タグ:ラデュレ ( 12 ) タグの人気記事

ラデュレのポップアップストア@ルーブル美術館/角野恵子@パリ

e0174436_222691.png

東京のかとうへ、

たまにはパリの最新情報をお届けしないとね、
ということで、ラデュレ!

ルーブル美術館地下のショッピングモールに、
ラデュレのポップアップストアが登場したそうです。
観光のついでにお土産もチェックでき、
時間の限られた旅行者には好都合なアドレスですね。

写真は、ラデュレの創業150周年を記念して発売されている
クレームシャンティイイの香りのキャンドル(50ユーロ)。
本当に、生クリームあま〜い香りがしますよー。
(単にバニラではないところがミソ!)
このキャンドル、もうすぐラデュレのサフィアさんのBlogでも
紹介されるはず・・・
サフィアさんのBlogはこちら →

そして、ルーブル美術館地下のショッピングモールでは、
ソーラーキャンドルも見つかります。
我が家でも使用中 →
[PR]
by societebonne | 2012-05-31 05:00 | パリの最新情報

エロキチ/カトウ@東京

パリの、すみの様

一昨日の記事では、
「KOMBUCHA」を、昆布茶と勘違いした記事を書いてしまったカトウですが、
この飲料、ますます気になっています。
追記もありますので、詳しくは→

おみやげ、大歓迎だよ~(笑)。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
e0174436_9294773.jpg

で、まったく関係ありませんが、
先日のパリ旅行のときには、まだ、ラデュレ店頭の窓には、日本の誇るキャラ、キティちゃんが。

すみのの、パリ通信により詳しい説明が →

ラデュレとキティちゃん…。
なんとも不思議ですが、心に刺さる人は多いのでしょうね。

ご存知の方も多いでしょうが、ちなみに付け加えると、
キティちゃん、
フランスでは、hello kitty をフランス語読みして、
エロキチと呼ばれています。

何の話をしているのか、一瞬、分からなくなりますよ。
[PR]
by societebonne | 2012-05-09 14:58 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

ラデュレのシャンゼリゼ店/カトウ@東京

パリの、すみの様

パリから帰ってきて、ネタは満載になりましたが、
休みの後の常として、仕事が満載。
ゆっくりブログを書く気持ちの余裕がないです。

というわけで、さくっと書けるネタから。

e0174436_23135022.jpg


パリマラソンのスタート地点はシャンゼリゼ。そのスタート地点をうろうろしていたら、ラデュレがありました。ちなみに、走るところではない歩道に、スタート後にも参加選手がいっぱいいました(笑)。(このときは、すいてるように見えますが、応援の人を含めるとすごい人の数でした!)

火事があったとのうわさのラデュレのシャンゼリゼ店。
e0174436_23181618.jpg

現在は、↑のような感じで、ガラスのところが書き割りになっており、
店の前にブティックだけがありました。

e0174436_23134724.jpg

全体は、2012年の10月に再オープンとのことでした。
ここの内装、好きだったので、どんな感じになるのか楽しみですね。


追伸:ラデュレ、新宿ルミネにもオープンしたみたい。なんか、ありがたみがどんどんなくなって、ちょっとさびしい……。
[PR]
by societebonne | 2012-04-23 23:22 | パリの最新情報

ラデュレ、ボナパルト店2階の『マドレーヌ・カスタンの間』/角野恵子@パリ

e0174436_15455011.jpg

東京のかとうへ、

バターやフランス本など、
楽しい情報をありがとう。
私の方は風邪を引いて寝込んでおります・・・
今週1週間パリはとても天気が良く、連日20度を超える暖かい(暑い?)日々でした。
そういうときこそ、人は風邪を引きやすい。
みなさまも、どうぞご自愛ください。

***

上の写真は、ラデュレのボナパルト店の2階です。
ここが『マドレーヌ・カスタンの間』と呼ばれていること、先日
ラデュレのサフィアさんを取材していて知りました。

マドレーヌ・カスタン(カステン?)は、1930年以降特に活躍した内装デザイナーで
「カスタンスタイル」という彼女一流の様式を生み出した人物。
とくに、「カスタンブルー」と呼ばれる独特な青を愛した人なのだそうです。
以前、ボナパルト通りには、彼女のブロカント店があったとのこと!

