパテが原因で、
死者が出ています。
が、その度に「生乳(無殺菌乳)チーズの伝統を守る!」等の動きが活発でした。
そして今でも、フランスでは生乳(無殺菌乳)チーズが流通し、
豚肉加工品も日々、食されています。 
「やっぱパテとピクルスのサンドイッチは最高!」とかね。
(注:生乳と無殺菌乳の違いがよくわからないので、上のように書きました)


さて、話を今回の話題に戻すね。
上の写真を、床フェチのかとう、あなたにプレゼントします。
バレンタインに間に合わなくてごめん。(笑)
『パティスリー・デ・マルティール』の床です。

日本でも情報通の皆さんは
すでにこのお店のこと、ご存知ですよね。
パティシエのセバスチャン・ゴダールさんが、去年11月末にひらきました。
お店の情報は、恐れ入りますが『角野恵子のパリ通信』
こちらをご覧くださいませ→

セバスチャン・ゴダールさんといえば、
ソシエテ・ボンヌには思い出深い存在。
かとうがパリにいた頃、何度彼の家にお邪魔したことでしょう。
仕事したよねー!!
『ポパイ』のパリの部屋特集に、ご登場いただいたことも・・・

そんな懐かしの彼の新しい店の開店を祝うため、この間ようやく出かけたのです。
そしたらなんと、本人が白い上っ張りを着て、
店で接客をしていました。
感激です。
そう伝えると
「自分の店なんだから、当然だとおもうけど」
と。

さすが、地方の名店パティスリーに生まれた息子さん。
お父さんやお母さんの働く姿を見て、成長したのでしょうね・・・
ちなみに彼の店には、お父さんのスペシャリティーがあるのです。
これはまた次回に。

というのも、是非アップせねばならない写真があるのですよ、こちら ↓ !!
e0174436_19345474.png

大きいでしょ!
せっかくなら、店で働く彼の姿を撮影したいと思い、
「写真をとらせてー!」とリクエストしたのですが、
「今日は(ぶつぶぶ)・・・ 後で写真を送るよ」
とのことで、送ってくださったのがこのデータ。
重かったですが、
しっかりブログにアップしましたよ、セバスチャンさん!!!
[PR]
by societebonne | 2012-02-16 00:24 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

パティシエ、セバスチャン・ゴダールさんのアーバンピクニック/角野恵子@パリ

e0174436_4494241.jpg

「都会的」という言葉がぴったりのリビング。
パティシエのセバスチャン・ゴダールさんの住む、アパルトマンです。

9月1日発売のデリシャスVol3紙面で、ゴダールさんの提案する「アーバンピクニック」をくり広げてもらいました。
パリのアパルトマンで楽しむ、リラックスしたピクニックシーンを是非ご覧ください。
秋の行楽に役立つおしゃれなレシピも満載です。
(さすがパティシエ、レシピのすばらしさは非の打ちどころがありませんでした)

テーブルの演出も、なかなかしゃれています。
ものすごくゴージャスだったり、デザイナーもので固めていたり、ではないところに好感が持てます。
要はセンスだと、今回も実感しました。

このあっさりした写真と、実際のページとを、比べると楽しいですよー!
[PR]
by societebonne | 2009-09-02 05:03 | 本・ホームページ・音楽・映像