タグ:パティスリー ( 68 ) タグの人気記事

ピエール・エルメのクリスマス2009/角野恵子@パリ

e0174436_1423322.jpg

9月24日、ピエール・エルメのクリスマスコレクション発表会へ行きました。
会場はcité de l'architecture et du patrimoine(建築・遺産博物館)の屋上。 雑誌エル・デコとの協賛で、時代の風を反映させたノエルのテーブルが演出されています。

ここにディスプレイされているエルメのアントルメやガレット・デ・ロワを、白いテーブルコーナーで試食。
e0174436_1414137.jpg

もちろんロゼシャンパンと一緒!
気になるケーキだけ注文すればよいのですが、全部気になりますよね。だから全種類を少しずつ……
(「少し」が十分に一人前の分量なのも、フランス流)

まずは、キャラメルしたてのビュッシュ・ド・ノエルから。
e0174436_14171167.jpg

フイユテ、プラリネのクリーム、キャラメル……と層になった、何工程もある手の込んだ仕事をご覧ください。
キャラメルは味わい深く、でもくどくはなく、全体的には軽さもあって、その加減が絶妙です。

続いてチョコレートのビュッシュ。デザートといえばチョコレート!の国ですよね、フランスは。
e0174436_14223276.jpg

カシスが入っています。濃厚で上質なチョコレートムースを、カシスの酸味が心地よく中和。
このビュッシュも、さきほどのキャラメルビュッシュ同様に、筒状のドーム型に仕上げてあります。

ビュッシュの原型は、薪に見立てたロールケーキなのですが、ここ数年ロールケーキではなく
スポンジとムースを重ねて、かまぼこ型に仕上げたタイプが主流になっています。
(これはそのへんの街のパン屋でも同じ)
ムースで軽く、が時代のニーズであるのと同時に、ロール型に仕上げるのは地味なわりに技術のいる作業なので
楽な方法に切り替えるパティシエが多いのかな?と想像しています。

さて、個人的に一番気になるフイユテは……
e0174436_1433749.jpg

私好みの「味わい深い」フイユテ!かめばかむほど味わいが広がり、たんにサクっと軽いだけではありません。
でも、もちろんちゃんとサックサク。パーフェクトです。
キャラメル仕立てのクリームと好相性でした。このクリームも、いいんですよ、また。
フイユテとクリームの分量のバランスも、非の打ちどころがありません。
一番下の層のプラリネは、味のアクセントと独特のシャリシャリ感を添えていました。

「……なんだ?」と思っていた、中央の黒いマカロン。なんと!
e0174436_14395498.jpg

トリュフマカロンとリオレです!
実物はドーム状のアントルメで、表面が黒いマカロンで覆われていました。
黒マカロンの下に隠れた実体が、リオレ(お米を牛乳とバニラ、砂糖で煮たおやつ)なのです。

このデザート、見た目の印象を裏切って感動でした。
リオレは、「パリで『うちごはん』」でも紹介していますが、庶民のおやつ・デザートの代表格で、
シックとは無縁の存在です。
それをトリュフ風味(本当にあのきのこの香り!)のマカロンといっしょにいただくと、他の軽くて上品なデザートにはない面白みを発揮する。

日本人の私にとってはなつかしのお米、そして多分、これを食べるフランス人にとっては、なつかしのおばあちゃんの味……
と想像すると、このデザートを作ってしまったエルメさんは、やっぱりすごいわ、と思わずにいられませんでした。
クリスマスは、日本のお正月のように、家族が集まるあたたかい行事です。
食べた瞬間和んでしまうデザートは、きっとみんなを幸せな気持ちにしてくれることでしょう。

で、最後はガレット・デ・ロワです。
e0174436_14535768.jpg

以前エフィルのブログにも書きましたが、このケーキの重要なポイントはフェーブ!
といったらパティシエの皆さんに申し訳ないのだけど、でも本当に重要です。
この日の時点では、フェーブについてはノーコメントでした。どんなフェーブになるのでしょうね。
ガレットそのものは、オーソドックスでクラシックで、まったく期待を裏切らない出来上がりでした。
オレンジウオーターがきついと「違う!」と思うし、アーモンドパウダーの餡がほっこりしていないと、また
「違う!」と思うし、このお菓子は「こうあって欲しい!」という個人個人の思い入れが大きいような気がします。
エルメのガレットは、文句なしに満足させてくれました。

