タグ:パリ6区 ( 17 ) タグの人気記事

ボンマルシェが160周年/角野恵子@パリ

e0174436_17531723.jpg

東京のかとうへ、

今、パリを歩いていると、メトロ構内や路上の広告塔で
このポスターを目にします。
左岸のデパート、ボンマルシェが、160周年を祝っているとのこと →こちら

APCなどの人気ブランドが、160周年記念コラボグッズを発表しているようです。
アイコンは、左岸のマダム、カトリーヌ・ドゥヌーヴ。
いやー、かっこいいわ。


LE BON MARCHÉ RIVE GAUCHE
24, rue de Sèvres
75007 Paris
Tel - 01.44.39.80.00
営業時間:10時 - 20時(木金は 21時まで)
定休日:日曜



*ボンマルシェの食品館、ラ・グランデピスリー・ドゥ・パリの買い物情報
こちら ↓ の本で詳しく紹介しています。
重信初江&ソシエテ・ボンヌ著!!

パリで「うちごはん」そして、おいしいおみやげ―暮らすように過ごす旅レシピ

重信 初江 / 小学館


[PR]
by societebonne | 2012-09-23 15:44 | パリの最新情報

シャポンのエッフェル塔パッケージチョコレート/角野恵子@パリ

e0174436_15192773.jpg


ソシエテ・ボンヌから、
Blogをご覧くださっている皆様におしらせです。

雑誌『オレンジページの』ウエブサイトオレンジページネットで、
かとう&すみののパリ⇄東京連載が、本日スタートしました!

おいしくって かわいい 
ときめきFOOD


初回はこちら→
パリのショコラティエ『シャポン』
おいしくってかわいいチョコレートを、
ご紹介しております。
是非ご覧くださいませ!!


***

Chapon
69, rue du Bac 75007 Paris
☎+33(0)1 4222 9598
10 :30-19 :30 日月定休

[PR]
by societebonne | 2012-02-07 16:58 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

パリのサロンドテ『ジョルジュ・キャノン』を好きな理由/角野恵子@パリ

e0174436_17385570.jpg


東京のかとう殿、

『角野恵子のパリ通信』更新しました!→ こちら

このBlogでも何度か話題になっているサロンドテ
ジョルジュ・キャノンのことを書きました。
私がこの店を好きな理由、それは・・・

是非読んでね053.gif


PS
またすみのの更新が続いてしまったよ!失礼。

PS2
お茶を買う時は、可能な限りジョルジュ・キャノンへ行っています。
特に中国茶。申し分なし!!
[PR]
by societebonne | 2011-09-06 05:29 | フランスのレストラン・カフェ

フランスのカフェ、砂糖事情。 /角野恵子@パリ

e0174436_2595527.jpg

東京のかとう殿、

ボーっとしていたら、夏至を過ぎていました。
日が長い季節は、カフェでのおしゃべりに花を咲かせる人々が、ぐっと増えるよね。

そして最近気になっていること。

パリのカフェでの「グラニュー糖普及率」が、著しく伸びている
と思いません?

フランスでは、コーヒーに入れる砂糖は、必ず角砂糖。
これ、一般家庭でもそうです。

日本では、いただき物の角砂糖がなかなか消費できませんでしたが、
こちらではまず、朝のコーヒーに欠かせません。
紅茶でも、ココアでも、テーブルで砂糖を使うときには、絶対に角砂糖なのですよ。

それがこのところ、外でエスプレッソ(カフェインなし)を注文すると、
スティック状の袋に入ったグラニュー糖を、もってこられることが多い。

なんだか味気ないのですよー、これが。
角砂糖のほうが、飲み物が確実においしくなると思う。
フランスに引っ越してすぐの頃、そういっていたフランス人を見て
「なんて迷信深いやつらだ」と、心の中で笑っていた私。
今では私も、迷信のとりこ? ううーむ。


*写真は、サンミッシェルの噴水そばのカフェです。
ボンベイサファイア250周年アニバーサリーパーティの後に、寄りました。
[PR]
by societebonne | 2011-06-23 03:19 | フランスのレストラン・カフェ

