タグ:keiko sumino-leblanc ( 440 ) タグの人気記事

カフェフーケのナプキンリング/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_1264274.jpg

東京のかとうへ、

パリのハイソな情報、キャッチしましたー!

私も大好きな、シャンゼリゼのランドマーク、カフェフーケ
(フランスではフーケッツと呼ばれています)、
ここは常連客に、名入りのナプキンリングをお作りしているのだって。
その常連さんが来店すると、かならずそのナプキンリングで
テープルをセットするのだそうです。
素敵だよねー。

カフェフーケから、常連さんへの小さなプレゼント。
こういう小さな心配りこそ、「しゃれている」と感じます。

私もたまーに、カフェフーケに行って
(よくいう“自分にご褒美”ですね)
エコシャンパンのポップアースを飲んだりするよ→こちら
ナプキンリングを作ってもらえるような常連さんに
なりたいものです。
[PR]
by societebonne | 2012-08-22 13:08 | フランスのレストラン・カフェ

アランミリアのジュース@ときめきフード/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_1218277.jpg

オレンジページネットの連載『おいしくってかわいい ときめきフード』が
更新されました →

今回は『アランミリア』の贅沢ジュースと、
フランスの国民的レモネード『ロリーナ』を紹介しています。

上の写真は、アランミリアのパリのショップ。
いつ見ても、圧倒的なラインナップです!
アランミリアにはジャムやコンポートもあって、
こちらはお土産に喜ばれそう。

ときめきフード、ご覧くださいませ。→
[PR]
by societebonne | 2012-08-16 12:24 | パリのおみやげ

シャンブルドットと田舎の家/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_9175089.jpg

東京のかとうへ、

かとうのフランス・シャンブルドット情報→を見ていて、
思いました、
「これはフランスの、セカンドハウス体験と同じだ!」と。

上の写真は、このブログにたびたび登場している、我が夫ファミリーの田舎の家。
場所は、セシー村という、ブルゴーニュ地方の外れの
小さな小さな田舎です。
お手頃プライスのシャンブルドットを選ぶと、かざらない「素」のフランスを
見ることができる、つまり
私がすごす田舎の家での時間と、同じような体験ができる。
旅行者にとって、これは面白いチャレンジだと思います。

以下、セシー村の田舎の家の話題を、ざっとまとめるね。

フランス、田舎の家のかご→
諸聖人の祝日と山歩き→
びっくりイルフロッタント→
イイホシユミコinフランスの田舎の家
セシー村の春→
家庭で楽しむラクレット→
セシー村の秋→

etc.

PS
ラテン語を学ぶ長女麻衣子(中2)が、教えてくれました。
フランス語で「etc」は、「エクセテラ」と発音する、
でもetcと表記するのは、もともとのラテン語で「エトカエテラ」だから。
だそうです。
知的ー!!!
[PR]
by societebonne | 2012-08-12 15:02 | フランスの地方へ

オールヴォワール、リッツ・パリ!/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_9112867.jpg

東京のかとうへ、

パリのヴァンドーム広場の顔、リッツ・パリからメールが届きました。
8月1日、リニューアルのため、ついに閉店したとのこと!
工事は2年間の予定。
その間も、HPやFacebookで、進行状況を追うことができるそうです。
Facebookはこちら→

神話的な思い出がつまった「さよならビデオ」は、こちらです。→

7月上旬、閉店前の駆け込みで、バーに一杯のみに行きました。
もうさすがに閑散としているかな、とおもったらとんでもない、
入り口はたくさんの人だかりで、おそらく有名人が宿泊していたのでしょう。
バーの中も、アフタヌーンティーを楽しむ婦人たちで大賑わい。
ファン層の厚さを思わせました。

リニューアルはどのように行われるのだろうね。
「パリ」の「伝統」を、後世に伝える、
さすがリッツ! と思わせるリニューアルに期待しています。

e0174436_14152258.jpg

[PR]
by societebonne | 2012-08-03 14:32 | パリの最新情報

MOYNAT、フランスの老舗革製品ブランド/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_10403642.gif

東京のかとうへ、

パリのサントノレ通りにオープンしたバッグの老舗
MOYNATから「ありがとうございました」メールが届きました。
イラストがとても良い感じです。
(エルメス調すぎるけど)

1849年創業のMOYNATは、フランスで一番古い
マロキヌリー(革製品)のブランドなのだそう。
去年12月、ファッションのメッカ、サントノレ通りにブティックがニューオープン。
私は全く知りませんでしたが、日本のお客様をお連れして
何度か足を運びました。

そこで、念願の長財布を購入。
薄く仕上げたものを探し続けていたので、紳士物を選び、慣れようと使っています。
でもやっぱり、女性には婦人物がいいね。
これも経験ですな。


MOYNAT
348, rue Saint-Honoré
75001 Paris

[PR]
by societebonne | 2012-07-27 10:59 | パリの最新情報

パリ祭の花火、パリ郊外の我が家から/角野恵子@山梨里帰り中

e0174436_9534398.jpg

東京のかとうへ、

山梨におります!
暑いですね。
そして毎日、温泉へ行っています。
これぞ、私の望む夏休み。

写真は7月14日、パリ郊外の我が家の窓から見た、パリ祭の花火。
エッフェル塔のふもと(左)と、もう1カ所別の場所(右)で
同時に花火があがっていました。
我が家からは結構頻繁に、花火を見ることができます。
セーヌ川の「印象派の島」で、コンサートイベントなど開催されると
締めくくりは必ず花火なんだ。