正直、今まではそんなにピエール・エルメ製品のファンではなかったのですが(彼本人は好きです)、やっぱりすごいパティシエなんだなと実感です。
このレベルを量産できる、というのもまた、すごい。

ところで、会場からの眺めも素敵だったのですよ。
e0174436_15114770.jpg

パリを一望。
「借景」って、ものすごい贅沢だと思います。

最初の写真でお見せしたエル・デコのプレゼンにも、実は素敵な借景なのです。
e0174436_15133559.jpg

「パリで『うちごはん』」にも登場するアスティエ・ドゥ・ヴィラットの伝統的なスタイルの食器に目がいきまよね。
でもよーくみると、この部屋そのものの装飾が、ゴージャスな館の内装をプリントした壁紙であることに気づきます。
暖炉や円柱がモノクロ印刷され、壁紙になっています。
これは実にシックで、モダンと伝統をセンス良く融合させるエル・デコ読者に支持されるだろうなー、と
ひとり感心していました。
私のようなものでも、取り入れたいと思ってしまったほど気に入ってしまったこのヒミツ壁紙、大流行したドメスティックの進化版、ですよね。

そんなわけで、大きな借景を取り入れる前にまずはパソコンの壁紙から、と先日も見事なシャンデリアを撮影したのでした。

さて、かとうに散々心配をかけた田舎でのバカンス(?)も終わり、パリ郊外の自宅にもどっています。
日本のお盆同様に親戚が集まるトゥーサンのバカンス。
山は見事な紅葉でした。
黄色い落ち葉が空を舞い、まるで詩の中を歩く気分でしたー……


PS
9月の情報をなぜ今頃アップするかというと、エルメの広報責任者の希望で
11月まで待つことにしたからです。
[PR]
by societebonne | 2009-11-03 00:14 | パリの最新情報

アンジェリーナのマカロン/加藤@東京

e0174436_9332378.jpg


すみのがついに、フランスへと戻りました。
これから、また、パリ←→東京往復書簡です。

*****
アンジェリーナがリニューアルしてるという話を聞いてましたが、
あまり興味がなかったので、行くつもりはありませんでした。

が、たまたま通りかかったので、とりあえず、入店。
あんまり変わったとは、感じなかったけど、全体に明るくなったのかな?
パティシエが変わっただけなのかな?

ふと、マカロンが目に入り、アンジェリーナといえば、モンブランなので、購入。
1個だけなんて、日本ではなぜか恥ずかしくてできませんが、パリでは平気(笑)。

というわけで、歩きながらパクリといただきました。
ケーキは、大きすぎてつらいので、ちょうどいいサイズ。
アンジェリーナの、モンブランの味は十分に堪能できるので、
私にはこれで十分だな、うん。
[PR]
by societebonne | 2009-08-18 09:47 | パリのおみやげ

Joyeux anniversaire !/角野恵子@山梨

e0174436_13241682.jpg(ハッピーバースデーのメロディーで)

♪ ジョワイヨ・ザーニーヴェルセール

ジョワイヨ・ザーニーヴェルセール

ジョワイヨ・ザーニーヴェルセール Keikoー!

ジョワイヨ・ザーニーヴェルセール ♪


ワー!ぱちぱちぱちー。



本日7月28日、41歳の誕生日を迎えました。
よい年月を重ねられることに感謝しつつ。

写真は、今年4月の美奈(次女、9歳)の誕生会の模様。
La Petite Rose に注文した、フレッシュ・フルーツたっぷりのタルトがバースデーケーキでした。

フランスの子供たちの誕生会には、風船がつきもの。
ドアや庭の入り口に色とりどりの風船が飾られていたら、
それは「今日、ここでバースデーパーティがありますよ」というしるしです。
今年は準備が行き届かず、紙風船で代用しました。
部屋のデコレーションは子供たちが担当。
e0174436_13314233.jpg

ものすごくざっくばらんな暮らしぶりが丸見えですが、子供部屋のドアに
JOYEUX ANNIVERSAIRE (誕生日おめでとう!)
の飾りがついています。これも子供たちの作。
友達が集まって、プレゼントを開いて。最高の瞬間ですよね。

La Petite Rose
11, Boulevard de Courcelles
75008 Paris, France
Tel. 01 45 22 07 27‎


e0174436_13395799.jpg
こちらは去年9月の麻衣子(長女、10歳)の誕生日の一部。
ベビーシッターのクリスティーナが、
Bon Anniversaire Maiko
とパズルになったクッキーを、手作りしてくれました。






