タグ:パリ8区 ( 19 ) タグの人気記事

ホテル・フーケッツバリエールのイルミネーション/角野恵子@パリ

e0174436_18141429.jpg

東京のかとうへ、

先週水曜日、ついにシャンゼリゼ大通りに
クリスマスイルミネーションが灯りました。
と同時に、シャンゼリゼのランドマーク、カフェフーケも
オリジナルなイルミネーションをスタート。
カフェフーケに隣接するホテル・フーケッツバリエールの中庭が
3D仕様でライトアップされているそうです。
ホテルフーケッツ・バリエールのFacebookで知りました。
3D仕様、どういう技術なのかはよくわかりませんが、
Facebookにアップされていた写真は、なかなか面白く・・・

e0174436_1815443.jpg


色、デザイン、いろいろ変わるようです。


e0174436_1817891.jpg


近未来的であったり、
マハラジャ的であったり。


e0174436_1817592.jpg


この中庭のライトアップは、18時30分からスタートするそうです。
見に行きたいのだけど、今のところ機会がありません。
ちなみに、ホテル2階のバーに陣取ると、このライトアップがよく見えるそう。
ソシエテボンヌも、そのバーで宴会をしたことがありましたね → 

ホテル・フーケッツバリエールのFacebookアカウントはこちら → 
今回アップした写真は、すべてここから借用させてもらいました。

また行きたいねー、フーケッツ!



Hotel Fouquet's Barrière
46, avenue George V
75008 Paris
Tél : +33 (0) 1 40 69 60 00

[PR]
by societebonne | 2012-11-27 03:30 | パリの最新情報

カフェフーケのナプキンリング/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_1264274.jpg

東京のかとうへ、

パリのハイソな情報、キャッチしましたー!

私も大好きな、シャンゼリゼのランドマーク、カフェフーケ
(フランスではフーケッツと呼ばれています)、
ここは常連客に、名入りのナプキンリングをお作りしているのだって。
その常連さんが来店すると、かならずそのナプキンリングで
テープルをセットするのだそうです。
素敵だよねー。

カフェフーケから、常連さんへの小さなプレゼント。
こういう小さな心配りこそ、「しゃれている」と感じます。

私もたまーに、カフェフーケに行って
(よくいう“自分にご褒美”ですね)
エコシャンパンのポップアースを飲んだりするよ→こちら
ナプキンリングを作ってもらえるような常連さんに
なりたいものです。
[PR]
by societebonne | 2012-08-22 13:08 | フランスのレストラン・カフェ

エッフェル塔のイルミネーション/角野恵子@パリ

e0174436_16501839.jpg

ウエルカム to パリス、マイフレンドかとう!

パリマラソンも無事終了し、今は地方へ旅立っているあなたへ、
パリの夜景をおおくりします。
ちなみにこの花は、白いリラ(ライラック)だと思うよ。

夫婦水入らず、良い旅を楽しんでください!


***

追記:
先日、ホテル・ドゥ・クリヨンにて、家族ディナーを楽しみました。
以前、ル・ブリストルのサンキャトルズ・フォーブールで家族ディナーをしたときに
「コカコーラはまずいでしょう」とのコメントを頂戴し → 
以来(というか実際にはその前から)子ども向けの
いいアペリチフはないものか、と、考えていた我がファミリー。
最近では実によいアイデアを獲得し、実践しております → 
このアイデア、皆様にもおすすめです!
アルコールがダメな人にもおすすめ!!
[PR]
by societebonne | 2012-04-17 16:59 | 近況&その他

ホテル・ル・ブリストル・パリの砂糖/角野恵子@パリ

e0174436_18564699.jpg

東京のかとう殿、

堀内誠一さんのパリの本、私も持っていたー!
確か1994年?ころに買ったと思います。
その後すぐ、パリ旅行を控えていた友達にあげてしまい、今は手元にありません。
なんだか無性に読みたくなってしまった。

***

11月上旬のことですが、ホテル・ル・ブリストル・パリの
カジュアルレストランサンキャトルズ・フォーブールへ行きました。
我が子たちはここが気に入っているので、
年に1度くらい、特別に連れて行ってやるか、と。
去年はクリスマス前だったので、中庭のみごとなツリーも
見れたんだよね。→ こちら

で、見てください、今回の写真。
食後の紅茶に、グラニュー糖以外の砂糖が出てきましたよ!!

