タグ:Kyoko Kato ( 256 ) タグの人気記事

ル・コルビュジエ、フィルミニの教会ほか/加藤@東京

パリの、すみの様

今日も、なんだか、暑いっす。
とはいえ、朝晩には、秋の気配もあるので、
もう、秋はそこまで来ているそんな気もします。

e0174436_1805877.jpg


そういえば、こんな↑教会にも行きました!

このブログでは、なんどか出てきているル・コルビュジエの建物。
 ←アトリエ
 ←ロンシャンの教会

この教会↓ ↑ は、フィルミニという小さな街にあります。
こういってはなんですが、”郊外”感満載の、ちょっと、さびしい街です。
リヨンの南、サンテチエンヌのそばです。

ル・コルビュジエの死後、建設途中でとん挫していたらしいのですが、
(30年も、放置されていたらしい! さすが、フランス…)
2006年に完成したそうです。

e0174436_1805661.jpg

外観もおもしろいけど、
中に入ったときの光の入り方が美しい!
(うまく撮れてませんが、美しかったです!)
基本、教会らしく暗いのですが、
小さな穴や窓から、幻想的に光が差し込みます。

それから、音響もおもしろくて、
きっとここで教会音楽とか聞いたら、すばらしく響き渡る感じなんだろうなと思います。
人もいなかったので、思わず、日本の童謡を口ずさんだりして(笑)。

そして、この街には、
マルセイユなどにもある、ユニテ・ダビタシオン、共同住宅があります。
↓ これです。
e0174436_181820.jpg


マルセイユの雰囲気とほぼ同じ。
巨大な船を想像させる、本当にでっかい共同住宅です。

e0174436_181348.jpg

e0174436_18147.jpg


中も、見学できます。↑
再現された内装を見たことはありましたが、
実際の建物内で、建築当時の内装のままは初めてです。
(マルセイユでは、一部中をホテルにしてあったので、そこに泊まりましたが、
こういう風に、住居内は見学できませんでした)

実際の建物の中に入って見てみると、景色がすばらしいことに気が付きます。
解放感はありますが、広さに対して間口は狭すぎる感じなのと、
抜けてない部分の天井は低いなぁというのは、本物を見ても、やっぱりという感じ。

一階おきに玄関があるのも、実際の建物で体験するとより意味が分かりやすいです。

そして、↓ 。
e0174436_181659.jpg


最上階には、幼稚園&小学校がありました。
今は、もう廃校になっていて、こういう見学者のために、解放してくれています。
屋上も同じです。

この建物をひとつの街と見立てたコルビュジエの構想は、必ずしも成功はしてませんが、
やっぱり、おもしろい提言であったことは間違いありません。

今でも、多くの人が住んでいますし、
ここで育った子どもが一度、ここを離れ、再びまた、戻ってきているなんて話も聞きました。

←こちらで、フィルミニのコルビュジエ関係の見学について分かります(英・仏・独語)。
ユニテの見学は、直接ユニテに行くのではなく、
教会の裏にある Maison de la Cultureに行き、申し込みます。
そこから、みんなで連れだって、ユニテへ移動。
(車じゃない人は、誰かに同乗させてもらってました)
ユニテ内はずっとガイドの説明付きで回ります。
1時間くらい、けっこう丁寧に解説してくれました。
途中、何回か、私たちに大丈夫か?フランス語は早すぎるかと?珍しく気を配ってくれたガイドのお兄さん。
この建物を愛している感じで、かなり、熱い語りでした。


・・・
←の、すみののツイッターの右側が切れてしまうのですが
(最初からずっとそうです)、
修正する方法ご存知のかた、教えてください!
[PR]
by societebonne | 2012-09-11 16:17