パリで中国茶@ジョルジュキャノン /角野恵子@パリ

e0174436_3103446.jpg

東京のかとう殿、

日本はゴールデンウイーク真っ只中ですね!
私のほうは、この間からの外出続きで、もう“お疲れのご様子”……
(たった3日続けて外に出た、ってだけなんだが)

その3日間のある日の午後、ちょっと休憩。
場所は、サロンドテジョルジュ・キャノンです。

ボンマルシェからそう遠くなく、ショコラティエのジャン=シャルル・ロシューや、クリスチャン・コンスタンにも近い、
悪くないロケーションなのですが、日本の雑誌にはあまり紹介されてない印象です。
ここのお茶、私は好きなんだけどな。
オーガニックのお茶も、紅茶、中国茶、日本茶、ハーブティー、いろいろ充実しています。

今パリに遊びに来ている、編集者のTさんと一緒でした。
「中国茶は和むよね」
と、二人根が生えたように奥のソファーに陣取って、ひとしきり語り合ったとさ。
(ほんと、和みましたわ)


La maison de Thé George Cannon
12, rue Notre Dame des Champs
75006 Paris
tel. 01 53 63 05 43
HP→

[PR]
by societebonne | 2011-05-01 05:04 | フランスのレストラン・カフェ

パリで牡蠣→タパスで〆! /角野恵子@パリ

e0174436_18225033.jpg

東京のかとう殿、

オーボンヴュータンの素敵なイベント! 3月12日、今週の土曜日なのね。
私のほうは、パリ郊外の町シャトゥーの骨董市
開催を、明日に控えております!

そんな昨日の夜、↑ ご覧くださいませー、ついにやりましたよ、牡蠣シャン!
(注:「シャン」はシャンパンのシャン。シャンプーじゃないよ ←オヤジ……)

このあいだの年末年始を、日本で過ごした私。
クリスマス&大晦日という、フランスで一番牡蠣の振舞われるタイミングをのがしてしまい、
「思う存分牡蠣食べたい!」と、ずっと思っておりました。
3月9日にして、それをようやく実現です。
サンジェルマン・デプレのマルシェのすぐ近くにある、専門店へ行きました。

Huitrerie Régis (ウイットルリ・レジス)
3 Rue Montfaucon
75006 Paris
営業時間 12時~15時、18時半~23時
tel. 01 44 41 10 07
定休日:日・月
*予約は受け付けていません。


牡蠣いろいろ、ボイルしたえび、帆立のテリーヌなど、魚屋のような品揃えで、
あたたかいメニューはありません。
が、牡蠣10個18,5ユーロ~と、なかなかお得です。
↑ の写真の盛り合わせは、牡蠣2種類が入った2人前で、45ユーロだったかな?
サンセールのグラスワインと、コーヒーがつきます。

盛り合わせに加え、ボイルえびも食べました。
ワインも合計3杯飲んで、かなり満足したのですが、「温かいもので〆たい!」
という友人Aさんの言葉にひかれてはしご。(ここは日本か??)

すぐ近所のL'Avant Comptoirラヴァン・コントワールに到着です。
かとうも大好きなコントワール・ドゥ・ルレの、お隣りにあるクレープスタンドが、
こんな立ち飲み屋になっていたとは。知りませんでしたー。

立ち飲みは東京でもかなりヒットしていると聞きますが、こちらの店内も ↓ この賑わいです!!
パリでも立ち飲み、当たっていたのね!! 
e0174436_18305773.jpg

料理は基本、タパスです。
まずは ↓ サーモンのコロッケ。(3ユーロ)
というか、サーモンのフライ。レアでおいしー。 タルタルソースがまた、最高。
奥にうっすら見えるのは、まるでしし唐の塩焼きのような、ピーマンのオイル焼きでした。
e0174436_18334132.jpg

なぜかアーティチョークも注文。(6ユーロだったかな??)
上等なオリーブオイル、エスペレットピーマンのパウダー、塩、バルサミコ酢といっしょにサーブされます。
オリーブオイルの中に、ほかの調味料を好みで入れて、アーティチョークを1枚1枚つけては食べてゆく……

