タグ:keiko sumino-leblanc ( 440 ) タグの人気記事

A NOUS PARIS =ア・ヌ・パリ、パリのメトロのフリーペーパー

東京のかとうへ、

この間から2回ご紹介した、パリのバレンタインスイーツ。
ルノートル →
ラデュレ →

今回は、A NOUS PARISという、メトロのフリーペーパーのページから。


e0174436_2282550.png


e0174436_2285918.png



見開きでこんなぐあいに、エルメの白いハートのケーキや、
ラデュレのマカロンボックスなどが、紹介されています。
チョコレートに限らず、女性向け、男性向けの
気の利いた小さなプレゼントが取り上げられているところが、フランスらしい。

ア・ヌ・パリは、メトロの改札付近のホルダーに
たくさん積み上げておいてあります。
月曜発行の週刊フリーペーパー。
エクスポ、映画、クラブ、レストランなど、
役立つパリ情報が掲載されているので、パリを旅される方は手に取ってごらんになると
よいと思います。
ちなみに上の写真の情報は、今週号から。

そしてかとうさん、このア・ヌ・パリ、PDFをダウンロードすれば
日本からでも読むことができるのよー!!
こちら →A NOUS PARIS
リール版、リヨン版、マルセイユ版なども、閲覧可能。
便利ー。
[PR]
by societebonne | 2013-02-12 22:24 | パリの最新情報

パリのバレンタインスイーツ② ラデュレ/角野恵子@パリ

e0174436_18531543.png

東京のかとうへ、

ガレット・デ・ロワ、いいよね。
私の方は、今年は5回だけ食べました。(うち3回は自分で自分のために購入)
そのうちの1回は、パン屋の友人がたくさん持って来てくれて、
その後2、3日間というものは、朝もガレット、昼もガレット、おやつもガレット、と
ガレット・デ・ロワ三昧。
「来年分も食べました。もうたくさん」
と、そのときは当然うんざりしたけど、わずが数日後にまた、自分で買っていた。
よほど好きなんだと思います。

さて、もうすぐ2月! ということで、バレンタインの話題!
前回のルノートルにつづき、ラデュレです。

↑ “ルリジューズ・バレンタイン”、1470円。
二人でわけあうスイーツになっていて、中に2種類のシューが。
左側、ピンク色の半分は、ローズティ風味、
右側、チョコレート色の半分は、コニャック風味です。
残念ながら私はまだ食べていないのだけど、
けっこうしっかりとコニャックの香りがするようです。
*2月9日~14日 銀座店、日本橋店、新宿店にて販売。


もうひとつ、マカロン・テ・ア・ラ・ローズと、マカロン・コニャックの入った
↓ 限定マカロンボックス“バレンタイン”
14個入り、6750円。
e0174436_18533640.png

あいかわらず、ガリー&ラブリーですね。
マカロンだけをばらで買うこともできるようです。
*2月1日~ラデュレ全店にて販売


あと、フランスでは、2月にクレープを食べますね。
この、シャンドルール=聖母マリアお清めの祝日が終わると
すぐにバレンタイン、
つづいてイースター・・・
お菓子がらみのイベントが、まだまだ続きます。
[PR]
by societebonne | 2013-01-30 19:22 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

マイユのフレッシュマスタード/角野恵子@パリ

e0174436_20401388.jpg

東京のかとうへ、

ときめきフード、更新されましたねー → 

今回のお題は「マスタード」で、
なんとなんと、ついこの間かとうがUPしていた品なのです。
かとうのこちら→ 見たときはあせりました(笑)。


ときめきフードのほうも、ぜひご覧くださいませ。
生ビールのようりょうで、ポンプから注ぐ瞬間もとらえております。

ちなみに、上の写真は、
左のクリーム色の容器が通常版、黒がクリスマスシーズン限定商品の
トリュフ入りです。

1年間続いた連載、ときめきフードも、
なんと今月が最終回!!
分かっていたけど、あっという間だった!!!
またどこかで、ソシエテ・ボンヌの情報をたくさんの方々にお届けできるよう、
これからも精進せねばです。
[PR]
by societebonne | 2013-01-22 06:44 | パリのおみやげ

パリのバレンタインスイーツ① ルノートル/角野恵子@パリ

e0174436_18304193.png

東京のかとうへ、

サロン・デュ・ショコラフィーヴァー、今年も東京に! 
パリの私からは、来月に迫ったバレンタインの話題です。
パリのルノートルから、素敵な画像が届いたのでUP!!
まずは、↑フランボワーズを使ったハート形のミルフィーユ
『Follement Mille-feuilles』
2人分で29ユーロです。
トップのクリームは、シブーストクリームかな。