以前、フランスのカフェ、砂糖事情。とか言って、
「なんでカフェから角砂糖が消えたの?!」と、疑問を投げかけたように、
外でお茶する時、砂糖が気になってなりません。

ブリストルは、固まりの砂糖もサーブする。
ちなみにラデュレでは、
包装されていない固まりの砂糖が、ごつごつ状態のまま、
シルバーの容でサーブされる。

しかし、いずれの場合も、
「店オリジナル包装紙の砂糖」は、グラニュー糖だよ

なんでも、衛生上の問題で、むき出しの角砂糖をテーブルに出すことが
禁止されてひさしいのだそうです。
で、コーヒーの業者(カフェやレストランはここから砂糖も買うらしい)が、
角砂糖の扱いをやめ、
一斉にグラニュー糖に切り替えたのが、この変化の理由とか・・・
それだけ?
本当かなあ・・・


***

=お知らせ=
『角野恵子のパリ通信』
つぎつぎと更新しておりまーす。

なかでも、シェルのスプーン見ていただきたいです。
5ユーロでとってもラブリーなんだわ♡
[PR]
by societebonne | 2011-11-29 19:20 | フランスのレストラン・カフェ

なつかしのピエール・ガニエール/角野恵子@パリ

e0174436_2113261.jpg

東京のかとう殿、

多分2007年の写真だとおもうのだけど、
私が「べた惚れ」している
ピエール・ガニエールでの
ランチの思い出です。

ガニエールさん、時間をかけてリニューアルしていたHPが
ついに完成した、とのことで、
先日ご連絡をいただきました。
新HPは、相変わらずアーティスティックです。
レシピも紹介されていて、そこでは
フランス語の朗読がBGMなのですよ。 こちら

e0174436_211075.jpg

こうして今、写真を見ながら気づくのは、
すでに当時
中国料理に傾斜していたのだなあ、ということ。
↑ 上の一皿は、蒲焼き風というか、なんというか。
魚の身が、ほとんどレアで、
なのに表面には香ばしい焦げ目があり、
「これはどうやって調理したんだろう?」
と・・・ なぞだったなあー。
もー、天才だよ!!!

e0174436_2112587.jpg

いくらべた惚れしていても、天下の三ツ星、
そうちょくちょく行ける場所ではありません。
しかし今、写真をながめつつ、
貯金して近いうちにまた行こう、と思いました。
かとうがパリにいないから、一人で行くかな!!



Pierre Gagnaire
6, rue Balzac
75008 Paris
Tel. 33 1 58 36 12 50
定休日:土曜(日曜はディナーのみ営業)

***

〈ライター角野恵子のパリ通信〉情報
− 伝統フレンチのアドレス、探しています。
舌平目のムニエルホテル・
ドゥ・クリヨン
のメインダイニングのが、感動的においしかった。

− バースデーケーキ、日本とフランス
やっぱりそれぞれ。
今年の麻衣子の誕生日には、
MOF(フランス最優秀職人)パティシエの店にケーキを注文しました。
去年はカフェフーケで、ものすごくゴージャスなミルフィーユを作ってもらったんだよね。
[PR]
by societebonne | 2011-10-25 06:19 | フランスのレストラン・カフェ

アールドヴィーヴルの美術館にて、アラン・パッサールコラージュ展 /角野恵子@パリ

e0174436_1302155.jpg

東京のかとう殿、

私の投稿がつづいてすまん。

10月19日から、ニッシム・ドゥ・カモンド美術館にて、
アラン・パッサールのコラージュ展が開催されています。

この美術館、前回かとうがパリに来たときに
見に行こうかー、と誘ったところです。(却下されたけど)
フランス19世紀末の、上流階級の暮らしぶりを今に伝える
貴重な美術館なのですよ。
詳しくはこちらをぜひ!!