さてと、今年の私の誕生日はどうすごそうか。
今現在、実家には近所の女性が6人も集まって、今晩の寄り合いを準備中です。
41歳初日、いいスタートをきりたいが……
[PR]
by societebonne | 2009-07-28 13:44 | インテリア・暮らし

私のマカロン論(究極のマカロン)/角野恵子@山梨

e0174436_16402968.jpgマカロン……空前絶後の大ブーム、といったら大げさすぎるでしょうか。
が、パリはもちろん東京でも、ずいぶん流行しているなあと、いろんな場面で感じています。

今年2月に発売された家庭画報で、パリのマカロン特集のコーディネートを担当させていただきました。
その1年位前から、マカロンには個人的に関心を寄せていて、例えば
「こんなに猫も杓子も作っていて、しかも限りなくバリエーションの広がるマカロンだけど、メゾンごとの名物マカロンってなんだろう」
などと、気にしいしい日々を送っていたのです。

マカロン特集に向け、パリのさまざまなパティスリーのマカロンを、それこそ一気に食べました。
そして、私なりに到達した答えは、

「マカロンとは、モコっと盛り上がった形状で、生地はもちっとし、口の中で餡になるもの」

例えば、エルメやラデュレのように、平べったい形をしたメレンゲ度の強いマカロンは、私にとっての本当の伝統的マカロンではない。
マカロンの材料はアーモンドパウダー、つまりナッツなので、アラブ菓子や日本のあんこに劣らないぼってり感が出て当たり前でしょう。でもそれは、あくまでも「口の中で」のこと。
表面はカリリと、軽く焼きあがっていなくてはなりません。(えらそうでごめん)

マカロンの原型は、間に何も挟んでいないボーロのようなものだったと言われています。

それを二つくっつけただけの昔風マカロン(大きさはドラ焼き程度)は、今でもパリのパン屋さんで見かけます。
中にクリームがなくたって、アーモンドパウダーをふんだんに使った生地は口の中で餡になる。これが単純ながら、かなりうならされるおいしさなのです。

話がちょっとそれましたが、現在一般的になっている小さいサイズのマカロンの中で、私が一番好きなのは、ホテル・フーケッツ・バリエールオリジナルの、「マカロン・ミルフィーユ」(写真上)。
諸情報は本誌をごらんいただくとして、このマカロンの魅力は、ミルフィーユをマカロンに再現するという新しい試みを、正統派の伝統製法で実現しているところ。
まわりに散らしたフイユテはサクサク、中の上質バタークリーム(絶品です)の中央にはとろけるキャラメルが仕込んであり、まさしくミルフィーユの魅力を余すことなく表現しつつ、しかも、口の中で餡になる確かなマカロン的存在感を備えている。
ひとつ食べるともうひとつ、と、手を伸ばさずにはいられません……

e0174436_164165.jpg

そして、これもまたすごいと思うのが、ラデュレのマカロン。
これだけ確固としたマカロン論をもつ私も、ラデュレのマカロンを食べると「やっぱりおいしいな」と思うのです。

最近登場したラデュレの新パッケージはこちら。
ラデュレ社長の愛犬がモチーフになっています。
その名も「マドモワゼル・フィフィ」。ううーん、かんわゆい。
[PR]
by societebonne | 2009-07-07 16:49 | パリの最新情報

マカロンを超えるか?!パリをにぎわすカップケーキ/角野恵子@パリ

e0174436_5232765.jpg

去年、マレ地区を歩きつつ見つけたカップケーキの専門店Berko
店内のウインドーは、お花畑さながらです。

以来、百貨店ギャラリーラファイエットのグルメ館に登場したことが話題になったり、
雑誌LE FIGARO Madameでカップケーキモチーフのデコレーショングッズが特集されたり。

日本人の私たちにとって、カップケーキは子供の頃からのおなじみですが、
フランス人にとってはまったく新しい存在です。
もちろんフランスにもカップ入りのお菓子はありますが、
たとえカップに入っていても、これらはあくまでガトーショコラやモエルーオショコラ、
つまりフランスの定番菓子なのです。

「じゃあ、何がカップケーキなの?」ということになります。
フランスでは、上の写真のようにラブリーなトッピングをされたものを、カップケーキと認識している様子。

ちなみに、マカロンは相変わらず大流行で、なんとça m'enerve (サ・メネルヴ!むかつく!)という現在ヒット中の曲に歌われているほど。

「ラデュレに行列するやつら。むかつく!
ただマカロンのために!でもおいしいらしいね」


ラデュレのマカロンは、「評判のお菓子」という枠を超え、今や社会現象なんですね。

で、マカロンがどうしてこんなに流行したか、というと、

「小さいので、ひとつ又ひとつと、いろいろな味を楽しめる」

「数限りないバリエーションを作り出すことができるので、飽きることがない」


というのが、パティシエたちの意見です。(マカロン特集を担当した際の情報)
確かにそうだな、と思います。

そして今、話題となっているカップケーキ、これは第二のマカロン狙い?