続いてチョコレートの『Love & Paillettes』
4粒で5,90ユーロ。
e0174436_1832657.png

フランボワーズ風味のプラリネと、ヴェニス風紅茶ミックスのガナッシュを
ショコラノワールで包んだハート形のチョコレート。
この他にもハート形のアントルメや、フランボワーズのエクレアなど
合計5つのクリエーションが発表されています。
どれも、パートナーと共に分かち合うのがテーマ。



すでに何度か書いた気がしますが、
フランスのバレンタインデーは「恋人たちのお祝い日」。
男性は女性に、女性は男性に、
プレゼントを贈り、キャンドルを灯したテーブルで二人だけの食事をし、
という日です。
(ホモセクシュアルのカップルもね)
プレゼントは花、アクセサリー、本、小物、など、いろいろ・・・
だから、フランス人に日本のバレンタイン事情を話すと、
とても驚かれます。
「バレンタイン以外の日は、愛の告白ができないの?」
「相手が自分のことを好きかどうか分からなくても、贈りものをするの?」
「一体何人にチョコレートを贈るの?(義理チョコの場合)」
これだけインターネットが普及した世の中でも
案外分かりあえていないことってあるんだよねー。

パリのバレンタインスイーツ、続きます!
[PR]
by societebonne | 2013-01-12 19:25 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

2013年、よい1年に/角野恵子@パリ

e0174436_22573173.jpg

東京のかとうへ、

思い出しましたよ、かとうが東京で食べさせてくれたチーズの
あの奥深い味わい。
どういうシチュエーションだったのかは、まったく覚えていないのに
(失礼、年のせいなの???)
味や香り、ちょっと乾燥した感じのテクスチャーは、
よく覚えています。
こんな私ですが、本年もよろしくお願いします。
三が日は過ぎてしまったので、そっと新年のご挨拶です。

写真は、編み物に戯れる愛猫テト。
以前かとうに贈ったショールと同じ毛糸の、グレーのものです。
これを2本取りにして編むと、それはそれはゴージャスなショールになるのじゃ!
一昨年、フランスの親戚に編んであげたらとても好評だったので、
この冬は自分用に編みました。

ついでにもひとつ、編み物の話をすると、
友人の赤ちゃんにもカーディガンを編んであげた。
どうしてもクリスマス前に完成させたく、猛スピードで仕上げました。
そしたら1歳用のはずが、5歳でも着られそうな大きさに・・・
ちゃんとゲージをとってからでないと、サイズのあるものはうまく行かないね。
(って毎度思うけど、やったためしがない)

編み物は、忙しい時にはできないけれど、
編んでいるときは頭の中がスッキリと、いい感じです。
これからすべきことが、はっきりと、整理される気がする。
それが、目先の掃除や片付けだったりすることもありますが、
猛烈な出来事を渦中からではなく、その猛烈さの全体を眺め渡せる位置から
観察して判断し、行動をして行くのに、
編み物というプロセスが手助けしてくれる・・・ こともあると思います!
だから、凝った編み物は好きじゃないよ。
疲れますから。


良い年にしようね!!
[PR]
by societebonne | 2013-01-05 00:11 | 近況&その他

マラケシュ、マドラサ・ベンユーセフ/角野恵子@パリ

e0174436_044689.jpg

東京のかとうへ、

ブーダンノワール、from東京のあとに、
パリの私からは、クリスマスを過ごしたマラケシュの写真を!

マドラサ・ベンユーセフ、1500年代中頃にスルタンによって建設され、
4世紀にわたり学生寮として機能していた、という建物。
漆喰の壁に小さな窓、そのランダムな配置の加減が
今まであなたが見せてくれた、コルビュジエの教会を思わせたのです。
「かとうに見せねば!!」と、3カット撮影。

ご参考に、かとうがアップしたコルビュジエ建築:
ロンシャンの礼拝堂 → 
フェルミニの教会 → 


e0174436_0455941.jpg



今回のマラケシュ3泊旅行では、オルリー空港の“ビンテージ”な内観・外観からはじまって、
デザインや建築に目の行く旅でした。
かとうの影響だなあと感じます。
ユニットでやっているからこその、豊かさだよね。



e0174436_1212727.jpg



〈角野恵子のパリ通信〉パリからマラケシュの旅の様子はこちら → 
[PR]
by societebonne | 2012-12-28 01:19 | 近況&その他

2013年 ,我が家のクリスマスツリー/角野恵子@パリ

e0174436_17465640.jpg

東京のかとうへ、

どーです、2012年我が家のクリスマスツリー!
どんな飾り付けにしよう、と悩み、
最終的にスーパーで買えるデコレーション用チョコレートを使いました。
私らしいツリーだと思っています。
(ラグジュアリーを目指したが、無理だった)

