「ほっ」と。キャンペーン

タグ:パリ郊外 ( 52 ) タグの人気記事

2013年、よい1年に/角野恵子@パリ

e0174436_22573173.jpg

東京のかとうへ、

思い出しましたよ、かとうが東京で食べさせてくれたチーズの
あの奥深い味わい。
どういうシチュエーションだったのかは、まったく覚えていないのに
(失礼、年のせいなの???)
味や香り、ちょっと乾燥した感じのテクスチャーは、
よく覚えています。
こんな私ですが、本年もよろしくお願いします。
三が日は過ぎてしまったので、そっと新年のご挨拶です。

写真は、編み物に戯れる愛猫テト。
以前かとうに贈ったショールと同じ毛糸の、グレーのものです。
これを2本取りにして編むと、それはそれはゴージャスなショールになるのじゃ!
一昨年、フランスの親戚に編んであげたらとても好評だったので、
この冬は自分用に編みました。

ついでにもひとつ、編み物の話をすると、
友人の赤ちゃんにもカーディガンを編んであげた。
どうしてもクリスマス前に完成させたく、猛スピードで仕上げました。
そしたら1歳用のはずが、5歳でも着られそうな大きさに・・・
ちゃんとゲージをとってからでないと、サイズのあるものはうまく行かないね。
(って毎度思うけど、やったためしがない)

編み物は、忙しい時にはできないけれど、
編んでいるときは頭の中がスッキリと、いい感じです。
これからすべきことが、はっきりと、整理される気がする。
それが、目先の掃除や片付けだったりすることもありますが、
猛烈な出来事を渦中からではなく、その猛烈さの全体を眺め渡せる位置から
観察して判断し、行動をして行くのに、
編み物というプロセスが手助けしてくれる・・・ こともあると思います!
だから、凝った編み物は好きじゃないよ。
疲れますから。


良い年にしようね!!
[PR]
by societebonne | 2013-01-05 00:11 | 近況&その他

2013年 ,我が家のクリスマスツリー/角野恵子@パリ

e0174436_17465640.jpg

東京のかとうへ、

どーです、2012年我が家のクリスマスツリー!
どんな飾り付けにしよう、と悩み、
最終的にスーパーで買えるデコレーション用チョコレートを使いました。
私らしいツリーだと思っています。
(ラグジュアリーを目指したが、無理だった)

こうしてパソコンで作業をしている真横にツリーがあるので、
森の中のような良い香りがするよー。
クロロフィル&マイナスイオンむんむん。
フランスの冬は寒く、グレーの空が続くので、
こういう工夫をして、厳しい季節をなんとか明るく過ごそうとした
先人たちの知恵を実感します。(まったく見当違いだったら申し訳ない)

ツリーを買うのはこんな具合 → 
今年は素手で抱えて持ち帰りました。

ついでに、今年、パリに初登場の3Dイルミネーションはこちら → 

華やかなツリー、素朴なツリー、(& 我が家のような手抜き? ツリー)
いろいろあって、それぞれがチャーミングだと思います。
自分たちでくふうしながら飾り付けるツリーは、
どんな状態に仕上がったとしても世界一だよね。

メリークリスマス!
[PR]
by societebonne | 2012-12-21 04:20 | インテリア・暮らし

パリ祭の花火、パリ郊外の我が家から/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_9534398.jpg

東京のかとうへ、

山梨におります!
暑いですね。
そして毎日、温泉へ行っています。
これぞ、私の望む夏休み。

写真は7月14日、パリ郊外の我が家の窓から見た、パリ祭の花火。
エッフェル塔のふもと(左)と、もう1カ所別の場所(右)で
同時に花火があがっていました。
我が家からは結構頻繁に、花火を見ることができます。
セーヌ川の「印象派の島」で、コンサートイベントなど開催されると
締めくくりは必ず花火なんだ。

さて、これからしばらく、角野恵子@山梨。
フランス情報を意識して、Blog更新しますねー!
[PR]
by societebonne | 2012-07-25 09:55 | 近況&その他