そんな逸話のいろいろが、今週の『サフィアのパリ便り』で語られています。 こちら→

そしてサフィアさんを待ちながら、私はこんな写真を撮っていました。→
ラデュレのオマケというか、
プレゼントに付いていた名札を再利用して、
味気ない手帳をリメイクしています。
[PR]
by societebonne | 2012-03-25 16:13 | フランスのレストラン・カフェ

『サフィアのパリ便り』更新されました/角野恵子@パリ

e0174436_1650720.jpg ラデュレのサフィアさんのブログ『サフィアのパリ便り』が更新されました→
今週はマカロンボックスの話題です。
スワロフスキーを使った特注品もあります!
[PR]
by societebonne | 2012-03-15 16:52 | 近況&その他

サフィアさんのブログ、スタート!/角野恵子@パリ

e0174436_323388.jpg 東京のかとうどの、

ラデュレのサフィアさんが、日本のラデュレファン、パリファンに向け、ブログをスタートしました。
『サフィアのパリ便り』
毎週木曜更新です。

パリマダムのサフィアさんは、このブログにも登場してくれていますね。
もともとモードの世界で活躍されていた彼女、実にかっこいい!!! →
[PR]
by societebonne | 2012-02-17 03:16 | 近況&その他

ラデュレ・ロワイヤル店、工事中の幕 /角野恵子@パリ

e0174436_17194020.jpg

東京のかとう殿、

そうそう!それですっ!!
クスクスのスムールの作り方の、手をこすり合わせるプロセス!!!
本場の技を、東京で体験したのですねー、すごい。
私は自分ではやったことがないのですよ。
やはり、熱湯をそそぐ派でして……

ところで先日からなぜかご縁のある、パリの工事中の幕。
コンシエルジュリー →  と、ホテル・ドゥ・クリヨン →  に続き、こちら!
e0174436_1720410.jpg

説明せずとも、お分かりいただけたことと思います。
そうです、ラデュレでございます。

5月下旬まで、ラデュレ・ロワイヤル店では内装工事が行われていて、その工事現場を覆うために
こんなにラブリーなイメージを作成。
e0174436_17202794.jpg

なんと、作者は日本人女性カメラマン!! 篠あゆみさんです!

彼女を抜擢したのは、もちろんマーケティング責任者のサフィアさん
今回も、彼女のジャッジに狂いはない、と実感させられました。
e0174436_17204792.jpg

おそらく現在は、もう新しい売り場が完成し、この覆いははずされているはず。
でもそんなのもったいない!とおもい、ブログでの使用許可をもらったのです。
あゆみさん、ありがとうー!!

ポストカードにでもしてもらいたいくらい、ラブリーだよねー。
女性の感性に乾杯!
ちなみに、もとのイメージを撮影した場所は、ラデュレ・ヴェルサイユ店だそうです。


Ladurée Royale
16, rue Royale - 75008 Paris
Tél : 01 42 60 21 79


Ladurée Versailles
Château de Versailles - 78 000 Versailles
Tél : + 33 1 30 83 04 02

[PR]
by societebonne | 2011-06-02 18:13 | インテリア・暮らし

パリで朝ごはん/カトウ@東京

パリの、すみのさま

スキー休暇は、本当にスキーをしているのかしら?
しかし、本当にフランス人は何かにつけて休んでいてうらやましいなぁ~。
私も2月が終わったら、少しゆっくりしたい……。
たっぷり眠りたい、ただそれだけ(笑)。

ところで、
眠りたいのに時間がないのと、時間はあるのに、眠れない。どっちが辛いでしょう?

実は、この間のパリ出張では、「時間はあるのに眠れない」という状況に。
時差ボケで、22時くらいにパタンと寝たものの、
24時に突然目が覚め、その後はなんと一睡もできないという羽目に陥ったのでした。
どんなに寝ようとしても、眠れない。

幸いだか、それが災いしたのか、フリーWIFIのあるホテルだったので、
ずっとアイフォンをいじって、ネットサーフィンしてました……。

そんなわけで、朝は早くから出掛けたくなるわけです。
せっかくだから、優雅な朝食でも食べたいと思い立ち、
6時くらいから朝食を食べられるところはないかと、
いろいろ調べたのですが(アイフォンって便利!!)、
ホテルはともかく、カフェでそんなに朝早くからやってるところはありません。

それで、待って、待って。
7:30にオープンの、ラデュレへ。
シャンゼリゼ店だけは、7:30オープンだったのです。

ここのシンプルなオムレツがおいしいと聞いていたので、
もちろん、注文したのはオムレツ!!!

e0174436_2353440.jpg

それが、この ↑ 一切の焼き色がついていない美しいオムレツです。
(形は日本人が想像するのより、ずっといい加減ですね)

ナイフを入れるととろ~り、中からクリーミーな半熟状の卵がとろけ出します。
ものすごーく繊細で、本当においしい!