やまもとようこさんのブログに、アーティチョークの食べ方が詳しく図解されています。
e0174436_18383534.jpg

↓ ブランダード・ドゥ・モリュ。
乾物の塩鱈を、牛乳でもどして、じゃがいものピューレと混ぜて……
という1品。
学校給食の定番ですが、やっぱしイヴ・カンドボルドさんの料理はうまいーーーーっ!!!!!
e0174436_18424735.jpg

ほかにもいろいろ注文しました。
ワインは、ナチュラルワインの発泡のもの。
うすにごり、で、香りはまるでシードル。味はワインなんですよー。
ちょっと山梨のスパークリングワインを思い出すような……

最後は、もちろん お米のデザート、リオレ
キャラメルが混ざった色ですねー。
味は、見た目から想像するのとは反対に、こってりはしていませんでした。
甘くもなかった気がします。 ……酔っ払いだったからかな??
e0174436_18475010.jpg

パリの日本人女性が2人、まるで新橋にでもいるかのように、飲み、食べた夜でした。
ラヴァン・コントワールは狭く、戸間口にいた私たちは
人が出入りするときに、他のお客さんのほうにぎゅーっ!と寄って、場所を作ったような状態でした。

L'Avant-Comptoir
3, Carrefour de l'Odéon
営業時間:9時~深夜
定休日:無休
tel. 01 44 27 07 97



牡蠣シャンしたウイットルリ・レジスも、2人がけのテーブルが7つほどの狭い店で、
海辺の小屋にトイレがついた、というようなたたずまいです。
でも、どちらの店も、
その狭さも魅力のうち!!でしたよ。 楽しかった!!

牡蠣に関しては、年末の「レガル」に、カテゴリー(種類)別の養殖のルールの違いが
詳しく説明されていて、さっすがルールの国、フランス!と思ったのです。
それをここにご紹介したかったのだけど、肝心の雑誌が見つからない!!
また別の機会に……
ちなみに、私が一番好きな牡蠣は、ジラルドと呼ばれるもの。
ウイットルリ・レジスは、これを扱っていません。
濃厚でクリーミーで、甘みのあるうまい牡蠣です。 他の牡蠣より味が濃い。

これからも頻繁にお出かけしよう!と、心に決めた夜でした。
牡蠣シャンも、まだまだやります!!
[PR]
by societebonne | 2011-03-10 21:08 | フランスのレストラン・カフェ

boutique de mamie gâteaux ブティック・ドゥ・マミ・ガトー/角野恵子@パリ

e0174436_1517353.jpg

東京のかとう殿、

「びっくりした!」って感じの、昨日のブダンの写真でしたねー。

その対極をゆくような、今日のお写真でございます。
日本の雑誌でもちょくちょく紹介される、パリのサロン・ド・テマミ・ガトー
日本人のマリコさんがオーナーで、かとうもお気に入りのお店だよね。
ものすごいがんばりやのマリコさん、なんと3件目もオープンしていたのを、先日
ル・プチ・ヴェルドへ行った時に知りました!
ほとんどお向かいさん同士なのです。
e0174436_1527521.jpg

サロン・ド・テに続き、ブロカント、そしてこんどはオリジナルもふくむ雑貨屋さん。
日本人でありながら、異国の地フランスに店を出し、
普通は1軒でも死にそうに苦労しているところを、3軒も!!!なんて
「人間じゃない」くらいすごいことと、私には思えます。
e0174436_1531471.jpg

しかもこのとおり、マリコさんワールドが見事に展開され……
フランス人にとっては「ありそうでなかなかなかった」、
日本人にとっては「まさに求めていた!」セレクトです。

きのこちゃんという柴犬の赤ちゃんも、お店のかわゆいマスコットでした。
(上の写真で、お客さんがすっかり魅了されているのがわかります)
e0174436_15361866.jpg

