タグ:マスタード ( 5 ) タグの人気記事

マイユのフレッシュマスタード/角野恵子@パリ

e0174436_20401388.jpg

東京のかとうへ、

ときめきフード、更新されましたねー → 

今回のお題は「マスタード」で、
なんとなんと、ついこの間かとうがUPしていた品なのです。
かとうのこちら→ 見たときはあせりました(笑)。


ときめきフードのほうも、ぜひご覧くださいませ。
生ビールのようりょうで、ポンプから注ぐ瞬間もとらえております。

ちなみに、上の写真は、
左のクリーム色の容器が通常版、黒がクリスマスシーズン限定商品の
トリュフ入りです。

1年間続いた連載、ときめきフードも、
なんと今月が最終回!!
分かっていたけど、あっという間だった!!!
またどこかで、ソシエテ・ボンヌの情報をたくさんの方々にお届けできるよう、
これからも精進せねばです。
[PR]
by societebonne | 2013-01-22 06:44 | パリのおみやげ

フレッシュマスタード・トリュフ入り!/カトウ@東京

パリの、すみの様

先日、パリからグルメな友人が来ておりました。
毎回、レストランの予約などを頼まれるのですが、
今回は、ミシュランの3つ星ばかりで、なかなか、大変だったし、興味深かったです。

外国人が日本のレストランを予約するのは大変ですね。
代理だとNGと断られたり、前金を払うように言われたり、
まったく連絡もなくキャンセルする人がいるようで、
レストラン側も自衛が必要なようです。

そんなわけで、いろいろな手間のお駄賃というか、
友人からおみやげをいろいろもらいました。

それが、これ~~ ↓ !!!
e0174436_18513484.jpg


以前にもでご紹介した、マイユのフレッシュマスタード。
なんと、冬になると黒トリュフ入りバージョンが出るそうな。
もちろん、ほかのフレッシュマスタード同様、
ビールサーバーのようなところから、チューっとボトル注入してくれるそうです。

そして、ふだんはベージュのボトルがなんと、黒に!
ちょっとびっくりしたので、大興奮!でいただいて帰りました。

e0174436_18513662.jpg


黒トリュフの粒がところどころに入っていて、芳醇な香り!
で、肉に合うと言われ、早速試したのがシンプルに焼いただけの鶏肉につけること。
わお! これは、ぜいたく!!!
濃厚な甘い香りがふわふわと口の中に広がり、
マスタードをふくよかに感じさせてくれます。

ああ、贅沢。
ありがとう! LEE!

というわけで、あっという間に1本、なくなってしまいました。
っていうか、やっぱり、ここのフレッシュマスタード、おいしいね。
マスタードがおいしいから、トリュフ入りもおいしいんだと思います。

ネットでも買えるようですので、フランスの地方在住者のかたがた、
いかがでしょうか? →


追伸:じつは、パリ旅行されていた重信せんせも、これを買い、
私をびっくりさせようともくろんでいたらしい。
「え、知ってるよ、食べたよ」という私の態度に、かなりがっくり(笑)させてしまいましたとさ。

あ、ついでに宣伝。
恒例となっている、料理家、重信初江さんの、京都のカフェ工船で行う”マルシゲ食堂”。
次回の開催、決まりました。
詳しくは、こちら→
[PR]
by societebonne | 2012-12-17 18:52 | パリのおみやげ

手作りマスタード/加藤@東京

パリの、すみの様

元気ですよ~。
体調が悪いわけでも、ものすごく忙しいわけではなく、
ブログの更新って習慣だから、しなくなってしまうと、全然できませんね。
1週間に1回が目標なのに……。
というわけで、みなさま、お久しぶりです。

***
e0174436_7343989.jpg

で、↑ の写真。
また、マイユのフレッシュマスタード
をゲットしたという話かと思いきや、
そうではありません。

自家製の粒マスタードです。
仕事で粒マスタードを作る企画があり、家でも早速チャレンジしてみました。

e0174436_7345587.jpg


難しいことはなにもありません。
ワインに浸けたマスタードシードと、
ほかの調味料を入れて、ひたすらすりこぎでごりごりします。
(詳しいレシピはここには書けないので、
 『オレンジページ』の11/2発売の号についてくる小冊子をご覧ください)
 コラム的に粒マスタードの作り方が出てきます)