チーズ工場見学 in ブルゴーニュ/加藤@東京

パリの、すみの様

パリの暮らしは、通常営業に戻りましたか?
東京もようやく、恐ろしい暑さの日々が終わった気がします。

e0174436_1874799.jpg


4月の旅のときは、ブルゴーニュでチーズ工場を見学しました。
Fromagerie GAUGRY  です。

前回の旅も合わせ、
なかなか、チーズ工房の見学ができずにいたのですが、
ここは、そこそこの大手で、行程をガラス越しに見学できるように作ってありました。

見学ができて、ショップでもチーズが買えますので、
ブルゴーニュのワイン巡りをされるかたなら、ついでにいかがでしょうか?
見学だけなら、無料。
いろいろなチーズの試食ができるセットなどもありました。


e0174436_1875044.jpg

けっこう近代的な工場っぽいところでしたが、チーズは”菌”を使う食品。
衛生面には、かなり注意を払う必要があるようです。
とくに、エポワスは、昔、事故があったそうですし。


e0174436_1875170.jpg

で、何がいちばん、おもしろかったかというと、「洗う」作業が見られたこと。
よくウォッシュチーズといいますが、洗うチーズって、一体?と長年の疑問でした。
見たことがある人に聞くと、塩水とかお酒でなでるようにすると教えてくれましたが、
その瞬間を見ることができました。

e0174436_187532.jpg

ブルゴーニュといえば、エポワスですから、
これもマールで洗ってるのか、はたまた塩水なのか、分かりませんが、
職人さんたち、水分を手につけては、一個一個のチーズを手に取り、
ぐるぐるっと、なでまわしていました。

リズミカルに、ささっと、という感じです。
遠くから見ると、おにぎりをにぎっているように見えます。
素手の人もいれば、手袋をつけている人もいる。そんな感じですね。

こうやって、何度も洗われ、さらに熟成され、
あのにおいをまとった、ウォッシュはできるのですね~。

後から聞いた話ですが、
ここは、無殺菌乳でエポワスを作るレアなチーズ工場とか。
日本には、たぶん入ってきません。
エポワスは、過去に事故があって以来、
無殺菌乳で作るところがほとんどなくなってしまったのだそうです。

そんなことも、露知らず、
ここでは、エポワス買わずに、ほかの変わったチーズ買ってしまったんですよ==。
ああ、残念!

ちなみに、←前日の晩のシャンブルドットでいただいたチーズは、こちらのものでした。
でも、パッケージには、au lait cru(生のミルク、無殺菌乳)とは、書いてないなぁ~。
違ったのかなぁ~~。

ちなみに、パリでは、あちこちで見かけますので、
見かけたかたは、ぜひ、お試しあれ!
[PR]
by societebonne | 2012-09-05 15:15 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

フラゴナールのテントウムシ/カトウ@東京

パリあらため、山梨里帰り中のすみの様

e0174436_9442674.jpg


パリのおみやげで、かわいいものいただきました!

フラゴナールの練り香水。

ポルトー・ボヌールというシリーズで、
幸せのお守り的なものがモチーフになっています。
いただいたのは、テントウムシ。
ほかには、スズランとか、四葉のクローバーとかがセットになっているようです。
詳しくは →

香りはやさしく、漂わせるというほど残りませんが、
つけるときに、ちょっと優雅な気持ちなれ、
ふだん香りものをつけない私のような人でも気軽に使えます。

大きすぎないし、かわいいし、おみやげにぴったりだなぁと思いました。
検索すると、パリのモニュメントシリーズなどもあるようで、
それも、おみやげによさそうですよね。

このブログを読んではいないと思いますが、
 I さん、ありがとうございました!
[PR]
by societebonne | 2012-08-28 09:56 | パリのおみやげ

アーティチョークを食べました/カトウ@東京

e0174436_9123432.jpg


←このイベントにでかけたとき、
新潟のピア万代という、道の駅のような、産直市場のようなところに行きました。
ここです→

で、売っていたんです、↑ のアーティチョーク。

3つ200円という格安ぶり!

フランスでよく売っているタイプより小さく、
すでに、つぼみがひらきかけている感じです。
イタリアで見かけるものに、より似ている気がしますが、
種類が違うのでしょうかね?

e0174436_9123463.jpg

で、これ ↓ を参考にゆでまして、


シガシガ、べちゃべちゃしながら食べました(笑)。
詳しくは ↑ の本に載っています。
(久しぶりに宣伝してみましが、パリに行かなくても役立ちますよ=)

ホント、食べるところ少なくて、ごみは多いし、不思議な食べ物。
でも、おいしいですよ!