今後、オリジナルのビスケットなども販売するとのこと。
パリのお土産の、マストアドレスですね。
私もまた遊びに行きます!!

e0174436_15435550.jpg









mamie gâteaux
66, 68, 70, rue du cherche-midi
75006 Paris

[PR]
by societebonne | 2010-06-01 01:38 | パリの最新情報

le petit verdot ル・プチ・ヴェルドwithミッシェル・ドヴァーズさん/角野恵子@パリ

e0174436_345824.jpg

東京のかとう殿、

……仕事がつまっているのですね。
このところ私の更新が続いていて、ソロ活動をしてしまっている気分ですが、
かとうが一段落するまでちょいと私におまかせください。

5月28日(金)、ル・プチ・ヴェルドでランチしました。
かれこれ3年くらい前だと思うのですが、当時二つ星シェフのティエリー・マークスさん(時の人でしたー!!)
にすすめられた店です。
「見逃しそうなくらい小さいけれど、日本人のソムリエがやっているとてもいい店。
この男がワインのことなら何でも知っているんだよ」
と、ものすごく愛情たっぷりに話していたのが印象に残っています。

せっかくワインの充実している店なので、ワイン評論家のミッシェル・ドヴァーズさんをさそいました。
e0174436_14452542.jpg

10年間ボルドーでソムリエをしていたという石塚さん、さすが、
ドヴァーズさんのことは顔を見るなりわかっていました。
「日本人ソムリエ」「パリに店」と聞いて、なにかを想像したと思うのですが、
石塚さんはその想像をいい感じに裏切ってくれたと思います。
頑固な板さん風でありつつ(って違うかな?)ユーモアにあふれ、とても個性的&魅力的。
その人柄が、多くの常連さんをひきつけてきたのでしょうね。

上の皿は、私が選んだ鯛のグリルと季節の野菜。
ドヴァーズさんは、↓のサーモンマリネの蒸しもの(だったと思う)。
どちらも本日の魚料理で、24ユーロ程度です。
e0174436_2591454.jpg

「すばらしい火の入れ方」と、ドヴァーズさんも絶賛したサーモンは程よくレア。
個人的に、レアに仕上げた魚で、めちゃめちゃおいしかった経験は、ピエール・ガニエールなど
限られた店のみなのですが、ここのはおいしかった!!
さすが日本人!(これも違う?ちなみに、厨房を切り盛りするのは2人の日本人男性でした)

二人してシャンパンで乾杯し、そのあといい白ワインを出してもらい、めいめいにメインを食べ、
デザート1つ、コーヒー+紅茶で、合計100ユーロってお値打ちだよね。
e0174436_1102127.jpg

あと、野菜好きの私としては、鯛の付け合せに春野菜がたっぷりだったことも嬉しかったです。
色とりどりで、目にも美しく……
そらまめ、野生アスパラガスなど、食べかけの皿の上に見えますか?

本当はシャンパンとワインの写真もアップしたいのですが、インターネットの不具合のせいで
あきらめざるを得ません。悔しい。
シャンパンは、ピノノワール100パーセントの「ブラン・ド・ノワール」を初体験。
シャルドネ100パーセントの「ブラン・ド・ブラン」はよくいただくけれど、
「ブラン・ド・ノワール」というものが存在すると、今回初めて知りました。
かとうは去年、シャンパーニュめぐり をしたくらいだから、きっと知っていると思う。
私も勉強せにゃいかんね。

人気の店なので、必ず予約してくださいませ。
本当に楽しくて、おいしい1軒です!!

Le petit Verdot
75, rue du Cherche Midi
75006 PARIS
Tél: 01 42 22 38 27

[PR]
by societebonne | 2010-05-30 01:33 | フランスのレストラン・カフェ

日本の友達と一緒に、「パリでうちごはん」/角野恵子@パリ

e0174436_1751293.jpg

東京のかとう殿、

ミニ船旅サント・シャペル見学を一緒に楽しんだAさんは、今頃イタリアを旅行中です。
日本はゴールデンウイーク真っ只中だから、かとうもどこか旅行中かな?