フランスのホワイトアスパラガス/角野恵子@パリ

e0174436_2435237.jpg

東京のかとうへ、

もう1ヶ月以上前の写真かもしれませんが、アップします。
スーパー「モノプリ」で購入した、ホワイトアスパラガス。
フランス産で、これで1000円程度でした。

今年、私は例年に増して、アスパラガスを食べました!
白、グリーン、紫、いろいろと。
なぜかというと、例によってワイン評論家のミッシェル・ドヴァーズさん宅へ遊びに行った時に、
白と緑、2種類のアスパラガスをちょいちょいっと蒸し、
マヨネーズを手作りして出してくれ、
それがあまりにも美味しかったから。

もちろん私だって今までも、季節になれば数回は
アスパラガスをマルシェで買って、茹で、食べていました。
が、あのドヴァーズさんの「ちょいちいっと」の感じ、
よかったわー。
全然面倒くさくなく、あんなに美味しいものを、すぐに食べられるなら、
自分でもやらないては無いよ、と思ったのです。

e0174436_21102872.jpg

で、マヨネーズも作りました。
ぼてっとした粘りは出ませんでしたが、味はさいこー!
ゆでたてのホワイトアスパラガスをちょいとつけ、かじると、
もうたまらん美味しさです。
そんなわけで、写真が中途半端になりました。

こういう瞬間が、私にはとても贅沢に思えます。
アスパラガスは必ずフランス産、できればマルシェで露地物を買うようにしてます!

***

追記;
なぜ「アスパラガスは必ずフランス産、できればマルシェで露地物を買う」かというと、
できるだけ近所でとれたもののほうが、はるかに美味しいからです。
日本では日本産がよいとおもいます!!
[PR]
by societebonne | 2012-06-22 00:23 | フランスの食&お惣菜

パリ郊外の夕焼け/角野恵子@パリ

e0174436_062190.jpg

東京のかとうへ、

続々の更新、たのしいわー!
次はどんなお話か知らっ!!emoticon-0152-heart.gif

そんなかとうへ、私からパリ郊外の夕焼けを。
我が家のキッチンの窓からの眺めです。
夕焼けのこと、ネットで調べたところ、夕焼け、というものは、
空気中に「障害物」があることで起こる現象のようでした。
やっぱり、「パリの夕焼けは公害のため」という話は、本当みたいだ。
(そして砂漠の夕焼けは、空中に舞う砂のため)

トロワグロのオーベルジュ周辺の環境は、相当空気が澄んでいただろうね。
そんな場所では、真っ赤な夕焼けというのは
見られないものなのかも知れません。
[PR]
by societebonne | 2012-05-15 01:00 | インテリア・暮らし

シャトゥーの骨董市2012年春/角野恵子@パリ

e0174436_1533036.jpg

ラデュレのサフィアさんのBlog
『サフィアのパリ便り』が更新されました。→ 

今回は、私の住む町、パリ郊外のシャトゥーで開催される
骨董市の様子をお届けしています。
おなじみのシャトゥーの骨董市も、目の肥えた、
そして経験も豊富なサフィアさんと一緒に巡ると
また違って見え、新しい発見もありました。
彼女のBlogをご覧いただき、それらのノウハウをぜひ
伝授してもらってください。

***

過去のシャトゥーの骨董市情報、以下に。

シャトゥーの骨董市① 会場へGo!編→
シャトゥーの骨董市② 潜入編→
シャトゥーの骨董市③ ディテール編→
シャトゥーの骨董市④ その歴史編→
シャトゥーの骨董市⑤ おすすめのスタンド編→
シャトゥーの骨董市⑥ 最終回→

[PR]
by societebonne | 2012-04-05 15:09 | マルシェ

マルシェで花を買う/角野恵子@パリ

e0174436_20374154.jpg

東京のかとう殿、

さりゅー♪
なんて言いたくなるのも、もっともなくらい、
パリは先週からやけにあたたかいのです!
コートがいらないくらい!!