道の駅や産直市場って、変わり野菜は果物が格安で見つかっておもしろいですよね。
そういえば、ばん桃も、青森の道の駅で見つけたのでした。
詳しくは こちら →

「道の駅の食材で、パリごはん」、そんな楽しみ方はいかがでしょうか?
そんな楽しい企画には、
以下の本が役立ちます(笑、しつこい!)

[PR]
by societebonne | 2012-08-17 10:21 | 日本で楽しむフランス

シャンブル・ドット/カトウ@東京

一時帰国中、そして東京滞在中のすみの様

まだ、4月のパリ旅行のネタを大事に抱えているカトウです。
そろそろ、もっと放出していかねばなりません。

e0174436_182419.jpg

フランス版のB&B、シャンブル・ドットに泊まることが好きだと、
ここで何度か書いているかと思います。

ふつうのフランスらしい暮らしに触れられるプチホームステイのような経験ができます。
で、基本、夕食もつけられるところに泊まることが多いです。

で、4月の旅のときに泊まったのが、ブルゴーニュのシャンブル・ドット
Le Verger des Hautes Cotes

8 Route de Magny
21700 villers-la-faye
33(0)3 80 62 95 60
ホームページあります →

Hautes-Côtes de Nuits なので、
ブルゴーニュワイン巡りの聖地ど真ん中ではないですが、
車でブルゴーニュを旅している人には、十分に便利な場所。

なんと、1泊58ユーロ!(1部屋の値段です)
シャワー&トイレはちゃんと個々の部屋にあるので、普通のホテル感覚ですよ。

最近、分かったのは、おしゃれ系よりも、
ちょっと素朴系に泊まったほうが、よりディープにフランスっぽさが味わえること。
今回も、その前がしっかりお金をかけた、おしゃれ宿だったので、
シャンブル・ドットは、素朴系。
農家をリフォームしたお宿で、シンプル、清潔、
素朴でお金はかかってないけど、十分にかわいい。

e0174436_1824367.jpg

窓からの景色も、緑の畑で、いい感じでした。

e0174436_1824575.jpg


で、もちろん、夕食もつけたわけです。
ここは、夕食をみんなでいただいた食堂。
シャンブル・ドットって、夕食つけると、宿のご主人と、泊まり客全員で食卓を囲むことが多いです。

e0174436_1824791.jpg

ここの夕食は、1人28ユーロ。
食前酒から、夕食中のワイン、チーズも込みだから、かなりお得感満載!
もちろん、近隣で作られているワイン、チーズで郷土色も満載!
お料理もブルゴーニュらしいものが基本です。
上の写真は、ブルゴーニュ料理として有名な、ジャンボン・ペルシエ。
ハムのゼリー寄せのテリーヌみたいなものですね。
パセリがたっぷり入っていて、にんにくがものすごくきいていました。

e0174436_1824854.jpg

そして、鶏むね肉の、ディジョンマスタードとクリーム煮
 
e0174436_1825764.jpg


そして、お待ちかねのチーズ!!!
こんなに用意してくださっていて、びっくりでしたよ。

もうひと組は、オーベルニュから来たご夫婦で、
こんなチーズ(ブルゴーニュなので、ウォッシュ系が多かった)は、初めてと言ってました。
やっぱりチーズは食べるけれども、地元のものしか食べないって言っていたのが印象的。

退職をしたので、夫婦二人旅を、ちょっとずつ始めたそうで、
ほとんどフランスのどこにも行ったことがなく、
日本人の私たちに、どこがおすすめか、聞いてました。

e0174436_1825991.jpg

で、最後は、りんごのタルトが出て、終了。
お腹いっぱいでした=。

食前酒のキールは自家製と言ってましたし、
ワインも、地域名ワインだけど、一級畑の隣でできたものだよと、、
安くてレベルの高いものを飲ませてくれました。

洗練はされていないけれど、
ふつうのフランス料理が楽しめて、簡素だけどいい宿で、
元農家のご主人が楽しそうにお仕事されている様子もすごくよかった!