アラン・パッサールのコラージュ
展開催パーティの様子はこちら
パッサール本人ももちろん来ていて、ご満悦の様子でした。

いつも思うんですが、この人、
ミュージシャンのようにセクシー。
彼のBDにも描かれているように、
レストラン『アルページュ』の料理で
完全に彼のとりこになってしまう女性も多い様子。
よくわかります。

そうそう、今回の写真は、
カモンド美術館の中で私が一番気に入った場所、台所です。
豪華絢爛のダイニングルームその他は、もちろん素晴らしいです。
でも、使用人たちのステージである台所のほうが
私には味わい深く、魅力的に見えました。

当時の人々の暮らしぶりをのぞくことができる、なんて、
ちょっとすごいと思わない?
台所は1階、ダイニングルームや応接間は2階、寝室やバスルームは3階にありました。
ふーん、そうなんだー、
という感じです。

インテリアファン、アールドヴィーヴルファン、テーブルコーディネートファンに
おすすめの美術館でした!

Musée Nissim de Camondo
63, rue de Monceau
75008 Paris
開館時間:10時〜17時半
定休日:月・火曜

[PR]
by societebonne | 2011-10-19 01:51 | インテリア・暮らし

ラデュレ・ロワイヤル店、工事中の幕 /角野恵子@パリ

e0174436_17194020.jpg

東京のかとう殿、

そうそう!それですっ!!
クスクスのスムールの作り方の、手をこすり合わせるプロセス!!!
本場の技を、東京で体験したのですねー、すごい。
私は自分ではやったことがないのですよ。
やはり、熱湯をそそぐ派でして……

ところで先日からなぜかご縁のある、パリの工事中の幕。
コンシエルジュリー →  と、ホテル・ドゥ・クリヨン →  に続き、こちら!
e0174436_1720410.jpg

説明せずとも、お分かりいただけたことと思います。
そうです、ラデュレでございます。

5月下旬まで、ラデュレ・ロワイヤル店では内装工事が行われていて、その工事現場を覆うために
こんなにラブリーなイメージを作成。
e0174436_17202794.jpg

なんと、作者は日本人女性カメラマン!! 篠あゆみさんです!

彼女を抜擢したのは、もちろんマーケティング責任者のサフィアさん
今回も、彼女のジャッジに狂いはない、と実感させられました。
e0174436_17204792.jpg

おそらく現在は、もう新しい売り場が完成し、この覆いははずされているはず。
でもそんなのもったいない!とおもい、ブログでの使用許可をもらったのです。
あゆみさん、ありがとうー!!

ポストカードにでもしてもらいたいくらい、ラブリーだよねー。
女性の感性に乾杯!
ちなみに、もとのイメージを撮影した場所は、ラデュレ・ヴェルサイユ店だそうです。


Ladurée Royale
16, rue Royale - 75008 Paris
Tél : 01 42 60 21 79


Ladurée Versailles
Château de Versailles - 78 000 Versailles
Tél : + 33 1 30 83 04 02

[PR]
by societebonne | 2011-06-02 18:13 | インテリア・暮らし

アイスクリームカー、発見!!/角野恵子@パリ

e0174436_1822102.jpg

東京のかとう殿!!

見てみてー、昨日のことですよ。
アレクサンダー三世橋のふもとに……
e0174436_18235698.jpg

こんなにかわゆいルノーを発見!

アイスクリームを売っていますー!!
e0174436_18265962.jpg

パリはもう2ヶ月以上も晴天続きで、
水不足が深刻になっているのよ。
町のあちこちには、早くも水売り(観光客にペットボトルのミネラルウオーターを売る)が出ていて、
毎日本当に暑いのです。

しかしながら、こんなアイスクリーム屋さんをみかけたら、つい立ち止まるよね。
e0174436_18303820.jpg

実はこの車、
美奈のパスポートを受け取るために、日本大使館へ行く道々
ポルトマイヨと凱旋門の間を走っているとき、見かけていたのです。
「へー、どこへ行くのかな」
と思っていたら、ここで発見したのでした。
e0174436_18321778.jpg

いいよねー、昔の車って。
e0174436_18343643.jpg

パリの風景とよく調和しています。

なんだか嬉しくなる出会いでした。
[PR]
by societebonne | 2011-05-26 18:43 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

ホテル・ル・ブリストルのクリスマス@114フォーブール/角野恵子@パリ

e0174436_17231265.jpg

東京のかとう殿、

よい知らせはそくアップ!!  遠慮せず、どんどん更新してくだされ!