で、家にあるマイユのポットに入れたのが、いちばん最初の写真です。


e0174436_7345851.jpg

簡単ボトフにつけて食べました。
フレッシュな香りと、マスタードシードの苦みがしっかり感じられるマスタードでした!
味つけは計量せずに適当にやってしまったので、
まだ、改良の余地はありますが、フレッシュなおいしさが魅力です。

ワインに浸けずに、マスタードシードを粉末状にしてから作ると、
粒じゃないほうのマスタードになると思われ、今度はそれもチャレンジしてみようと思います。

*すみません、売り日間違えたようです。
粒マスタードの作り方が載っている「オレンジページ」の発売は11/2です(修正済み)。
[PR]
by societebonne | 2011-10-13 07:53 | 日本で楽しむフランス

うれしいような、悲しいような/加藤@東京

パリの、すみの様


Mayumiさんに会えたんですね!
よかった、よかった。
約束してからずいぶん経ってたから、気になってたよ~~。


***
それより、ちょっと、偶然にも、
昨日、これを、日本で発見してしまいました!!!
なんと、三越日本橋で行われているフランス展で。

ふつうなら、きゃ~っと大喜びですが、
11月にパリに行くときに、絶対買いに行こう!と、
今から予定を組んでいたくらいなので、
なんとも、ショックというか、複雑な気分……。

これはパリでしか買えない(もしくはディジョン)と思っていたので、
旅行に行ってこその、おみやげだと信じておりました。

このフランス展の期間だけで、数量限定ではありますが、
日本には、何でもやってきますね。
うれしいような、悲しいような……。

11日まで開催されてますが、
限定品なので、気になる方、お早めにどうぞ。
三越の店員さんいわく、パリにあるものとまったく同じものだそう。
その場で、アンティーク風の瓶に詰めてました。


ちなみに、そのフランス展。

↑の本も売ってました!!!
 ありがとう、三越さま

証拠写真はこちら →
e0174436_9111174.jpg


伊勢丹のほうが有名ですが、三越もフランス展、力を入れている模様。
チーズも、おいしいのがゲットできました!!!
銀座ではなく、日本橋ですので、お気を付け下さいませ!!!
[PR]
by societebonne | 2010-10-08 09:16 | 日本で楽しむフランス

マイユの、フレッシュなマスタード/加藤@東京

パリのすみのは、バカンスへ出かけたようです。
そして、すみのも、書いてましたが、
本当にフランス人にはバカンスが多いですよね。 うらやましい限り。

とはいえ、日本人にとっての最大のバカンスである、
ゴールデンウィークは、もうすぐそこに。
それに伴って、なんだか、今週はバタバタ、忙しくなりそうな予感です。

***
バカンスといえば、
パリに住む友人(アメリカ人)が、日本に遊びに来てます。
(本当は過去形のはずなのに、アイスランドの火山噴火のせいで、
いまだ帰れず、5日の足どめ。 かなり大変なことですよね)

その彼女が、日本に来るにあたって
パリで欲しいものがあれば、買っていくよ、と言ってくれたので、
真っ先にお願いしたのが、↓ 。

e0174436_1131527.jpg


マイユの、マスタードです。
マイユといえば、いわずとしれた、マスタードやビネガーの有名メーカーで、
日本でも、買えますが、これは、ちょっと別物。

パリの、マドレーヌ店と、本店のディジョンでしか買えないはずの、”生”マスタード。

「パリで『うちごはん』」でも紹介していますが、
通常のものとと違い、加熱処理されていないので、とにかく、香りが豊かでふくよか!
本当に、おいしいのです。
生ビールサーバーのようなサーバーから、
その場でマスタードを、このびんに詰めて渡してくれます。
詳しい情報&住所は、「パリで『うちごはん』」をご参照ください。

e0174436_11332692.jpg

いろいろ使えますが、
やっぱり、フランス料理の、定番中の定番。
塩、こしょうで焼いただけけの、牛ステーキにつけて食べれば、本当にごちそうです!


LEE、ありがとう!
そして、早くパリに帰れることを願ってます!
[PR]
by societebonne | 2010-04-19 11:29 | パリのおみやげ