やっぱり、シャンブル・ドット、好きだわ~。

追伸:
とはいえ、フランス人の中での食事はかなり途中ぼんやりでした。
ときどき、気を遣ってご主人が話をふってくれるんですけど、
フランス語のうずとなってしまうと、ほとんど、なんだか分からない感じです。
1泊だけでいっぱいいっぱいではあります。
[PR]
by societebonne | 2012-08-07 14:44 | フランスの地方へ

ときめきフード オイル更新/カトウ@東京

e0174436_10103640.jpg


オレンジページネットのときめきフード、
東京から、オイルの記事、更新されています。

こちらから、どうぞ →
[PR]
by societebonne | 2012-07-30 10:13 | フランス気分?の、日本食材

新潟で日本チーズセミナー/カトウ@東京

パリの、すみの様

ようこそ、日本へ!
お帰り=。
ものすごく暑い夏が待っているかと思いきや、
案外、涼しくてがっかりしてるんじゃないでしょうか?

e0174436_16472674.jpg

でも、でも、ちょっと前まで、本当に暑かった!

このパン ↑ をいただきに出かけた、
新潟でも、35℃近くになり、本当にこんな日本に誰がした~!って感じだったよ。

さて、このパンは新潟の「ラ・ターブル」というパン屋で焼かれたもの。
ラ・ターブルは、料理家、重信初江さんと古くからの友人、佐藤哲栄さんのお店。
今回は、ラ・ターブルの主催で、
チーズのイベントがあるということで出かけてきたのです。

第三回目だそうで、参加者が約200人という大きなイベントでした。
今回のテーマは、「チーズ de おしゃべりの会『つながる和』」ということで、日本のチーズでした。

最近、日本チーズづいています。

フェルミエの本間るみ子さんのセミナーがあり、
その後、たっぷりのチーズを囲みつつ食事です。

e0174436_16533795.jpg

↑ 今年の春、那須にオープンしたばかりの、
今牧場のチーズ工房の山羊のフレッシュチーズ。

e0174436_16534273.jpg

日本のチーズといえばの代表格のひとつ、
岡山・吉田牧場の、カチョカバロ。
10年以上前に取材に伺いましたが、
どんどん手に入りにくくなっているチーズです。

e0174436_16535235.jpg


↑ そして、先日、このブログにも書いた
チーズ工房タカラ。牛のチーズで、
タイム、コリアンダーシード、ローズマリーがまぶされています。
これが、とろっとしている部分、さわやかな酸味が残っている部分のバランスが絶妙でおいしかった!

e0174436_1654099.jpg

今牧場のフレッシュチーズを使った前菜。
ミルクの甘みがほどよく、トマトとの相性も抜群!

ほかにも、
←に書いた松本の清水牧場のバッカス
(相変わらず、完成度の高いおいしさ!)や、

←に書いた広島の三良坂フロマージュの、レモン風味のフロマージュ・ブラン。

などなど、盛りだくさん。
やっぱり、日本のチーズのレベルはかなり高くなってますよ~と、再認識。

e0174436_165447.jpg


そのうえ、バター ↑ は、あたりまえのように、佐渡バター!
ミルクまんまのような、クリーミーなバターで、ファンも多いのですが、
同じテーブルに佐渡バターのかたが座っていて、びっくり!

ミルクが違うとおっしゃってましたが、
ここのバターは、かなり白いのです。
そのあたりのこと、またじっくり伺いたいなぁ。

e0174436_1654857.jpg

そして、途中、今牧場の高橋さんが、モッツアレラ製作の実演。
なんと、この木だらいからお湯がざっぱーんと流れ出るというハプニングもあったのですが、
できたてモッツァレラもふるまわれました。

そして、それぞれと合わせるべく、
たっぷりといただけたパンがどれも美味。
今回は「和」がテーマだったので、レアな新潟産の小麦を使ったパンや、
新潟の青豆、佐渡の干し柿を使ったパンもありました!
どれも、チーズとよく合い、とってもおいしかった!

この会では出ませんでしたが、
この新潟産の小麦を使ったクロワッサンがお店で販売されています。
これが、おいしい!
バターの風味に負けず、小麦の味がしっかりします。
また、食べたい!!

と、こんな感じで、とっても、充実した会でした。
ラ・ターブルのみなさま~~~、本当にありがとうございました!
今度は、東京、もしくは、那須で会いましょう!!

これからも開催していきたいとおっしゃっていたので、
お近くのかたは、ぜひ、チェックしてみてください!