でも、でも、じつは……。
日本人の私には、ぬるすぎました!!
つまり、熱くない、というか、温かくさえない感じ。

作られてから、しばらく置き去りにされてしまったのか、
それとも、フランスではこういうものなのか?
どちらなんでしょ?

熱々がおいしいと思っている日本人からすると、
フランスの料理は、冷めてると思うことが多いし、
(オニオングラタンスープでさえも!)、
フランス人は、熱々の料理を出ると「熱過ぎるじゃないか!」と怒る人もいるそうなので(すみの情報)、
これは、これで正しいのかもしれません。
誰か教えて!

でも、やっぱり、もうほんの少しだけ、暖かだったら、
人生ベストワンのオムレツと言えたんですけど。

ちなみに、このオムレツ。
朝は、パンが2個ついて、6ユーロちょっと。
コーヒーを頼んでも10ユーロくらいなので、
ホテルの朝食で10ユーロとか、15ユーロとかとられるくらいなら、
食べに行く価値ありです!!!

ラデュレの朝食セットはとっても高いので、
上記のように単品で注文するのがお得と思われます。
プチな、ケチケチフランス情報でした(笑)。
[PR]
by societebonne | 2011-02-18 15:52 | フランスのレストラン・カフェ

ラデュレ発「ベルサイユの薔薇」/角野恵子@パリ

東京のかとう殿、

e0174436_22533255.jpg前回のブログでもちょっとお伝えしたチョコレート三昧の毎日が、ついさきほど終了しました。
そう、「家庭画報」12月末発売号で繰り広げられる、パリのショコラ特集の取材&撮影が、無事完了したのですー。
どんなページになるのか、今からとっても楽しみ!!!
是非手にとって見てくださいね。

さて、「家庭画報」の特集では取り上げなかったのですが、ラデュレから「ローズ・ドゥ・ヴェルサイユ(ベルサイユの薔薇)」というチョコレートが発売されています。
このブログでも何度か話題にのぼった、ラデュレのベルサイユ宮殿店(ブティックのみ)のオープンを記念して登場した新作で、ホワイトチョコレートで作ったパステルカラーのバラを楕円形のコフレにおさめた、なんともおしゃれなたたずまい……

ですが先日、「家庭画報」の編集ライター・Tさんがお土産に購入された「ベルサイユの薔薇」は、私が見たものとはまた違っていましたよ。
私が見たもの、つまりこの写真に収めた際の「ベルサイユの薔薇」は、発売前にプレス用に作られていたいわば試作品。
その後多少の変更があったと思われます。

実際に販売されているものは、色もパールももっと強かったです。強すぎ、というのが実は私の本音。
e0174436_23172099.jpg
とはいえ、お土産にはなかなかかもしれません。
このラデュレの世界観は、やっぱりラデュレならでは、です。
加えて「ベルサイユの薔薇」は、今のところ日本では未発売(のはず)。

味は、かなりやわらかいホワイトチョコで口どけ滑らかでしたが、これもプレス会での印象なので、実際に販売されているものはどうだろう。(参考にならず、ごめんなさい)

ところで、ラデュレのベルサイユ宮殿店オープンはいつ??
年内には必ず、と聞いていたのだけれど……
詳しいことがわかったら、又ご連絡します。

PS
かとうのおかげで、エッフェル塔のイルミネーションのなぞが解けました!
日々窓から眺めているエッフェル塔のきらきらが、いつもと違っていたので、「これはいったい?!」と親子ともども不思議に思っていたのです。
サンキューサンキュー!
[PR]
by societebonne | 2009-11-15 23:27 | パリの最新情報

ラデュレのバターは、エシレ?!/角野恵子@パリ

以前、ご質問いただいたラデュレのバター。

パスカル・ベイユヴェールのものでは、とのことでしたが(細かいリンクをはる時間がありません、お許しを)
先日質問したところ、「エシレのはずよ」とのこたえ。
シェフに確認したほうがいい、といわれたもののその日は時間がなく……
今日、ラデュレ広報責任者のサフィアさん宅を取材し、
その後ラデュレのボナパルト店を取材するので、今日こそこの疑問を明らかにしたいと思います。

めずらしく仕事していて、写真をアップしたり
リンクをはったりなどができません。ごめんなさい。後でかならず。
[PR]
by societebonne | 2009-09-29 13:43 | フランスのレストラン・カフェ