先週土曜日の、いつものマルシェ →で、
鮮魚はもとより、めずらしく花を購入しました。

花が家の中にある、って、いいよね。
それだけで何もかもが変わる感じ。
生花の気のおかげでしょうか。
そんなパリの春の勢いを、かとうに届けたいと思いました。
[PR]
by societebonne | 2012-02-27 20:43 | インテリア・暮らし

Le Parc アドレス発見 /角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

パリ郊外のとあるビストロ、飾らぬ魅力が心に残る
ル・パークの、店カードが出てきました!

Café restaurant DU PARC
maison MAVEL-DUBOIS
fondée en 1909

7, rue Berthollet
2; rue du 8 mais 1045
94110 ARCUEIL
tel. 01 45 47 24 09


親子三代、1909年創業、
これはもう、ロアンヌのトロワグロ級ですね。(ってまた!)
これだけ素朴で、ちゃんと美味しい、貴重なアドレスですが、
ここまでわざわざ出かけるか、となるとまた、話は別で・・・
辛うじて、メトロはあったと思いました。
[PR]
by societebonne | 2011-11-30 03:24 | フランスのレストラン・カフェ

パリ郊外一軒家スタイル/角野恵子@パリ

雨のパリです。

このところインテリアの話題が続いているので、
せっかくだからだめ押し、します。

大人かわいい‼ パリの暮らし (オレンジページムック)

オレンジページ



『大人かわいい!! パリの暮らし』の、コラムページでお邪魔した
パトリシアさん宅。
実は去年、このブログに登場しています。 → こちら
『フランスからのフロマージュ便り』でも協力してもらったし!)
2010年を迎えるニューイヤーパーティは、
彼女の家が会場だったのでした。

その、ニューイヤーパーティで撮影した
彼女の住まい、
こんな感じです。

e0174436_17135632.jpg

郊外の一軒家なので、ひろいです。
しかし広くても、インテリア好きのすまいらしく、
細部にまで心地よい工夫がありました。
まず、このローテーブルテーブルがそれ。

飾る収納ですね。


e0174436_17121063.jpg


パトリシアさんのご実家は、代々パティスリーだったそうで、
アトリエで使っていたという古い整理棚を
このようにリビングで再利用していました。

e0174436_17102969.jpg


スペースがあるって、それだけで幸せなことだよなあ、
と、思わされます。
この広さはやはり、郊外の一軒家ならでは。
そんなことを、『大人かわいい!! パリの暮らし』のコラムで
お話ししておりますです。

「コラムもカラーだったら良かったのに!」
なんて、うれしい声も届いたのですよっ!!
ちゃこさん、ありがとー!)
郊外のライフスタイル、ぜひご覧になってくださいませ。

大人かわいい‼ パリの暮らし (オレンジページムック)

オレンジページ





***

〈 角野恵子のパリ通信 〉

サンジェームズ・パリとは?
やっとその正体が分かりました。
招待により。(・・・無言)
なにはともあれ、ごらんくださいませい!! → こちら
[PR]
by societebonne | 2011-11-04 07:24 | インテリア・暮らし

ブロカント、フランス版フリマで見つけたランプシェード/角野恵子@パリ

e0174436_23584827.jpg


イスタンブールを旅行するかとうの、
留守を守る、すみの@ぱりです。

☝ のランプシェード(といっていいのですよね?)、
田舎風で、よいとおもいません?
これ、毎年6月、わが町のあちこちで開催される
ブロカント(フランス流フリーマーケット)で購入しました。

似たテイストの洗面器と一緒に買ったら、
両方合わせて3ユーロにしてくれました。
ありがたきフリマ価格!
どちらも今、洗面所で使っています。

同じ日に、10ユーロでゲットしたシャンデリアも、
ちゃんと居間にとりつけてますよー!!


***

〈 ライター角野恵子のパリ通信 〉
栗の季節ですねー。
フランスのスーパーならどこでも扱っている
マロンクリームのことを書きました。
うまい、価格が安い、素材がシンプル、とくれば、私のみかたです。
[PR]
by societebonne | 2011-11-02 00:23 | インテリア・暮らし