なんと、先に重信さんのブログで紹介されています →
ラ・ターブルのブログはこちら →
[PR]
by societebonne | 2012-07-23 16:16 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

チリピクルス/カトウ@東京

バカンス真っ最中の、すみの様

パソコンから離れてのんびりできてますか?

e0174436_185066.jpg


さて、すみのが一時期、パリのインド料理にはまっていたことがありました。
そのときに教えてもらったのが、写真のチリピクルス。
青唐辛子のピクルスです。

日本でも似たようものが買えますが、
私はここのが好きで、きらさないように、自分で買ったり、すみのに買ってきてもらったり。
このブランド、日本にもいろいろ入ってるのに、なぜか、これはないのです。

ちなみに、イギリスブランドのインド食材。
なぜ、パリで?と思いつつ。自分へのパリ土産になってます。

デザインが一新されていて、ちと不安でしたが、私の大好きな味は変わらず、よかった!
普通のカレーを作ったときに添えていただくだけなので、
一本買うと、なかなかなくなりませんが、
じつは、一番くらいにリピート率が高いものなので(パリなのに、笑)、
ご紹介してみました。
[PR]
by societebonne | 2012-07-19 17:13 | パリのおみやげ

まぼろしの、2012年パリオリンピック/カトウ

e0174436_759467.jpg


パリのすみのへ。

もうすぐ、オリンピックがはじまりますが、パリは盛り上がってますか?
ちょうどパリに住み始めた2004年夏に、
アテネオリンピックが行われていたことを思い出します。
日本とはぜんぜん違うスポーツばかりが放映されていて違う大会かとおもったほど。
女子マラソンなんか、あとちょっとでゴールというときに、
放映が終わり、あぜんとしました(笑)。

さて、写真は、私が今も愛用しているエコバッグ。
マルシェでもっと買い物しようキャンペーンで配られていたものです。
そして、パリのオリンピック招致を応援しようというキャンペーンでもありました。

そう、2012年、ロンドンと並んで、パリも最終候補地に残っていたのです。
エッフェル塔にも応援ライトアップがされていましたね。

たまたま、開催地の最終決定発表のその時間、
パリ市庁舎のあたりにいた私。
大勢の人が大スクリーンの前に集まっていたので、その場で様子を眺めてました。

フランス語が分からないのもそうですが、がやがやしていたので、
ぜんぜん聞き取れず、どこに決まったのか分からなかったのを覚えています。
でも、場の雰囲気でパリじゃないんだなということだけ。
すぐ近くにいた人に、「どこに決まったの?」と聞かれ、
フランス人のあなたに、私が聞きたいと思いました(笑)。

というわけで、もし、決まっていたら、
今頃、パリは大騒ぎだったことでしょうね。
全世界的なお祭りだから、決まっていたら、
すみのも今年は夏の帰国がもっと遅くなったかもしれないね。
[PR]
by societebonne | 2012-07-13 15:47 | 近況&その他

片づけのルールが!/カトウ@東京

パリの、すみのへ

ヨーロッパは雨続きみたいですね。
東京は、梅雨とはいえ、案外お天気が続いています。

・・・・・・・・・・・
さて、
フランスの片づけのルールも掲載されているこの本。


なんと、韓国でも発売されることになりました!
じゃ~~ん!!!
片づけのルール 韓国版です
e0174436_21404687.jpg


一切、韓国語、わかりませんので、
タイトルがどういう意味なのか、すみのや、私の名前はクレジットされているのか?
それさえもわかりません。
表紙も全然違うものになっていて、開きも逆。
違う本のようですが、なかなか、得難い経験です。
韓国にお住まいのかたで、
このブログを読んでくださっているかたがいるとは思えませんが、
そんなかたがいらしたら、ぜひ、見てみてください!

そして、もうひとつ。
よく購入している雑誌、『カーサブルータス』。
この雑誌までもが収納特集を組むご時勢。
もちろん買って、パラパラ見ていたら、発見!!

e0174436_21404788.jpg

わかるかしら? 片づけのルールが掲載されていたのですよ~。




片づけのルールは、「収納上手にならなくていい」というテーマで作りましたが、
カーサは、「そろそろ本気で収納上手になる!」というタイトルでした(笑)。
[PR]
by societebonne | 2012-07-11 21:55 | 近況&その他