こうしてパソコンで作業をしている真横にツリーがあるので、
森の中のような良い香りがするよー。
クロロフィル&マイナスイオンむんむん。
フランスの冬は寒く、グレーの空が続くので、
こういう工夫をして、厳しい季節をなんとか明るく過ごそうとした
先人たちの知恵を実感します。(まったく見当違いだったら申し訳ない)

ツリーを買うのはこんな具合 → 
今年は素手で抱えて持ち帰りました。

ついでに、今年、パリに初登場の3Dイルミネーションはこちら → 

華やかなツリー、素朴なツリー、(& 我が家のような手抜き? ツリー)
いろいろあって、それぞれがチャーミングだと思います。
自分たちでくふうしながら飾り付けるツリーは、
どんな状態に仕上がったとしても世界一だよね。

メリークリスマス!
[PR]
by societebonne | 2012-12-21 04:20 | インテリア・暮らし

ラ・パティスリー・デ・レーヴの京都ブレスト/角野恵子@パリ

e0174436_572091.jpg

東京のかとうへ、

長らくご無沙汰してしまってごめん!
気づけばすでに『パリ⇄東京ときめきフード』が、更新されているではありませんか! 
こちら→

今月のお題は『シュー菓子』です。
詳しくはサイトをご覧いただくとして、
不採用となりながらも気に入っている写真 ↑を、アップします。
ラ・パティスリー・デ・レーヴでは、1人向けの小さなパティスリーを1個だけ買う場合、
ピラミッド型の箱に詰めてもらえます。
中をのぞくとこんな感じ。
よいよね。

詳しくはこちら→、ご覧くださいませ!
[PR]
by societebonne | 2012-12-15 05:21 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

ホテル・フーケッツバリエールのイルミネーション/角野恵子@パリ

e0174436_18141429.jpg

東京のかとうへ、

先週水曜日、ついにシャンゼリゼ大通りに
クリスマスイルミネーションが灯りました。
と同時に、シャンゼリゼのランドマーク、カフェフーケも
オリジナルなイルミネーションをスタート。
カフェフーケに隣接するホテル・フーケッツバリエールの中庭が
3D仕様でライトアップされているそうです。
ホテルフーケッツ・バリエールのFacebookで知りました。
3D仕様、どういう技術なのかはよくわかりませんが、
Facebookにアップされていた写真は、なかなか面白く・・・

e0174436_1815443.jpg


色、デザイン、いろいろ変わるようです。


e0174436_1817891.jpg


近未来的であったり、
マハラジャ的であったり。


e0174436_1817592.jpg


この中庭のライトアップは、18時30分からスタートするそうです。
見に行きたいのだけど、今のところ機会がありません。
ちなみに、ホテル2階のバーに陣取ると、このライトアップがよく見えるそう。
ソシエテボンヌも、そのバーで宴会をしたことがありましたね → 

ホテル・フーケッツバリエールのFacebookアカウントはこちら → 
今回アップした写真は、すべてここから借用させてもらいました。

また行きたいねー、フーケッツ!



Hotel Fouquet's Barrière
46, avenue George V
75008 Paris
Tél : +33 (0) 1 40 69 60 00

[PR]
by societebonne | 2012-11-27 03:30 | パリの最新情報

コメ・ニコラさんのミニエッフェル塔ペンダント/角野恵子@パリ

e0174436_20184860.gif


東京のかとうへ、

ルビーの入ったエッフェル塔!
シルバーのペンダントトップですよー。
潔いフォルムが“大人”な感じの、このエッフェル塔チャームは、
日本人ジュエリーデザイナー、コメ・ニコラさんの作品です。
今週日曜、パリ6区で開催される『ポワン・イデ展』に
出品されるそうなので、
パリにいらっしゃる方、エッフェルフリークのみなさまはぜひ!

ポワン・イデ展
11月25日(日) 
12時~19時
会場:cafe des fous
6 rue de Montfaucon
75006 Paris




このあいだ、ドゥ・ビュイエのエッフェル塔フライパン→
情報をアップし、以来、エッフェル塔の永遠のデザイン性を
もう一度再認識している感じなのです、私。
そんなところに、このチャーム、ピン! と来ました!!
コメ・ニコラさんとは、実は面識はないのだけど、
以前私が宝飾の翻訳を引き受けた時、専門用語について質問させてもらって
いろいろ助けていただいたのです。
見ず知らずの私に、コメ・ニコラさんは親切でした。

そんなコメ・ニコラさんのBlog → 

私も世話になってばかりでなく、ひとことお礼の言葉を伝えに
今度の日曜日、ポワン・イデ展に行くべきだよね!

*追記:
写真のエッフェル塔チャームは、80€です!
お値段もかわいいね。
[PR]
by societebonne | 2012-11-21 20:37 | パリのおみやげ