1度うちにディナー(?)に来てもらい、一緒に「パリで『うちごはん』」を楽しみました。
P51の「アペリティフごはん」流に、リエットやソーシソン、パテ・アン・クルットなどの豚肉製品と、
P22の「ラディ&ブール」、チーズもたっぷり用意して、ワインがすすむすすむ!!!
(おかげで久々に大変な思いをすることに……)

その大変な思いをした翌朝、「宴の後」のテーブルに、
Aさんがプレゼントしてくれたブーケが美しかったです。
e0174436_17534543.jpg

花瓶の手前のタッパーウエア、気になるでしょう?
これもAさんのお土産。
Da Rosaのお菓子です!!
e0174436_17551625.jpg

パステル・デ・ナタという、ポルトガル名菓だそうですね。
とろとろに上質なカスタードクリームのタルトは、とっても好みの味わい!!
良い素材のお味がしましたー。
Aさん、ご馳走様です!!!

ダ・ローザは、「パリで『うちごはん』」でも紹介したい候補店だったと記憶しております。
なにせ、重信初江先生とかとうが、そろってごひいきだから。
確かに見事な食材のセレクトショップだし、それにおしゃれです。
が、フランスのものではないからという理由で、結局選ばなかったのだよね。なつかしいです。



Da Rosa
62, rue de Seine 75006 Paris
Tel: 33 (0)1 45 21 41 30

[PR]
by societebonne | 2010-05-03 00:31 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

使い方いろいろの、ル・コントワール/加藤@東京

e0174436_7262178.jpg

床フェチの私は、まずこの写真から。

あちこち紹介されまくって、手あかのついてる感もありますが、
私は、大好きな店、le comptoir ル・コントワール の床です。
この、オーセンティックな感じが好きなのです。

LE COMPTOIR DU RELAIS
5, carrefour de l'Odeon 75006 Paris
☎ 01-44-27-07-97

夜は、なかなか予約のできないほど人気の、
きちんとクロスのかかるレストランですが、
昼と、土・日は、予約をとらない、気軽なビストロ。

12時前には、すでに人々がずらりと並んでいる店。
3年くらい前のゴールデンウィークに行ったら、
並んでる人が全員、日本人で驚いたことも。

そうなると少し興ざめで、人に勧めにくいですが、
それでも、おいしい店の多くが閉まる日曜日とか、
ランチの時間を逃したときとか、早めの夜を食べたいときとか、
上手に使えばやっぱり、とてもいい店と思います。

e0174436_7265327.jpg

↑は、アシ・パルモンティエ。
ことこと煮込んだ肉をほぐして、じゃがいものピュレを重ねて焼いたもの。
この日は、いっしょにごはんをした知り合いが頼んだ
肉のハラミのステーキが、超大当たりだったなあ。

e0174436_7272022.jpg

そして、あんずのピュレがのった、パンナコッタ。
甘いものはスルーすることが多い私も、この魅惑的なとろとろ加減には、やられました。
うまい!

15時から17時とか、22時以降は、デザートだけの利用もできるそうです。
こんな使い方ができるのも、うれしいところ。

e0174436_7274152.jpg

何より、場所がよい!
オデオン駅のすぐそばなので、
行ってみてあまりの行列にあきらめたとしても、
ダメージが少ないです。

7月中旬は、日本人率低かったです。
話題になりすぎて、もう飽きられてるのかも?

ちなみに、朝ごはんも、併設のホテルに泊まってなくても食べられます。
(追記:以前は大丈夫でしたが、2011年2月時点はNGみたい)
ニース風サラダを、17時くらいに食べてかるい夜ごはんにするのいい使い方。
ランチに、フロマージュプレートを食べると、夜の残りがふんだんに出るのでコスパが高い。
などなど、使い方次第で、本当にいい店です。

夜は、住んでいるころに、2回行ったきり。
そのころは、42ユーロ(今は、もう少し高いはず)。
フロマージュまですべて込だったので、大満足の、ディナーでした。
[PR]
by societebonne | 2009-08-16 07:27 | フランスのレストラン・カフェ