見てラブリー、食べてうっとり。スウィーツはこうでなくっちゃ!

以上、ちょっとしたパリのブームをお伝えしました。

Berko
23, rue Rambuteau
75004 Paris
tel. 01 40 29 02 44
営業時間 10時~20時(日10時~19時)
月曜休
[PR]
by societebonne | 2009-04-29 05:32 | パリの最新情報

マルシェにボン・マルシェのお菓子/角野恵子@パリ

e0174436_17132216.jpg昨日の土曜日も、春らしいいい天気でした。なので又、マルシェへ。
暖かくなると、マルシェにたつスタンドの数が増えますよね。天気は良いし、にぎやかだし、さらに買い物が楽しくなります。
ぶらぶら歩いていると、おや?
これはパリの老舗デパート、ボン・マルシェの食品館ラ・グランド・エピスリー・ドゥ・パリで売っているお菓子では。
なんとこのムッシューが、ブルターニュ地方にある工房で焼いているのだそうです。


フィナンシエとメレンゲが数種類ずつ。
どれも保存料・着色料を使っていません。
「メレンゲのほうは、オーガニックの指定を取る予定だよ」とのこと。
味見をさせてもらうと、口の中ですーっととけるやさしいテクスチャー……
がりがりっとしたイメージがある一般のメレンゲとは、かなりかけ離れていました。

いつものマルシェで、パリの左岸の高級デパート、ボン・マルシェの商品を発見し、しかもその作り手に会えるなんて、ちょっとびっくりです。
ラ・グランド・エピスリー・ドゥ・パリは、「パリでうちごはん」でも力を入れて紹介したので、ごらんいただけると嬉しいです。
(ちなみにこのムッシューのお菓子は、タッパー入りなので日本に持ち帰りやすいという利点もあります。近々エフィルのブログで詳しく紹介する予定)
[PR]
by societebonne | 2009-03-22 17:18 | マルシェ

ピエール・エルメ「マカロンの日」速報/角野恵子@パリ

e0174436_2583641.jpg

Jour du Macaron
ジュール・デュ・マカロン=マカロンの日の今日。
ピエール・エルメ氏のサイン会にかけつけました。
日本では「マカロン・デイ」と呼ばれている気がします。実際はどうですか?
例によってエフィルのブログでレポートしています。
是非ご覧くださいませ。
売り場はご覧の通りの人だかり。
「35」の帯がかかっているのは、今年初登場した限定ボックス。
全フレーバー35種類のマカロンが入った、35個入りです。
この日は店員さんも、「マカロンの日」のロゴ入りエプロンをしています。
[PR]
by societebonne | 2009-03-21 03:03 | パリの最新情報

明日、3月20日は「マカロンの日」/角野恵子@パリ

加藤さま、

さまざまなフォローをありがとう。e0174436_20341674.jpg
私も今、
加藤さんのはってくれたリンクから
Novaを聞きつつ書いています。
以前パリのオフィスに勤めていた時は、
フランス人がよくこうしてパソコンでラジオを聴いていました。
もちろん仕事中にね。

さて、明日3月20日は春分の日。
フランスでも「春がやってくる日」とされていています。
でも日本と違って祝祭日にはならず、
その代わりに(?)、ピエール・エルメが「マカロンの日」というのを始めました。
今年で4年目になります。
でも日本のショップでは、4月1日に開催するのだそうですね。
お彼岸のおはぎ(ぼたもちだっけ?春と秋で名前が変わるのよね)と張り合うのを避けたのかな。

マカロン、本当に人気ですね。
パリのパン屋さんのマカロンは、実直な味わい。
「はー、マカロンとはこういう食べ物だったのか」と思わされます。
写真はそんな一例。奥にある大判マカロンにもご注目いただきたいです。
あと、ホテル・フーケッツバリエールのマカロン・ミルフィーユは最高です。
[PR]
by societebonne | 2009-03-19 20:34 | パリの最新情報