ところでこの週末、シャンゼリゼのライトアップクリスマス市、そして
コンコルド広場の大観覧車を楽しんだのには、 →
実はとーっても素敵な理由があったのです。

驚くなかれ(←あほか)、ホテル・ル・ブリストル・パリに宿泊しましたー!
e0174436_17213318.jpg

夏、ガーデンパーティが繰り広げられた中庭には、大きなクリスマスツリーが出現。
ゴールドと赤のトラディショナルな飾りには、きらびやかさよりも奥ゆかしさを感じます。

クラース!ですねえー……

そして去年、ブリストルに新しく登場したカジュアルなレストラン114(サンキャトルズ)フォーブールでディナー。
e0174436_1304090.jpg

先日のヤニック・アレノさんの一皿にも、和の心を感じましたが、
↑ の前菜「マグロのミキュイ(半焼き)」、これはかつおのたたきです。(言い切る私)

あさつきゴマの薬味がきれいに散らしてあって、
周囲を覆うつややかなコンフィショウガ
白ワイン(シノン)と、とてもよく合いました。 日本酒でも試したかった。

しかしながら、これだけ完全に「和」でありながら、
ちゃんとフレンチとして完成されているから恐れ入ります。
変にフュージョンにならない、その線引きは、いったい何なのでしょうね。

e0174436_1324891.jpg

ホテル・ル・ブリストル・パリのレストランといえば、
三ツ星のガストロノミーレストランが有名ですが、114フォーブールもさっすが!
5ッ星ホテルの格にふさわしいクオリティーを保ちつつ、
温かみのあるサービスなので、ファミリーにも安心しておすすめできます
(ちなみに、私たちのテーブルのとなりには、1歳くらいの赤ちゃんと、3歳くらいのぼうやをつれた
ファミリーが着席しました。
ちゃんとベビー用の椅子が出、子供があき始めたら塗りえなどももってきて、
サービスのチームが何かにつけて、子供たちと会話していましたよ)


お料理はもちろん、三ツ星シェフ・エリック・フレションさんの監修。
114フォーブールのエグゼクティヴシェフは、まだ30代そこそこのエリック・デボルドさんです。
(大物になり得るいい顔です)

Le Bristol Paris ←日本語サイト
112, rue de Faubourg Saint-Honoré
75008 Paris
tel. +33 1 53 43 43 00


114 Faubourg ←日本語サイト
[PR]
by societebonne | 2010-12-01 02:41 | パリの最新情報

フーケッツ・バリエールで、パリのラグジュアリーを堪能 night ! /角野恵子@パリ

e0174436_037990.jpg

パリ滞在中のかとう殿、

コテコテ系でスタートしたソシエテ・ボンヌ in パリス

2度目の待ち合わせは打って変わって
ホテル・フーケッツ・バリエールラ・ギャラリー・ジョイ
でしたねー。

完全に身の丈を超えた提案をしてしまいました。

それもエコシャンパン ポップアースで、かとうと一緒に乾杯したかったから!!

ポップアースは、フーケッツ・バリエールの独占なのです。

(バーやレストランでサーブしているのはここだけ。
小売店での販売はされていますが、パブリシスのカーヴとラヴィニアのみ。
何がどうエコなのかはこちらを!)
e0174436_0385151.jpg

オーガニックのスモークサーモンとともにアペリチフ。
気分が高揚します。

ノルマンディー小旅行から戻ったばかりの、かとうの疲れた胃袋にあわせ
ディナーはキャンセル。
かわりにレバノンタパスの盛り合わせをシェアし、
最後はハーブティーとともにサーブされたマカロン・ミルフィーユ ↓ を……
e0174436_0402021.jpg

***

マカロン・ミルフィーユは、カフェ・フーケまたはホテル・フーケッツ・バリエールのレストランやバー
コーヒーやお茶を注文すると、このようにサーブしてもらえます。

***

e0174436_0411487.jpg


シャンゼリゼっ!!!のムードを満喫したひととき。
明日からまた、がんばって仕事しようっ!!
(かとうは日本に帰ってからね!!!)


Fouquet's
99, avenue des Champs-ElyséesParis
75008 Paris

オフィシャルHP

Hôtel Fouquet’s Barrière
46, avenue George V
75008 Paris

オフィシャルHP
[PR]
by societebonne | 2010-11-07 02:24 | フランスのレストラン・カフェ