さて、これからしばらく、角野恵子@山梨。
フランス情報を意識して、Blog更新しますねー!
[PR]
by societebonne | 2012-07-25 09:55 | 近況&その他

O&CO のオリーブオイル、グランクリュ! /角野恵子@パリ

e0174436_2101556.jpg

東京のかとうへ、

今頃になってもうしわけないが、
オレンジページネットの連載『おいしくってかわいい ときめきフード』が
更新されました。→こちら
撮影中、テトが私を応援してくれ、かわゆかったよ♡

で、いままで音沙汰なかったのは
風邪を引いて寝込んでいたから。
7月14日パリ祭の日に、自宅に居ながら風邪を引きました。
天候不順のパリ、思いのほか寒かったにもかかわらず、
いまさら厚着もしたくなく・・・ 風邪です。
季節の変わり目は本当に油断大敵ですね。

そしてお知らせ。
3時間後に日本に出発しまーす!
次回の更新は山梨の実家からだわ。
よろしく!
[PR]
by societebonne | 2012-07-17 19:57 | フランスの食&お惣菜

ビルアケイム橋から、エッフェル塔/角野恵子@パリ

e0174436_137111.jpg

東京のかとうへ、

昨日のエッフェル塔です。
メトロ6号線、
パッシー駅からビルアケイム駅へ向かう途中に、撮影しました。

メトロ6号線は、地下鉄なのに地上も走る、ユニークなライン。
(ちなみに2号線もそうで、こちらはモンマルトルのサクレクール寺院が見えます)
パッシー駅とビルアイム駅間は、セーヌ川にかかるビルアケイム橋を渡るので、
毎回エッフェル塔を見逃さないようにしています。
e0174436_1384857.jpg


パッシー駅を出て、セーヌ川の上を走り、
徐々にビルアケイム駅に近づいて・・・


e0174436_1394886.jpg

何年か前に、日本からのお客様とこのメトロに乗り、
橋に出た瞬間、エッフェル塔がキラキラと点滅を始めて、感激したことがあります。
ただメトロに乗るだけで、この贅沢気分ってすごいよ!
と、
恋人にプロポーズする際は、ぜひこのシチュエーションで!
と、
そのお客様に熱弁した私でしたー。
[PR]
by societebonne | 2012-07-07 01:57 | 近況&その他

プーランのココア/角野恵子@パリ

e0174436_21112168.jpg

東京のかとうへ、

フランスの学校は、夏休みに入りました!
今学年度、飛ぶように1年間がすぎました。
子どもたちは明日、私より一足先に日本へ行きます。

写真の赤い箱は、1848年創業のチョコレートメーカー「プーラン」のココア。
このココアが朝食の定番だった、というフランス人は多いはずです。
プーラン=子馬ちゃんは、
ミシュランのビバンダム(ミシュランマン)のように
キーホルダーになったり、ピアスになったり・・・
蚤の市で見かけると、ホントかわゆいのよ。

このココアは、紙の箱入りの写真のタイプと、
プラスチック容器入りがありますが、
私は断然、昔ながらのこのデザインが好き。
クレーム・ド・マロン(マロンクリーム)の栗坊やのように→
永遠の定番デザインに、強く惹き付けられます。
台所の棚で、ごちゃごちゃっとした印象を与えず(最近のシリアルの箱はみんなごちゃごちゃ)
それでいて、チャーミングなアクセントになってくれる。
なぜだろうね。

今年2月にスタートした、オレンジページネットの連載ときめきフードも、
もうすぐ半年になります。
初回のチョコレートから始まって、バター、焼き菓子etc
商品リストが充実してきたよね。
[PR]
by societebonne | 2012-06-29 21:47 | ワイン・酒・チーズ・スイーツ

フランスのホワイトアスパラガス/角野恵子@パリ

e0174436_2435237.jpg

東京のかとうへ、

もう1ヶ月以上前の写真かもしれませんが、アップします。
スーパー「モノプリ」で購入した、ホワイトアスパラガス。
フランス産で、これで1000円程度でした。

今年、私は例年に増して、アスパラガスを食べました!
白、グリーン、紫、いろいろと。
なぜかというと、例によってワイン評論家のミッシェル・ドヴァーズさん宅へ遊びに行った時に、
白と緑、2種類のアスパラガスをちょいちょいっと蒸し、
マヨネーズを手作りして出してくれ、
それがあまりにも美味しかったから。

もちろん私だって今までも、季節になれば数回は
アスパラガスをマルシェで買って、茹で、食べていました。
が、あのドヴァーズさんの「ちょいちいっと」の感じ、
よかったわー。
全然面倒くさくなく、あんなに美味しいものを、すぐに食べられるなら、
自分でもやらないては無いよ、と思ったのです。

e0174436_21102872.jpg

で、マヨネーズも作りました。
ぼてっとした粘りは出ませんでしたが、味はさいこー!
ゆでたてのホワイトアスパラガスをちょいとつけ、かじると、
もうたまらん美味しさです。
そんなわけで、写真が中途半端になりました。

こういう瞬間が、私にはとても贅沢に思えます。
アスパラガスは必ずフランス産、できればマルシェで露地物を買うようにしてます!

***

追記;
なぜ「アスパラガスは必ずフランス産、できればマルシェで露地物を買う」かというと、
できるだけ近所でとれたもののほうが、はるかに美味しいからです。
日本では日本産がよいとおもいます!!
[PR]
by societebonne | 2012-06-22 00:23 | フランスの食&お惣菜